趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

西国の美人を訪ねての遊行

先週、湖北から若狭、そして京都 奈良へ、美人を訪ねる旅に行って来ました。
最初にあった美人は、琵琶湖の北 滋賀高月の、十一面観音様に会いました。全国の国宝7体の中での一番の美人と言われる観音様です。高月地方にはその他、村の箱入り娘と言われる清純な乙女の様な観音様が幾対かあります。次は若狭小浜のべっぴんさん。羽賀寺の十一面観音様、どこか異人さんに似て妖艶です。京都は、泉涌寺の楊貴妃観音です。中国は美人だと仏様になれる様です。不思議は女性なのにヒゲがあり、寺はヒゲでないと反論。最後は、奈良の聖林寺の客仏、十一面観音様です。明治の初めの神仏分離時に生き延びた国宝です。全国の美仏を訪ねて歩く旅も、暑い夏ですが、なかなかなモノです。満足満足。

コメント

のむのむさん

2013年08月06日 19:56

浜の鉄ちゃんさん、いつも投稿ありがとうございます。

趣味の旅を楽しまれているようで何よりです。貴重な情報をお寄せいただき、私も西国の美人に会いたくなりました。綺麗なお顔の観音様ですね!
たぶん知る人ぞ知る名勝なんでしょうね(o^^o)♪

お蔭さまで、私自身の退職後の趣味の世界を楽しむテーマの一つになりました。