趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

金毘羅歌舞伎

金毘羅歌舞伎へ行ってきました。
もう何度も行っていますが、やはり歌舞伎座や南座とは違う金毘羅ならではの風情が楽しめます。
歌舞伎座や南座等ではお客様は当然のことながらお芝居そのものを楽しみに来られます。
でも金毘羅では「金毘羅歌舞伎というイベント」を合わせて楽しまれているように思います。
その点は南座の顔見世と一種似通っている面があるのではないでしょうか。
単に舞台上の芝居だけでなく、劇場の持っている雰囲気、金毘羅宮への参道へ入った時から劇場までの道程で徐々に高まってくる期待感、そういうものを全て含めて楽しまれている、そういう気がします。

さて肝心のお芝居です。
神霊矢口渡では孝太郎がお舟の義峯への思いや命を懸けて救おうとする心情を懸命に出していたように思います。でもやはり弥十郎の頓兵衛の迫力、手強さに軍配が上がります。でもこれは孝太郎の不出来ということでなく弥十郎という役者の持味が役にピッタリだったからでしょう。役としても頓兵衛は得な役です。
この二人と同列に論じては気の毒ですが、廣太郎と新悟はやはりまだこれからの人という印象を受けました。特に廣太郎は芝居になっていないように感じてしまいました。

2番目は将門です。最近よく役者のバランスがとれていないような配役を見ることがありますが、雀右衛門と松緑の二人の舞台はそのような違和感もなく楽しめました。ただ松緑にもう少し華やかさというか、ご見物をワクワクさせるような雰囲気が備わればもっと舞台映えすると思うと、少し残念な思いもしないではありません。それと、当代雀右衛門にこの役が果たして相応しいのか考えさせられました。先代や六世歌右衛門のような古怪な妖艶さは望めません。

昼の部の切は仁左衛門のお祭で、やはりこの人は千両役者です。ジワというのではなかったですが、振り落しでその姿が現れると客席全体が浮足立ったような気がしました。いつもの事ですが鳶頭の松吉が舞台の上下へ歩を進め、お客様へのご挨拶をすると皆大喜びでした。

夜の部は葛の葉から。雀右衛門が狐の化身である葛の葉と本物の葛の葉姫の早変わりで喝采を浴びていました。母としての心情の表現等、雀右衛門は滝夜叉よりこちらの方が。

口上の後、仁左衛門の右京、弥十郎の奥方、松緑の太郎冠者で身替座禅。こちらは皆さん想像される通りの舞台で、それ以上でも以下でもありません。

蛇足ですが残念だったことを一つだけ。それは矢口渡で頓兵衛の花道の引っ込みの際に、一部のお客様がまた手拍子をされました。役者を応援する気持ちなのだろうとは思いますが、応援どころか芝居をぶち壊します。手拍子は運動会でやってください。歌舞伎の舞台に手拍子はとんでもないことだと知ってほしいと思います。

コメント

なごみさん

2017年04月23日 18:14

行ってまいりました!初金比羅歌舞伎!
中身についてはあつしさんの書かれた通り。私が見たときには手拍子は起きませんでしたが。
確かにお芝居を見るだけでなくイベントに参加している雰囲気ありますね。
私が行ったのはとーっても寒い雨の日でみんな膝掛けを借りて体に巻きつけておりました。あんなに狭い中でびっちり座っているのに寒かったー!
久々の仁左さま、良かったけど、演目としては物足りない。仕方ないですね。お祭りみたいなもの?でも、仁左さま以外の演目、私は好きな狂言立てでした。古風な感じがして。
同行した四国に住む妹がとても良かったと喜んでくれたのが何よりでした。今度は東京で歌舞伎座へ一緒に行こうねと話しました。
四国には度々結婚式などで行ってますが、ドンピシャの桜満開で、金比羅さんはもちろん、沢山あるため池の周りなど、どこも美しかった。

きんときさん

2017年04月17日 10:54

役者が揃って見応えありそうですね。何の世界でも新旧の交代が激しく、殊に歌舞伎の世界では目まぐるしい感じが強いですね。仁左衞門さんも押しも押されぬ看板役者、それでも今一息、人気に物足りなさを感じるのは、何故でしょう。私だけの感じかな。