趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『歌の迷い道』(31)

? いささかのことなりながら痒きとき身にしみて人の爪ぞうれしき ?  (長塚 節)

〜たった26音の短詩の中に「いささかのことなりながら」などと冗長な言葉・・・と思っていましたが、もう一度読んでみると、これがないと歌のふくらみもユーモアも失せてしまいます。

まして彼が若くして結核で亡くなった人だと知れば、俄然深みのある歌に変身します。

病人は些細なことにも敏感に反応し、その反応を健常人に分かってもらえたらと思うものです。

ただでさえ我慢を強いられる病人の気持ちをナイス・キャッチしてあげたくなります。

コメント

コメントはありません。