趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

アントニオ・カルダーラ

 アントニオ・カルダーラ(Antonio Caldara, 1670年 ヴェネツィア - 1736年12月28日 ウィーン)はイタリア・バロック音楽の作曲家。歌劇と宗教曲の両面において重要。

A. Caldara: Vespro per la Messa dei SS. Pietro e Paolo [I Barocchisti / Solisti e Coro della RTS] https://www.youtube.com/watch?v=KgRIMq-IVe0

Antonio Caldara Cello Sonatas, Gaetano Nasillo https://www.youtube.com/watch?v=BjkZ0ZpM5N0

Antonio Caldara 12 Sinfonie a quattro, SCO Bohdan Warchal https://www.youtube.com/watch?v=gr7SX9uGwrE

Antonio Caldara -Missa dolorosa https://www.youtube.com/watch?v=gi9QFfhElKU

  ヴェネツィアのヴァイオリニストの家庭に生まれる(正確な日付は不詳)。聖マルコ大寺院の聖歌隊員となる傍ら、おそらくジョヴァンニ・レグレンツィのもとでいくつかの楽器を習得する。1699年にマントヴァ公フェルディナンド・カルロの招聘を受け、マントヴァ公ゴンザーガ家の宮廷楽長となる。1707年にマントヴァがスペイン継承戦争の中オーストリアに併合され、ゴンザーガ家が没落したため、カルダーラはローマに移り、ルスポリ大公(Ruspoli)の宮廷楽長に就任する。1715年、ウィーンの宮廷楽長ジアーニが没すると、カルダーラは自らを宮廷楽長または副楽長とするよう神聖ローマ皇帝カール6世に請願書を送る。これが認められて1716年にウィーンの宮廷副楽長に就任、以降没するまでその地位にあった。

 メタスタージオの台本によるいくつかのオペラや、オラトリオが重要視されているが、当時のカトリック圏としてはやや長めの、器楽パートが華麗に活躍するミサ曲を遺しており、バッハの《ロ短調ミサ曲》への影響がしばしば言及されている。

コメント

コメントはありません。