趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ボッケリーニのチェンバロ曲、ファンダンゴ

私は、Fandangoがとても好きなのですが、また発見しました。

Fandangoはスペイン人の作曲が多いのですが、やはりスペインで活躍したようです。

あの躍動的なパッセージが次第に短くなってクライマックスに向かう感覚何とも言えません。

この作品ではスペインらしく、カスタネットが使われ現代のフラメンコにも近いものを感じてしまいます。

ルイジ・ボッケリーニ(Luigi Rodolfo Boccherini、1743年2月19日 - 1805年5月28日)は、イタリアのルッカ生まれの作曲家、チェロ奏者。

同時代のハイドン、モーツァルトに比して現在では作曲家としては隠れた存在であるが、存命中はチェロ演奏家としても高名で、自身の演奏のためにチェロ協奏曲・チェロソナタ、弦楽四重奏曲にチェロを1本加えた弦楽五重奏曲を多く残した。その中でも弦楽五重奏曲ホ長調G275の第3楽章は「ボッケリーニのメヌエット」として有名である。

その作風は優美で時に憂いを含むものでありハイドンとの対比でハイドン夫人と呼ばれることもあった。

当時弦楽器が盛んだったイタリアのルッカに5人兄弟の3番目として生まれる。(ルッカは後にプッチーニの生誕地としても有名)。父親レオポルドは町楽師のチェロ・コントラバス奏者だった。その父親や、ルッカ大聖堂楽長のフランチェスコ・ヴァヌッチからチェロを学び、13歳でデビューを果たした。その後ローマでも研鑽を積み、20歳前半には父とともにウィーンの宮廷に勤め高い評価を得る。

父が亡くなったあとはヴァイオリン奏者のマンフレーディと組み、ヨーロッパ中で華々しく演奏活動を行う。1768年には演奏会の本場パリのコンセール・スピリチュエルで成功を収めるなど、名声を極めるが、1769年スペインの宮廷に招かれドン・ルイス皇子付き奏者兼作曲家となり、マドリッドで後半生を送った。(同時期に画家のゴヤもドン・ルイス皇子の庇護を受けている)。

1785年ドン・ルイス皇子の死去後、かつてはプロイセンに渡りフリードリヒ・ヴィルヘルム2世に仕えたとされたが、実際にはスペインを離れず、王室作曲家として作品をベルリンに送っていたらしい。晩年は失職し貧困と忘却のうちにこの世を去った。遺骨は1927年になり生地ルッカへと移されている。

Boccherini Fandango for 2 Harpsichords Staier & Schornscheim
http://www.youtube.com/watch?v=Hw6t-rqTgAM&list=TLXlggEdgz460

Luigi Boccherini - Fandango - Goya
http://www.youtube.com/watch?v=6CEJkj34fbU

Boccherini Fandango Castanets
http://www.youtube.com/watch?v=4Y1QtLRSiMM

Luigi Boccherini 6 Harpsichord Sonatas,Anne Robert
http://www.youtube.com/watch?v=pgdQaRzPu4s

コメント