趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

オーロラ観賞ツアーの選び方

秋シーズンが終わり、いよいよ、冬シーズンに入ります。
ツアー選びに参考になりそうなことを、いくつか上げてみました。

まず、各旅行会社のパンフレットにあるツアーは、どれでもオーロラを見ることが可能です。
でも、ツアーの満足度をアップさせるには、工夫が必要と思います。

1、時期
  特にオーロラが見えやすい”日”は無いと思います。
  晴れの日に当るのは、運みたいなものです。
  天気は周期的に変わるので、連泊で対応します。できれば、4連泊・・・

  夜が長いとオーロラが見えやすいように感じます。
  しかし、オーロラが見えやすい時間帯があるので、あまり関係無いと
  思います。
  北米で0時から2時くらい、北欧で22時から24時くらいで、
  オーロラが見えやすいようです。
  11月でも3月でも充分暗くなっています。

2、月齢
  夜が暗い新月が良いとされていますが、あまり気にしなくて良いと
  思います。
  太陽と一緒で月が出ている角度が低いので、あまり、視界に入ることが
  無いと思います。
  撮影をする場合は、月明かりがあれば、景色を写し込むことができます。

3、アクティビティ
  北米は昼間やることが無いと言われますが、深夜に活動するので、
  昼寝ができると考えたほうが良いでしょう。
  12月から1月はポーラーナイトで昼間も暗いです。
  景色が楽しめないこともあります。

  ”ホテル周辺でオーロラが見えます”とういうフレーズがパンフレット
  に載っています。
  実施には、ホテル周辺は結構明るいので、オーロラ観賞のオプションに
  参加したほうが良さそうです。

4、北欧か北米か
  今年は、北欧の町が見たくて、スウェーデン+ノルウェイにしました。
  来年は、フェアバンクス直行便が魅力でアラスカにします。
  また、北米は弱いオーロラでも真上に出やすいので期待しています。
  ”絶対、オーロラを見たい”ということなら、北米が有利そうです。
  決め手は晴天率で、北米かな・・・
  でも、それぞれに土地の魅力があるので、好みですね。

5、宿泊
  ほとんどのツアーが市街地のホテルになります。
  買い物等に便利ですが、オーロラ観賞は、観賞ポイントに移動しますので
  時間制限があります。
  郊外のホテルですと、自由に観賞が可能です。
  また、少人数ですので、”オーロラを独り占め”感覚が味わえます。

今シーズンは、ツアー内容のバリエーションが多くなっていると感じます。
フル満載ツアーやシンプルな1箇所滞在のものまで。
経験的に、情報の多い場所は、オーロラが良く見えているようです。
検索でヒットしやすい場所からチェックしていくと、旅のスタイルが見えてくるのでは。

コメント

インプレッサさん

2013年10月03日 21:50

今シーズンは、ガッツリとオーロラを楽しもうと思い、イエローナイフで考えていましたが、直行便の魅力に負けて、アラスカにしました。

北米は、経由便でも、初日からオーロラを見れる可能性が高いと思います。
ただし、帰路のスケジュールがタイトになるのが、ネックと感じています。
直行便は楽ですね。

Takaさん

2013年10月03日 04:57

はじめまして。
自分はアラスカに魅力を感じます。その近さを肌で感じたいです。そのためにはやはり直行便、高額であればソウル経由、これしかないですね。