趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

19回稚魚、歌舞伎会合同公演

一段と若返った合同公演を観てきました。この猛暑で劇場に到着するまで大変でしたが「修禅寺物語」「引窓」の真摯な努力と成果を確認して往路の苦難?忘れました(帰路は涼風です)
「修禅寺」錦二郎の夜叉王、桂太郎の頼家、みどりのかつら、三久太郎のかえで、獅二郎の春彦、梅秋の五郎、仲助の僧、東志二郎の金窪(皆さんが綺堂らしい明晰な台詞回し忠実に)
「引窓」京純(何と中学の同窓生、同市民!)の与兵衛、京由のお早、竹蝶のお幸、吉二郎の濡髪(役の性根を掴んで力演揃い)人相書きの件からが指導を実感で把握した確かさで皆好演。
この公演は出演者の身内、友人の観客が多く独特な雰囲気の客席になるのだけど、良いなと思うとすぐ配役を調べる筋書を捲る音が彼方此方で起きますが今回は特に多かったようです。
「巧いな!」は隠れる与兵衛の仕草に隣席の声!自分はただ泣いておりました。

コメント

コメントはありません。