趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

グリーン・ノウの夏休み そして扉を開けよう

お盆休みには読書した。読んだのは、ルーシー・M・ボストン作の「グリーン・ノウ物語シリーズ」。「グリーン・ノウの子どもたち」から「グリーン・ノウの石」まで六冊ある。一応児童文学のジャンルに入るのだろうが、大人が読んでも素晴らしい。
 書誌学者で作家の林望が一九八四年に英国のケンブリッジ大学で仕事をしていた時、八ヶ月程下宿したのが、この物語の舞台となった「グリーン・ノウの館」だった。館の本当の名前は「ザ・マナー」。ケンブリッジ郊外、ヘミングフォード・グレイの村の元領主館だ。大家さんで、物語の作者、ボストン夫人は、当時九十一才だったそうだ。
 夫人は、一九三七年に、このイギリス一古い、と言われる館を購入し、荒れ果てていた館を時間をかけて修復して、一九九〇年、九十七歳で亡くなるまで、住み続けた。
 そして六十代のころ、この六冊の物語を書き綴った。館が建てられた一一二〇年から現代(一九五〇年代〜六〇年代)までの「グリーン・ノウの館」の年代記とも言えるだろう。ただし、お話は年代順ではないが。
 六冊を通じて、様々な時代を生きる少年少女たちが登場する。違う時代を生きる子供たちが交流するので、一種のタイムトラベルものと言えるかもしれない。不幸せな子どもたちも出てくるが、彼らはこの館に迎え入れられ、館の持つ不思議な力と、館の主で、ボストン夫人の分身とも思えるオールドノウ夫人の愛情とに包まれて幸せになることが出来た。シリーズ四作目の「グリーン・ノウのお客様」は、一九六二年、その年に出版された最高の児童文学に与えられるというカーネギー賞を受賞したそうだ。
 私はこの物語にのめりこんだ。子供のころは食事を忘れる位、読書に熱中したものだが、それ以来と言えるかもしれない。よい夏休みとなった。そして、現実の世界に戻ってきてみると、この夏ほど、仕事に復帰するのが嫌だったことはない。好きな仕事ではあるが、そろそろ、しまい時かもしれない。これまでいた部屋の扉を閉めて、新しい部屋の扉を開ける時が来たのかもしれないと思う。

コメント

モモさん

2013年09月04日 18:53

しまんと41さん

しまんと41さんと「グリーン・ノウ」の橋渡しができて、うれしいです。
お楽しみください。

しまんと41さん

2013年09月04日 08:34

図書館からかりてきました。6冊借りました。これからゆっくり読みましょう。
グリ−ンノウの館は、今夏、お世話になったN氏夫妻のマナーハウスを思い出させてくれます。

モモさん

2013年09月01日 22:08

KOKOROさん

このコミュに参加させていただいてよかったです。
いい方たちから、いい反応があるので、うれしいです。
ありがとうございました。

KOKOROさん

2013年09月01日 21:39

モモさん

素敵な読書タイムを過ごされたんですねぇ

なかなか本をゆっくりと読む時間がなくて・・・・

でも今後の読みたい本の参考になりました(^−^)
ありがとうございます!

モモさん

2013年08月29日 04:59

Megさん

「グリーン・ノウ」読んでいただけるようで、とてもうれしいです。

この館は、今でも公開されているのでは?と思います。

少なくとも、2009年に評論社から刊行された「グリーン・ノウの石」の改定新版の最終ページには、そう書いてあります。

将来、行ってみることができたらいいのですが・・・

モモさん

2013年08月29日 04:52

こーきこーれいさん

いつも、コメント、ありがとうございます。

イギリスの人達は、古い家の外観はそのままに、内部を今の人達でも快適に暮らせるように改造して暮らしている人たちが多いと聴いています。

木造の国日本では、難しいかもしれませんけれど、見習いたい気もします。

Megさん

2013年08月28日 22:23

このお話は知らなかったのでとても読みたくなりました!
コミュに入って良かったです。
ありがとうございます。

こーきこーれいさん

2013年08月28日 17:01

モモさん今日は、物を大事にする。
この本は読んでいませんが、ロンドンの街中を歩いていても、ディッケンズの物語に出てくるような建物が、そのまま並んでいます。

郊外へ出ても、古い建物が、よく手入れされて、百年二百年の、いやもっと長い年月を刻み込んでいます。

第一次、第2次大戦の折の焼け焦げたレンガの壁が、そのまま残って、建て替えられることなく、中ではコンピューター制御の器具が、ずーっと昔から使われていたように機能しています。

古いものが大事に保存されているのを目にするとほっとします。