趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

コミュニティに入会するには会員登録が必要です

新規会員登録(無料)

山梨の温泉を語りませんか?( 川浦温泉 山県館へ16,11/16~11/17)

秘湯の会の会員宿ではありませんが、トピを立てますね

山梨県は温泉の宝庫!
4つのプレートがぶつかり合うユニークな地質のため、温泉の数も多く、泉質も多彩です。
石和温泉が有名ですが、けっこう見逃せない温泉があちらこちらに点在しています。
(石和)深雪温泉・西山温泉・奈良田温泉・下部温泉・増冨ラジウム温泉・・・そして川浦温泉。

また甲府盆地には加水加温無し・完全かけ流しの日帰り施設が多くあります。
玉川温泉・山口温泉・国母温泉・国母駅前温泉・草津温泉・正徳寺温泉初花・韮崎旭温泉、はやぶさ温泉など・・。

◆◆◆
川浦温泉山県館(やまがたけん)は、何回か立ち寄り湯はしていましたが、宿泊は17年ぶり。
私個人としての思い入れは強く、昔、宿泊した時にTVロケと偶然にあい、私達もチラッと出演。(恥)
そのお湯の素晴らしさに感激したのを良く覚えています。
その後、山梨の温泉にすっかりハマった私。
「山梨温泉同好会」なるものを主宰するきっかけとなった温泉でもあります。(笑)

山県館がある川浦温泉は、山梨と埼玉との県境。
笛吹川上流、西沢渓谷手前の静かな山間の一軒宿です。
山梨には「信玄公の隠し湯」といわれる温泉が沢山ありますが、ここは武田信玄が命じた河浦屋湯造営の下知状が残る本物の「信玄の隠し湯」です。

「山県館」の歴史は古く、創業は安政3年(1856年)。
武田四天王の一人、赤備えで知られる猛将「山縣昌景」から数えて15代目の子孫が経営する老舗宿です。

山県館は2本の自家源泉を所有、飲泉にも適しています。
無色透明でほのかな硫黄臭がするスベスベのアルカリ性単純温泉、PHは9.6。
43.6℃の源泉を加温加水など一切手を加えず生源泉のかけ流し。

何とここは圧倒的な湯量を誇り、その数毎分1,250リットル!
ジャンジャン入って、浴槽の縁からザンザンとハンパなく捨てられている光景は感動ものです。
もちろん蛇口もシャワーも100%源泉!

このように「源泉温度」「PH」「湯量」が組み合わさり、平成16年に「源泉湯宿を守る会」と「温泉遺産を守る会」の認定を受けています。

温泉は3か所「せせらぎ之湯」と「薬師之湯」という二つの露天付きの大浴場があります。
時間帯によって男女交代制。
清潔感にあふれ、湯上り休憩所も老舗らしい趣きです。

そしてこの「山県館」の名物でもある「信玄公岩風呂」は、エレベーターと階段を下って渓谷へ。
巨木を使った御殿造りの屋根が掛かった混浴露天風呂(女性専用時間あり)
雰囲気や眺望も素晴らしく、秘湯ムードが漂っております。

湯に体を沈めて見上げれば、燃えるような真っ赤な楓が手が届きそうなほど近くに。。。
ぬる湯だから、紅葉を愛でながらの長湯も。
思わず杜牧の「山行」を吟じてしまいました(笑)

  遠く寒山に上れば石径斜めなり
  白雲生ずる処人家有り
  車を停(とど)めて坐(そぞろ)に愛す楓林の晩
  霜葉は二月の花より紅なり

一人だと思っていると、突然上品なご婦人に声をかけられました。
おっしゃるには、亡くなったご主人が詩吟が好きで、毎年ご夫婦でこの宿に通っていたと‥‥。


館内には、信玄公や山縣三郎公にまつわる絵画、書幅などの貴重な数々が展示され、さながら小さな美術館のよう。
夕食は山国甲斐の旬の名物をふんだんに使った甲斐風会席。
客室全37室、皇太子も宿泊したといいますが、首都圏からも近く、何といってもリーズナブル。(ゆこゆこで税込み12800円)

歴史と名湯、そして人の出会いを楽しみつつ、秋の深まりを感じてまいりました。


※マイアルバム(走行距離2泊3日416キロ)
川浦温泉 山県館へ
https://smcb.jp/albums/3783360
https://smcb.jp/albums/3783361

立ち寄り湯(石和温泉慶山、はやぶさ温泉、三富温泉白龍館)
https://smcb.jp/albums/3783358

川浦温泉 山県館のHP
http://www.yamagatakan.com/ 

コメント

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月11日 04:11

>じゃむさん
嬉しいコメントありがとうございます。
そうそう、じゃむさんもほったらかし温泉にキャンプされて、草津温泉に入られたのですね。
アルバムと日記を懐かしく拝見しました。
今、ほったらかし温泉では水着着用の混浴露天を建設中だそうです。
また行かれて下さいね。
写真はほったらかし温泉のタオルです。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 11:11

>茉耶さん
>別件ですが、湯村温泉の常磐屋の離れに宿泊された方はおいででしょうか?

湯村温泉は宿泊したのは柳屋さんだけですが、何軒か入ったことがあります。
掛け流しだったのは湯村ホテル、ホテル吉野、明治旅館だったかと思います。
常磐屋は湯巡り帳で随分昔に入ったことがありますが、天皇陛下宿泊の立派なホテルですね。
離れに宿泊希望とは、楽しんできて下さいね。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:56

>どじちゃんさん
草津温泉に行かれたなんて、さすがですね。
パチンコ店経営の温泉ですね。
私もお陰様で何回か入ったことがあります。
以前は簡素な銭湯でしたが、リニューアルして、露天ができてすっかり綺麗になりましたね。(写真)
ヌルイ温泉が多い山梨にあって、ここは熱い温泉ですから貴重ですね。

他にも甲府周辺は銭湯、ビジネスホテルに至るまで、大量掛け流しの温泉が多いです。
これからも楽しんで下さいね。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:43

◆◆源氏の湯のことについて

>茉耶さん
度々レスコメントして下さり、ありがとうございます。

> ☆いっちゃん☆さん、今はどうか知りませんが、十谷温泉の源氏の湯の混浴露天風呂は、知る人ぞ知る、<ワニ>の名所でして、他にも、目のやり場に困るイチャつき、卑猥行為の名所として有名です。

確かに以前の源氏荘の時代はB級のいやらしい置物が沢山ありましたが、白根館の息子さんが経営が変わって、すっかり変わっています
今は日帰り時間も少なくなり、男女ともに湯あみ着を着用です。
また宿泊は男性専用時間、混浴時間、女性専用時間とあります。
だから安心してお泊りになって下さいね。

源氏の湯の拙日記です↓
https://smcb.jp/diaries/5097425

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:32


>☆いっちゃん☆さん
>奈良田温泉 白根館は招待で(初めての招待宿泊でドキドキワクワク(*´∀`*))
次の日、十谷温泉 源氏の湯

とは、楽しみですね。
前にも書きましたが、この山県館のあとは白根館に宿泊したのです。
忙しくて日記のアップが間に合いません(笑)
招待でも3回宿泊したことがあります。
招待は新館、トイレ付きの部屋(写真)、食事も囲炉裏処ですから楽しみにしてくださいね。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:26

>くまちゃんさん
コメントありがとうございます。
まあ、桃ノ木温泉山和荘さんは定休日でしたか?
またの機会にぜひ行かれて下さいね。
山桃が咲く季節がお勧めです。

こまゆみの里もいいですね。
12月は雪が降っているかもしれませんので、お気をつけて行かれて下さいね。
写真はこまゆみの里混浴露天です。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:21

>じゃむさん
コメントありがとうございます。
まあ、ご長男さんが山梨の大学をご卒業ですか?
山県館とバイクの写真、恰好いいですね。
昔はこの写真のくぐり戸から混浴露天に行けたものですが、今は防犯上通行禁止になっています。

湯村温泉は私も以前「柳屋」に何回か宿泊したことがあります。
部屋から写した写真ですが、この宿ではありませんか?
1回宿泊したら安いキャンペーンの招待状がちょくちょく届いたのです。
また山梨の温泉に行かれて下さいね。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:08

>茉耶さん

度々のコメントやらホロー、ありがとうございます。

>日本秘湯の宿についての投稿は過去のものをご覧くだされば、分かりますが、全て語りつくされました。

それがね、以前はコミュの中のトピの検索ができたのですが、趣味人がリニューアルしてからできなくなったのです。
同じ宿でも何回でもどんどんトピを立てて下さって大歓迎です。
季節によっても、人によっても、それぞれに感じることは違いますから、とても興味あります。
これからもよろしくお願いします。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 10:02

>トンタカさん
度々コメントありがとうございます。
「トピック」のことを省略してすみません。

>みかんの花さんの文章ではないのですが、文内にカタカナと省略が多いですね

言われる通り、文才がないもので読みにくい下手な文で、お見苦しいことと思います。
誠に申し訳ございません。
これからもよろしくお願いします。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月03日 09:54

>茉耶さん
遅くなりましたが、早々とコメントありがとうございました。
茉耶さんもこの山県館にお泊りになったと伺い、トピを立てました。
とてもお気に入りになったと伺い、嬉しく思います。
部屋におこもりされたようですが、薬師の湯の大浴場の掛け流しは圧巻です。
床にざあざあ溢れていましたが、ご覧になりましたか?
さすが茉耶さんですね。
露天付きの部屋にお泊りになったなんて、高かったでしょうね(笑)
隣りの部屋が露天付きの部屋でしたので、掃除のときに断って見せて頂きました。
兜の湯口なんて、さすが老舗旅館だなあと感心したものです。(写真)

山梨にはまだまだいい温泉宿が沢山あります。
神の湯温泉、ホテル談話室、ホテル昭和、ホテル123などなど

その中でもホテル昭和の温泉の湯量やアワ付きは圧巻です。
ただ浴室は1か所なので、女性は夜の1時間だけ、深夜0:00以降は貸切できました。
http://hotel-showa.co.jp/

これからも山梨の温泉を楽しんで下さいね。

No user image 004

茉耶さん

2016年12月01日 11:54

じゃむさん、湯村温泉の柳家を検索しましたら、なんと創業130年の宿とのこと。
早速電話してみましたが、かけながしではあるが、一部循環させているとのこと。
温泉に塩素臭はしましたか?
貼り付けますね。
湯村温泉柳家
http://www.yumurayanagiya.com/

別件ですが、湯村温泉の常磐屋の離れに宿泊された方はおいででしょうか?
ここもチェックしてある宿なのですが、循環のようで、どんな感想を持たれたか気になっています

じゃむ

じゃむさん

2016年12月01日 07:07

>茉耶さん
どこに泊まったか・・・ それが全く覚えておらず、その時に撮ったはずの写真も昨日から探しているのですが、見つかりません。ネットで地図や関連サイトを調べてみたところ、多分「柳屋」だったかと思います。

押し迫った暮れ、息子が帰って来れないというので、正月一人でいるのもかわいそう、それじゃ家族みんなで行こうということになって、急きょ宿探し。
息子のバイト先だった市内のファミレスに翌朝出勤できる場所。ということで湯村にしたのです。

みかんの花

みかんの花さん

2016年12月01日 06:22

沢山のコメントありがとうございます。
昨日から出先ですが、スマホの充電器を忘れて、スマホをあまり使用できません。
また帰ったらレスしますね。
ありがとうございます。

どじちゃん

どじちゃんさん

2016年12月01日 04:48

おはようございます。
甲府の街の中にある銭湯♨️
草津の湯さん知ってますか?
教えてもらって行きました。
良かったですよ✌️️

No user image 004

茉耶さん

2016年12月01日 03:08

じゃむさん、甲府の湯村温泉は湯量少なく、循環だと聞いておりますが、どちらのホテルに宿泊されましたか?常磐ホテルに宿泊したいのですが、主人が源泉かけながしにこだわるもので。

じゃむ

じゃむさん

2016年11月30日 22:09

現在長野市在住の長男(30歳)が大学時代に甲府に住んでおり、隣県ということもあって何度も出かけては、温泉にもあちこち入りました。
1年生の冬休み、バイトで帰省できないというので、家族全員で湯村温泉に泊まり武田神社に初詣したのもいい思い出です。

このテーマでは、いろいろ写真付きでコメントできそうです。
ではまず、山県館。
当時、今とは違うバイクに乗っていました。

No user image 004

茉耶さん

2016年11月30日 20:24

☆いっちゃん☆さん、今はどうか知りませんが、十谷温泉の源氏の湯の混浴露天風呂は、知る人ぞ知る、<ワニ>の名所でして、他にも、目のやり場に困るイチャつき、卑猥行為の名所として有名です。温泉の温度が温いので、いくらでも長湯でき、女性入浴者目当てで、待ち伏せ、女性が入ってくると、近づいていき囲むのを、<ワニ>というようです。私が行った数年前は主人と露天に行きましたが、絡み合う男女に辟易して、早々と引き下がってきました。

くまちゃん

くまちゃんさん

2016年11月30日 20:20

12月は山梨県の温泉に行こうと思ってましたが、予定していた日は桃ノ木温泉は休館日。変更して栃木県のこまゆみの里を予約しました。
桃ノ木温泉は次の機会に。
川浦温泉・山県館も素敵ですね~

No user image 004

茉耶さん

2016年11月30日 20:18

拍手

トンタカさん、トピとは、新規投稿のことです。
日本秘湯の宿についての投稿は過去のものをご覧くだされば、分かりますが、全て語りつくされました。色々な温泉旅館、温泉施設、温泉情報を投稿されてくださいませ。私ね、かなり、マニアックな雑誌をまた手に入れました。年一回の発行書籍で、昨年の分が今日到着しました。今年の分は正月発売のようで予約済みですが、暇を見つけて、読んで、ご紹介しますね。