趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

トウモロコシの受粉作業・鳥よけ

 トウモロコシの生育が不ぞろいになってしまったので、穂を切り取って受粉させました。本来は風媒花ですが、自家不和合(同じ株の花では受粉できない)なので、雄穂を切り取って他の株に花粉を振りかけました。この方法なら株数が少なくても受粉させられます。自然交配をさせようとすると12株程度以上必要とされていますが、この方法をとれば少ない株数でもきちんとした実が収穫できます。

 受粉作業はこの後も少しづつしないといけません。実が大きくなると丁度取りごろになった時に鳥にやられるので、周囲にテグスを張りました。河川で見かけるカワウ除けの糸と同じ感じですが、間隔はずっと狭いものになります。これをするようになってから鳥の被害はなくなりました。

 スイカも甘くなったころ中身をきれいにくりぬかれてから同じようにテグスを張っています。ある程度頭の黒いカラスにも効果があるかもしれません。

コメント

コメントはありません。