趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『歌の迷い道』(33)

? 水すまし流れにむかひさかのぼる汝(ナ)がいきほいよ微かなれども ?  (斉藤茂吉)

〜誰もが知る短歌界の巨人のうた。 水の上を流れに逆らってすいすい泳ぐみずすましの勢いを感じている。 短歌の基本は「写生」だと言った流派の真骨頂が見られます。
小さい動物だから勢いがあるといってもたかが知れている。 しかしその間、作者はじっと水面を観察している。 パッと見てパッと感じて表現する諸々の歌とは時空が異なる感じがします。

「微かなれども」には恐れ入る。 何だか自分の日常のあがきを言い当てられた印象さえあります。

コメント

コメントはありません。