趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ハインリヒ・シュッツ

 ハインリヒ・シュッツ(Heinrich Schütz, 1585年10月8日(ユリウス暦)/10月18日(グレゴリオ暦)ケストリッツ- 1672年11月6日 ドレスデン)は、ドイツの作曲家、ドレスデン宮廷楽長。

Symphoniae Sacrae I. Heinrich Schütz (1585 - 1672) https://www.youtube.com/watch?v=kkAmkHLJ_AM

Heinrich Schutz: Schwanengesang - Hilliard Ensemble https://www.youtube.com/watch?v=neSRx-biZbs

 ハインリヒ・シュッツはドイツの初期バロック音楽を代表し、ヨハン・ヘルマン・シャインやザムエル・シャイトとともに「3S」と呼ばれる。大バッハ生誕のちょうど100年前に生まれ、ドイツ音楽に息吹を与えた「ドイツ音楽の父」と形容される。

 ドイツ語で「シュッツ」とは射手座を意味することから、そのラテン語である「サギタリウス」(Sagittarius) というあだ名で呼ばれていた。出版楽譜には姓名どちらもラテン読みを当てた「ヘンリクス・サギタリウス」(Henricus Sagittarius) を示すものもあり、また自ら署名する時にはラテン語を意識してハインリヒ (Heinrich) を必ず「ヘンリヒ Henrich」と書いたという。

コメント

コメントはありません。