趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

浮気心 (その3)~ 7

.
※ うつむいて黙っているも義理のうち (近江砂人)

そうなんだよね。男はそれが苦手! 女は得意!

黙っているのをいいことに、ペラペラペラペラ…。 ホントに男は馬鹿だねえ〜。


作者の本名が「夷(えびす)佐一(さいち)」なので、

夷を分解して、大と弓。で「おおゆみ→近江」、佐一は、「 さいち→砂人」だそうです。

こういうのって面白いですね。


ところで、

>うつむいて黙っているも義理のうち

で、女性は男の大ボラと分かっていても、あからさまに非難しません。

ニコニコしながら聞いてるフリで、内心は「早く終わらないかなあ〜」。


黙って聞いてりゃいい気になって「見え透いた嘘を言ってる馬鹿な男(ヤツ)」と心の中で舌を出している。

「外面如菩薩内心如夜叉」「バラにトゲあり」さ。

でもね、
◎ 好きな男の 大ボラならば 何遍聞いても 飽きないわ

お返しに…
◎ 好きな女の 多少の矛盾 ウンウンウンと 聞いている

そのうち「これは内緒」と喋るから。
(女は「どこかで話したい」という強い欲求があるのに、男はそれを察してくれない)

コメント

一休さん

2013年09月05日 23:10

としさんへ

>表現が舌足らずです。 

 ● うちの亭主の  自慢のひとつ  「俺は駆けっこ  早かった」

〜とまぁ、こればっかりは可愛い嘘ですねぇ。

くだんさん

2013年09月05日 17:39

一休さんへ

運動会の句、どうも状況がわからないのですが…。

一休さん

2013年09月04日 14:04

としさんへ

>好きな男の 大ボラならば 何遍聞いても 飽きないわ  (とし)

 ● 何度聞いても  見抜けぬ嘘は  運動会の  一等賞