趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

夢とロマンを与えるならば、トンデモも陰謀論も許されるか

信長たろうさんもトンデモ説の話題を立て、コメで次のように書いている。

「多くの人に夢とロマンを与えているのも確かであり、何が普遍的な事実なのかは、探求クラブの一員として追求したいとは思いますが、強く批判や批難をするようなことはできないと思っています。」

多くの人に夢とロマンを与えれば、偽書も陰謀論も許されるのか?

地下鉄サリン事件の10年位前、オウム真理教代表、麻原彰晃は雑誌「ムー」の原稿を書いていた。

彼は、酒井勝軍や竹内巨麿の影響を強く受け、超古代の天皇が特殊合金の神剣(ヒヒイロカネ)を携え、宙に浮かぶ「天の浮舟」で世界を巡航していたなどとする「竹内文書」の世界に強くひかれていた。

雑誌「ムー」はオーム真理教信者急増にかなり貢献したであろう。しかし、理性を失った盲目的信仰は教祖の言いなりになる傾向があり、自作自演のハルマゲドン、地下鉄サリン事件へと続いていく。

トンデモが大惨事を引き起こすのは海外でも同じことで、ナチスのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)を呼んだのも、史上最悪の偽書「シオン賢者の議定書」であった。

たとえ夢とロマンを与えてもトンデモを許してはならない、麻原・ヒットラーのような指導者の出現でいつ豹変するか解らないのだ。

特にユダヤを絡めたトンデモには危険を感じる。信長たろうさんの書いた講座も、ユダヤ絡みではないのか知りたいものです。

コメント

ランマルさん

2021年05月23日 20:38

水辺の少年さん、
健康的な生活をしていますね。
晴耕雨読、雨の日にでも日記書いたらどうでしょう。
 イスラエルや北極圏、タイ、
迄の触りの部分しか知りません。
 マルコポーロみたいな、見聞録
か体験記、書いてみたらどうですか。

水辺の少年さん

2021年05月23日 20:29

ランマルさん、
そうですね。
最近日記書いてないんです。
頭の中は畑の種蒔きや苗植え、早く終わらせたいと焦っています。

ランマルさん

2021年05月23日 14:20

水辺の少年さん、
こんにちは。せっかくの貴重な話し日記に書いたらどうでしょうか。

水辺の少年さん

2021年05月22日 13:10

ランマルさん、
とりあえず「失われた10支族」についてトピ立てしましたので、時間がありましたらお読みください。

信長たろうさん

2021年05月22日 12:00

水辺の少年さん、
おはようございます、もう終わりでもいいと思いますが・・・
私が聞いた講座は、イスラエルあたりから来た民が、日本に漂着し、いろんな文化を教え、それらが神社の名前や地名に痕跡が残っているという内容でしたが、論理性がなく、出典もありませんでした。(ヤタガラスの講座は聞いていません。むさしさんの武田先生の講座のご紹介の投稿は複数回会って、そのうちのどれかだったと思います。)私が聴講した講座が「ヤタガラス」だったような流れになったことをお詫びいたします。(こんな感じ、雰囲気が分かればと思ったもので・・・最初に見つけたヤタガラスの講座をお教えしてしまいました。)

「弥生時代500年遡り3000年前から学術的に決着が付いている問題」は、まだ未解決というより検討途中だと私は思っています。それに、この件に関しては、あなたには出典は聞いていません。(SIRIUS2016さんに、示された添付図で一回聞いただけです。)
 どうして未解決かと言いますと、東大教授の以下の論文によります。(前回、ご紹介したときに読んでいただけたらと思いました。)
 東大の大貫先生は、「最近の弥生時代年代論について」以下のように述べられています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/asj/113/2/113_2_95/_pdf
 もしよろしければ、この論文のご感想をお聞かせください。(感想がなくてもいいです。)

私がしつこく出典を聞いたのは、得体のしれない円グラフのことです。(数回のやり取り後「出典は分かりません」とご回答されたので、最初に聞いた時にご回答を下さればよかったのにと思いましたが・・・)

「全否定」できないと、「強く非難」できないとに、基本的な違いは理解致しました。ただ、その後に私と同様「批難できない」と書いてこられたので、思いは同じでいいのではないでしょうか?

 宗教や危険思想的な内容あるいは政治的な内容に結びつくものは、排除すべきですが、武田先生の内容は、そのような類ではないので、(私も眉を顰めはしますが)容認していいのではないでしょうか?

ランマルさん

2021年05月22日 10:47

水辺の少年さん、
では、お言葉に甘えて、友人(彼はかなりお金をつぎ込んで情報を仕入れてます。)からの受け売りの知識がかなりあります。
 折に触れて、トピ立てたりしますので宜しくお願いします。

水辺の少年さん

2021年05月22日 10:19

ランマルさん、
ユダヤを絡めたトンデモ説は貴方の友人だけでなく、ネットで反乱し趣味人俱楽部にも相当いるようです。盲目的に信じるのではなく、解らないけど興味あることを私は自分で調べることにしています。

貴方と同じように私も聖書や中東など昔調べました。ほとんど忘れていますが、問題提起していただければ思い出します。

1.失われた十二支族の末裔
2.今のユダヤ人は偽ユダヤ人
3.ホロコーストはなかった

3の「ホロコーストはなかった」は左翼の中にも、右翼の中にも主張する人がいて、政治がらみになり海外でもネオナチなど危険視されています。

ホロコーストから脱出したユダヤ人夫婦の家庭で約4か月生活したり、杉原千畝の命のビザで日本経由で助かった老人にその時の話を聞き感謝されたり、生々しい話を沢山聞いています。ポーランドのアウシュビッツもこの目でみました。ホロコーストがなかったという主張は、頭がおかしいのではと疑います。

1と2は説明が長文になるので、別話題で書きます。

水辺の少年さん

2021年05月22日 10:13

信長たろうさん、
>本題からどんどん離れて行って、何を言おうとしてるか分かりません

・本題読めないんですか?
ズバリ本題を話しています。貴方がここで説明したヤタガラスの話、いやそれ以上の話を子供のころから聞かされています。本題に沿い講座のヤタガラスを聞かせて下さい。

>寝ていたので内容は覚えていません。

・一生懸命講演し、感動もの、毎回手書きの資料を配布すると書きましたね。資料を紹介して下さい。

>トンデモ説を「全否定」しない、「強く非難」できないとは、私は同義だと思っており、あなたが違うというなら、平行線ですので、この議論を終わりにしていただけませんか?

・全く意味が違います。その中にも真実があるかもしれないから聞いてから判断すると言ってるんです。
貴方は
>出典や論理性などないんです。
>感覚的に書いているだけだと思います。

・全く意味が違うし、平行線でもありません。

>この議論を終わりにしていただけませんか?

過去話題での議論で貴方の態度は?
・Y染色体、日本人≠韓国人
・弥生時代500年遡り3000年前から
学術的に決着が付いている問題を、出展を出せと繰り返し私を攻撃しました。それでも足りず2021年05月20日の話題で再燃させようとしています。

ブーメランです。出展もなく、思いつきで話しているとしても、真実かも知れません。貴方が尊敬する先生の講座内容聞かせて下さい。

ランマルさん

2021年05月22日 08:56

水辺の少年さん、
ユダヤを絡めたトンデモ説は、友人が宇野雅美氏を崇拝してる関係で30年前から知ってました。
 日露戦争でイギリスが日本に金を貸したのは、ロスチャイルド家が日本はユダヤと同一民族、失われた十二支族の末裔とかです。無知な私にはそうなんだと思ってました。
 現在、旧約聖書を研究してますが、氏の話しにかなりの無理があります。
 今のユダヤ人は偽ユダヤ人とか
ホロコーストはなかったとか。
 友人は、私の知らない事に優越感も手伝ってか、講演会の高価なテープも聴かせてくれます。
 今回の貴方の日記にありますように、愉快だけではすまされないと思います。
 

信長たろうさん

2021年05月21日 23:44

水辺の少年さん、
水辺の少年さん、

こんばんは、本題からどんどん離れて行って、何を言おうとしてるか分かりませんが・・・「八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話に登場するカラス(烏)[1]であり導きの神。神武東征の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされる。一般的に三本足の姿で知られ、古くよりその姿絵が伝わっている[1]。」というネット記事しか知りません。(私が出席したのは別の講座です。寝ていたので内容は覚えていません。)

トンデモ説を「全否定」しない、「強く非難」できないとは、私は同義だと思っており、あなたが違うというなら、平行線ですので、この議論を終わりにしていただけませんか?

水辺の少年さん

2021年05月21日 20:58

信長たろうさん、
>あなたは、強く批判できますか?

強く批判はしていません、せめて「ヤタガラス」だけでも教えて頂けないでしょうかと、お願いしているんです。

簡単なことでしょう何故秘密にするのですか?
講座を紹介して中身は秘密、カルト宗教の勧誘みたい?

>出典や論理性などないんです。
>感覚的に書いているだけだと思います。

信じる者は救われるですか、学問ではなく、占いとかカルトに近いのかな?勧誘したからには説明責任ありますよね。

目を吊り上げ攻撃してくる貴方が、この話になると寝たふりをする。

>一生懸命ご講演されるので、感動ものです。

ヒットラーも麻原も一生懸命でした。
ここで話題書いてる人も一生懸命書いていることでしょう、感動ものです。
せめて支離滅裂な批判は以後しないんですね。

信長たろうさん

2021年05月21日 20:07

水辺の少年さん、
こんばんは、見れてよかったですね。
出典や論理性などないんです。
感覚的に書いているだけだと思います。
(誰かを欺くとか、そんな気持ちもなく、一生懸命ご講演されるので、感動ものです。)それを真剣に聞いている人もいっぱいいるのですよ。あなたは、強く批判できますか?

水辺の少年さん

2021年05月21日 19:03

信長たろうさん、

十四郎さん、丁寧なご説明有難うございます。
その手順で探したら簡単に出てきました。操作不慣れな私のミスでした。
太郎さん、前コメに関しては100%謝罪申し上げます🙏

2020年11月12日を読んだら「ヤタガラス」「天照大神を祭った族類」など書いてありますが講座PRの色彩が強く、突っ込んだ話は見られません。

実家の近くに「皇太神社」があり、神主さんとはとても近い親戚でした。子供のころよく「ヤタガラス」「修験道」「山岳信仰」の話を聞かされました。山岳信仰は縄文時代から続いているとも言ってました。

ヤタガラスは何かを喩えたのではないでしょうか?
太郎さん、寝たふりしないでこれだけでも教えて頂けないですか😴

十四郎さん

2021年05月21日 14:18

【過去データの検索】

「コミュニティの新着話題」の過去データを見るとき、「もっと見る」をクリックしますが、ここで注意することは、

  並び順: 話題作成順|更新日順

です。
 デフォルトでは「更新日順」になっていて、<aa月aa日>と<bb月bb日>の記事が時系列に沿って並んではいません。
 これはその話題に関する「最後のレス日」順ですから、話題作成日でさがそうとすると、ハッキリ言ってメチャクチャで行方不明となります。
 ですから過去データを探す場合は、
  「もっと見る」をクリック→「話題作成順」をクリック
として並び替える必要があります。
 そして「次を表示」を押して目的の話題に到達することになります。
 結果として、<3ページ目>に件の記事(11/12)はあります。

 参考までに、現在のこのサイトの全ページは<38ページ目>まであります。
 しかし場合によっては、ここまで遡って記事を探そうと一ページずつ繰ってゆくのは大変です。
 それを一発で飛ぶには次のようにすればいいでしょう。

 https://smcb.jp/communities/1324/topics?order=created_at&page=35

をクリックすれば、一挙に<35ページ>に飛びます。
 目的がさらに先ならば、「次を表示>」で<36→37→38>と探せばいいです。
 つまり末尾の「35」は飛んで行くページ№ですから、設定は自由で、初発ページに戻るには「1」とすればよろしい。

水辺の少年さん

2021年05月21日 11:24

信長たろうさん、
>昨年の11月12日

探したけどありません。貴方が嘘をついているか誰かが削除したのでしょう。

>武田先生は毎月(コロナ禍でいまは分かりませんが)手書きの資料で、講座をひらいています。そして熱心にサポートされている方もおられ、そんな構図を私は微笑ましく思っています。

そんな微笑ましい講座を聞かず、貴方は寝ていた。

その講座に批判的なことを書いたので、内容を詳しく知りたかったのですが寝たふり?をされては前に進みませんので、この話はもう止めます。

信長たろうさん

2021年05月21日 03:47

水辺の少年さん、
おはようございます。
別に講座内容を教えないとは言っていません。
以下のように、以前はむさしさんが投稿してくれていましたが、それを批判する人が居て、いまは止めておられるようです。
昨年の11月12日にここで『歴史学講座「創世」葛飾塾;神武東征に登場する「ヤタガラス」とは?』をご紹介されています。
 武田先生は毎月(コロナ禍でいまは分かりませんが)手書きの資料で、講座をひらいています。そして熱心にサポートされている方もおられ、そんな構図を私は微笑ましく思っています。

水辺の少年さん

2021年05月20日 22:34

黒目川太郎さん、
自分に都合が良ければ、その場その場で言ってることがコロコロ変わる。
そんな嘘つき昔だったら、「武士に二言はない」と腹切りです(笑い)

水辺の少年さん

2021年05月20日 22:33

信長たろうさん、
>とても、楽しく、一生懸命聞いていらっしゃるので、そんな構図を強く批判や批難をすることは、私にはできません。

・その講座が嘘・出鱈目だとしても、強く批判や非難できないのですね(実際は全く批判してないし講座内容も明かさない)。

・ここのコミュに話題・コメ書く皆様も、一所懸命読むだけでなく考え書いているはずです。何故ここではピント外れの言い掛かり、二枚舌使うのですか。

黒目川太郎さん

2021年05月20日 20:19

水辺の少年さん、
まさしく、自分の信念の無い人が増殖しました。

信長たろうさん

2021年05月20日 20:14

水辺の少年さん、
こんばんは、私の「強く」批判や比難をすることができない。と「強く」が抜けていた場合では意味がかなり異なります。あなたの「全」否定も、「全」が抜けていた場合では、意味が異なると思います。「強く」批判や批難と「全」否定は互いに「多少は容認する、あるいは多少肯定する部分がある」という意味が隠されているのではないでしょうか?

 私は話の流れ(前後の文章を考慮し)けっこう似ていると思いましたが、違うというのでしたら、ここは平行線で終了しましょう。
 武田先生は、多分ですが、パソコンもスマホも持たないと思います。資料は手書き、コピーをして講義資料にします。聞いている人は皆さん、70代以上の高齢者ですが、(私は寝てしまいましたが)とても、楽しく、一生懸命聞いていらっしゃるので、そんな構図を強く批判や批難をすることは、私にはできません。