趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

イギリス イギリス ①

イギリス、イギリス ①

子供の頃、「小公子」だったのではないかと思うが、イギリスを舞台にした児童文学を読み、イギリスに憧れるようになった。
その後、イギリスなどの外国の児童文学やミステリを読んで、ますますイギリスに憧れた。
私のようなパターンでイギリス好きになった方は多いと思う。
子供時代や、学生時代は、まだ、自由に外国に行ける状況ではなかったので、私のイギリス熱は、ますます燃え盛った。
とうとう、大学を卒業して、数年勤めたあと、ヨーロッパツアーに参加することにした。
ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガル、フランスを、2週間かけて回り、その後、イギリスはウェールズの首都、カーディフ郊外の街で、2週間のホームステイによる語学研修、
という日程だった。
小さな旅行会社の主催だ。
迷ったが、大陸を2週間、私の本命のイギリスを2週間というわりに、高くない。
勤め先は、正社員ではなかったので、休ませてくれるという。
チャンスだ、と思い、参加することにした。
ツアーに参加しているのは、若い女性が多かった。
自営業や、フリーで働いている人たちで、当時は、正社員として働かない人も多かった。
旅立ちの日、ギリシアで戦争が始まった。
飛行機の足元がスースーするが、旅行会社の人達は、出発を決めた。
ギリシャで降りず、ローマへ直行するという。
南回りだった。
香港やニューデリーをまわり、ローマまで22時間かかった。
香港では、空港内の窓から、街の夜景を眺めた。
ニューデリーでは、サリー姿の女性検査員にボディチェックを受けたが、股間までチェックされたのには驚いた。
機内の加湿が、当時は、まだ充分ではなく、鼻風邪を引いたような気分になった。
(この症状は、到着したら、治った)。
いろいろな空港で、降りて、空港内を見られるのはいいが、途中下車が多いので、なにしろ疲れた。
ローマの空港で、ようやく地上に降り立ったが、初めての海外旅行で、緊張しているため、22時間ほとんど寝ていない睡眠不足のせいもあり、体が、まるで船に乗ったあとのように、ぐらぐら揺れていた。  (続く)

コメント

モモさん

2021年06月10日 13:20

12boldさん、

お若い頃、お一人で旅されていたのですね。
私の周囲には、まだ、そういう方はいなくて、一人旅は夢でした。

強く憧れましたが、後年になるまで無理でした。

北回りは楽ですね。
このツアーも、帰りは北回りでした。

12boldさん

2021年06月10日 11:17

90年代に入るまでは、設備や時間など、飛行機に乗ることが大変な時代でしたね。
私に父の時代(60年代)は、アンカレッジ経由。

私の時代は、格安チケットも出始めていたので、当時、世界一安全と言われたKLMをよく使いました。基点のアムステルダム・スキポール空港の構造がわかりやすいという理由もありました。BAは、機体の質やサービスが英国的でしたこともあって余り使いませんでした。最近は、サービスもよく、日本語が使えるANAが多いです。英国までの往復は、15~19万円程度ですから、昔に比べて安くなりましたね。

コロナが収束しても、海外旅行する気にはなりません。

モモさん

2021年06月03日 17:21

かるがもさん、

悠々親父さんへと同じことになりますが、
若い頃でしたし、旅行会社が費用のことを考えて南回りに設定したのでしょう。
疲れました。

モモさん

2021年06月03日 17:18

悠々親爺さん、

若い頃でしたし、旅行会社が安いので、南回りに設定したのでしょう。
しんどかったですね。
帰りは北回りでした。

かるがもさん

2021年06月03日 13:26

友人が南回りでフランスに行きましたが、途中、飛行機のエンジン・トラブルで
エジプトの空港に不時着。ピラミッド見学できたけど、怖かったと言っていました。
それを聞いてから、私は南まわりでの欧州は絶対行きません(>_<)

悠々親爺さん

2021年06月03日 13:23

僕も渡英するのに一度だけカタール航空で南回りで行ったことがあります。
直行便と違って時間はかかりますが、遊び半分の僕たちはトランジットの時間をあちこち見て回ったり、食事したりとけっこうおもしろく過ごしました。
もう少し時間があれば空港から無料の市内観光バスに乗れたのですが、それは出来ませんでした。
ただし、二度と南回りでは行きたくありません。
娘は里帰りの度にKLMでアムステルダムを経由して来ています。