趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャー

 ヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャー(Johann Caspar Ferdinand Fischer, 1656年 - 1746年8月27日)は、ドイツ盛期バロック音楽の作曲家。

 どうやらボヘミア系であったらしいが、生涯については大まかなことしか分かっていない。最初の作品は1682年に出版され、1690年までにはザクセン=ラウエンブルク公の宮廷楽長となっていた。ついで1695年までにバーデン=バーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルムの宮廷楽長になり、ラシュタットにて没するまでその地位にあった。
生年月日: 1656年9月9日
生まれ: チェコ クラースノ
死亡: 1746年8月27日, ドイツ ラシュタット

J.C.F. Fischer Harpsichord Works, William Christie https://www.youtube.com/watch?v=ZaIXZnDaGkw

J.C.F. Fischer Musicalischer Parnassus Complete Recording https://www.youtube.com/watch?v=aN7u1Au9PPs

Ensemble "Bach-consort".Johann Kaspar Ferdinand Fischer. Confitebor Tibi Domine. Magnificat https://www.youtube.com/watch?v=jVzvB-WQsgo


 フィッシャーの作品のほとんどは、たとえば管弦楽組曲《春の日誌Le journal du printems 》(1695年)が示しているように、ジャン=バティスト・リュリによって実現されたフランス・バロック音楽の影響を示している。20曲の前奏曲とフーガおよび5曲のリチェルカーレからなるオルガン曲集《アリアドネー・ムジカAriadne musica 》は、19の調性とホ調のフリギア旋法が使われており、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの《平均律クラヴィーア曲集》の重要な先駆的作品とみなされている(バッハは概してフィッシャー作品になじみがあったようだが、この特殊な作品集を知っていたかどうかははっきりしない)。


 

コメント

コメントはありません。