趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

グレン・グールドーマルチェッロの《オーボエと弦楽合奏のための協奏曲 ニ短調》→BWV 974

 アレッサンドロ・マルチェッロの《オーボエと弦楽合奏のための協奏曲 ニ短調》は、1700年代初頭の作品であり、マルチェッロの最も有名な作品である。また最も有名なオーボエ協奏曲の一つである。過去においては、ベネデット・マルチェッロやアントニオ・ヴィヴァルディの作品と誤って伝えられてきた。ヨハン・ゼバスティアン・バッハはこの作品をニ短調のチェンバロ独奏曲(BWV 974)に編曲した。
アンダンテ・スピッカート
アダージョ
プレスト
有名な第2楽章については、少なくとも2つの異稿が現存し、どちらも頻繁に演奏されている。主な相違は、オーケストラの和声と、中間部の旋律線である。

Glenn Gould Plays Bach Concerto BWV 974 https://www.youtube.com/watch?v=CnJhq7_Er8o

A. Marcello - Oboe Concerto in d minor (Marcel Ponseele, baroque oboe / Il Gardellino) https://www.youtube.com/watch?v=vE2O_yfgtBU

コメント

朝野さん

2020年10月25日 20:53

いつもありがとう。毎日ではないですががんばって読んでいますコメントいれられなくてごめんなさいね。
グールドの演奏は毀誉褒貶がありますが、私は彼のとんがった演奏が好きです
おもしろいコメントがありました
In Gould we trust