趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

番外編―フランス革命前の音楽、グルック

フランス革命前後の音楽はどうだったろうと思い調べてみました。

後期バロックの後になります。

http://ameblo.jp/koryotose4/entry-11358382228.html
フランス音楽史?「フランス革命期の作曲家 グルックとゴセック」
2012-09-18 23:23:01

フランス革命前の音楽家たちは、

教会と貴族たちとの関わりが深く、

教会では宗教に奉仕するものとし、

宮廷では人を楽しませるものとしての作品をつくりました。

けれども、革命勃発以降

音楽の役割は政治的な動きと連動し、変化していきました。

革命起こったため、

サロンでの音楽活動やコンサートは少なくなりましたが、

オペラだけは、その時代の流れに合わせた作品を

生み出すことによって、人気があがりました。

音楽家たちは 国王側 か 革命側 のどちらの立場なのかを

はっきりさせることを避けていましたが、

マリーアントワネットの音楽教師であるグルックは国王側、

そして前に紹介したゴセックは革命側につきました。・・・

CH. WILLIBALD GLUCK.- 1762- Orfeo ed Euridice
http://www.youtube.com/watch?v=UZbpxEDaB3g

Gluck - Orfeo ed Euridice - Dance of the Blessed Spirits 精霊の踊り
http://www.youtube.com/watch?v=xTZgMQ7TVes

Gluck: Orphee et Eurydice - Preview http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RXyitIOmnHE

クリストフ・ヴィリバルト・グルック(Christoph Willibald (von) Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。バレエ音楽や器楽曲も手懸けたが、現在では歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》によって、中でも間奏曲〈精霊たちの踊り〉によってとりわけ有名。オペラの改革者として歴史に名を残す。ただし、ドイツ語オペラは1作も書いていない。

オペラ

アルタメーネ Wq.4 (Artamene,1743) - 3幕のオペラ
奴隷の娘 Wq.6 (La finta schiava,1744) - オペラ・セリア、数人のパスティッチョ
巨人の没落 Wq.10 (La caduta dei giganti,1746) - 2幕のパスティッチョ
神々の闘い Wq.14 (La Contesa dei numi,1752) - 2幕のオペラ
皇帝ティートの慈悲 Wq.16 (La Clemenza di Tito,1752) - 3幕のオペラ
中国人 Wq.18 (Le Cinesi,1754) - 1幕のオペラ
メルラン島、または逆世界 Wq.23 (L'isle de Merlin, ou Le monde renverse,1758) - 1幕のオペラ・コミック
テティデ Wq.27 (Tetide,1760) - 2幕のオペラ
欺かれた回教の裁判官 Wq.29 (Le Cadi dupe,1761) - 1幕のオペラ・コミック
オルフェオとエウリディーチェ Wq.30/パリ版=Wq.41 (Orphee et Eurydice,1762) - 3幕のドラマ・エロイコ
冠 Wq.35 (La corona,1756) - 1幕のファルサ(azione teatrale)
プロローグ Wq.36 (Il prologo,1767)
パリーデとエレーナ Wq.39 (Paride ed Elena,1770) - 5幕のオペラ・セリア
タウリスのイフィゲニア Wq.46 (Iphigenie en Taulide,1778-79) - または『トーリードのイフィジェニー』。4幕のオペラ
アルチェステ Wq.37/改訂版=Wq.44 (Alceste,1767/改訂=76) - 3幕のオペラ・セリア

バレエ音楽

ドン・ファン (Don Juan,1761初演) - パントマイム
包囲されたシテール (La Citera assediata,1762初演) - 3幕のバレエ。Wq.26のバレエ版
アレッサンドロ (Alessandro,1764初演) - または『アレッサンドロとロクサーヌの愛 (Les amours d'Alexandre et de Roxane)』
セミラーミデ (Semiramide,1765初演) - 1幕のバレエ
中国の孤児 (L'orfano della China,1775年初演) - 偽作

コメント

コメントはありません。