趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

浮気心(その3)~ 9

.
※ 茹で卵きれいにむいてから落とし (延原句沙弥)


作者は「句沙弥」さん。きっとクシャミしたとき落としたのかもね。

文字で読むよりも、その時の映像を想像すると面白いですね。

ぼくは茹で卵のカラ剥きが苦手。全然ダメです。

昔は卵は貴重品。遠足のお弁当箱に入っていた茹で卵…母が苦労して工面してくれた卵を食べずに落としたら…悔しいですよね。


「やった〜」と思った次の瞬間…ポトリと落としてしまう。卵に限らずありますね。

こんな句が読めたらいいなあ。


茹で卵って、なんだかエロチックですね。この句も無理やりエッチな想像ができないことはないけど、ここは素直に取りましょう。(笑)


※ 首尾を果たした 心の隅で 女房が泣いてる 待っている (のぼる)

◎ 山があるから 登るんだとは 男の勝手な 言い分さ

さいきん女性の登山も盛んですね。

先日、富士山五合目に行きましたが、いや〜女性が多かったです。

ビール工場と日本酒酒造での試飲会つきのツアーでしたので、7割くらいが男性かなと思ったら逆でした。(笑)

コメント

一休さん

2013年09月05日 14:02

としさんへ

>首尾を果たした 心の隅で 女房が泣いてる 待っている (のぼる)

 ● 泣いた女房の  そのあと怖い  だから浮気に  戻るのさ

>茹で卵きれいにむいてから落とし (延原句沙弥)

 ● 卵剥くのに  殻引きちぎり  あなた下手ねと  きみが泣く