趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

水面に無数の大きな背びれ波 あれは何だったんだろう!!!

7月25日 加太地の島 北方面 飲ませ釣りで、メジロ/鱸/鯛 釣れていると言う事、久しぶりの釣行。
朝 船の係留場所で豆アジ釣り、水温が高いと言う事で 当朝の仕込みとしました。
70匹ほど40分位で釣り、氷を入れた1Lのペットボトルを入れたぶくぶくクーラーに豆アジと、子鯖を入れ、出航。 10時過ぎ 約20分程で目的地に到着、下げ潮が始まり投入するも当たり無し。 3時間ほど粘るも釣果無く、下げ潮時発生する 沖ノ島南西 波高2m〜潮流を楽しみながら通過 帰港。
和歌山港に入ると40cm〜50cmを超える魚のナブラに遭遇、目を懲らすも海水が汚れていて魚の種類確認できず。和歌山港南西 消波防波堤先端から赤灯台内側まで 400mくらい・・・・
余りにも海水が汚いので釣る気にもならず(実はボラの大群だと思ってました)、帰港。
27日知人に聞くと、カツオのナブラだったとか・・・・
1m程の間隔で水面に出る波 もう少し水が綺麗であればと感じつつ、大きなナブラを始めて経験した私です。 それも和歌山港入り口で 今度の遭遇時は仕掛け引っ張って魚を確認することにします。

コメント

mejiroさん

2013年07月29日 21:28

それだけのナブラなら すぐメタルジグでも
入れたらなんかくるでしょうね
僕も以前 便所前で ハマチナブラと喜んでキャスト 結果はソーダでした
今の加太は渋いから 中津です
これも じあい ありますが 毎日 イワシこさば わいてタイやサワラ メジロあがってます