趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

北海道・東北の縄文遺跡群が世界遺産に申請勧告がユネスコによりなされた。アイヌを先住民族とする虚偽の法律の運命や如何に。

 以下のように、北海道・東北の縄文遺跡群が世界遺産に登録申請するようユネスコからら勧告されました。このことは、北海道・東北の先住民族が縄文人であるということをユネスコが認めたことになる。これはDNA鑑定で人類の先祖を研究する国立科学博物館のメンバイーが中心の分子人類学の学問的成果であって、分子人類学によれば、アイヌは縄文人とオホーツク文化人の間で5世紀ごろから混合されて出現した、先住民族である縄文人よりも一万年以上遅い民族であることが証明されている。これが明らかになったのはアイヌ法運動真っ盛りのころである。このことは私は昨年日記に書いていたところでもある。
 アイヌ法は数年前に成立したのであるが、これは在日が中心になってでっち上げた法律であるとする説知られている。つまり、この法律が成立する前には、アイヌが先住民族でないことが、科学的に証明されていたのに、虚偽の法律が、在日が中心になっての運動によって作られてしまう日本の精神文化は一体どうなっているのであろうか?日本では、思いやりの精神で真実でないことが真実になってしまうのであろうか。
 しかし、今回はユネスコによって、真実の先住民族が縄文人であることが明らかにされた。このでっち上げの法律がどうなるのか、注目される。以下が報道である。

縄文遺跡群、世界遺産に登録勧告 三内丸山など、ユネスコ諮問機関
5/26(水) 17:59配信

484
この記事についてツイート
この記事についてシェア
共同通信
青森市の三内丸山遺跡

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は26日、青森市の三内丸山遺跡など17遺跡で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を世界文化遺産に登録するよう勧告した。農耕に移行せず、狩猟などを基盤としたまま定住した縄文時代の人類の生活実態を示す貴重な物証として世界的に認められた。

【写真】昨年9月に青森市の「三内丸山遺跡」を視察する国際記念物遺跡会議の調査員ら

 7月16~31日にオンライン開催されるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通し。国内の世界文化遺産として先史時代は初めてで最古となる。自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)にも今月10日に登録勧告が出た。

コメント

ランマルさん

2021年05月30日 21:04

水辺の少年さん、
皆さんから見たら、アホです。
ただ主役ばかりではつまりません。
 脇役も必要です。
 貴方や、信長さん、SIRIUS1016さん、やすさんの露払いです。

水辺の少年さん

2021年05月30日 20:55

ランマルさん、
アホだなんてご謙遜を、
私たちは普通に会話が成立しています。

アイヌがらみの時は倭人ではなく和人が普通ですよね。

ランマルさん

2021年05月30日 15:22

水辺の少年さん、
和人、アホな私でも知ってます。
江戸時代の松前藩やアイヌの人達をだます数の数え方、アイヌ人には、初め、1〜10、和人は、初めを言わす1〜10でカウントしたとか。ちなみに、黄門様一行も蝦夷地に行きました。爆笑、
 余談ですが、琉球の人達はヤマトンチューと呼んでましたね。

水辺の少年さん

2021年05月30日 13:40

信長たろうさん、
>「倭人」なら分かりませんが、「和人」はどういう定義で使われていますか?

この質問で貴方が過去にアイヌに関して全く興味がなかったと解ります。アイヌ新法も知らなかったのですね。
Wikipediaでは『和人(わじん)は、アイヌ以外の日本人または大和民族が自分たちをアイヌと区別するために用いた自称である。』

「アイヌは先住民族でないと言いながら、先住民族のアイヌを阿倍比羅夫が討伐に出かけた。」
あなたの新しい話題は滅茶苦茶で話になりません。

●知らないことは恥ずかしいことではありません。
知らないのに知ってるふりをして他人を攻撃する、それが間違いと証明されても理解できず攻撃を続ける。・・・話になりません。

浦島太郎にもう訳ない、金太郎か桃太郎・・・いやそれでもったいないピコ太郎はどうですか?
ピコ太郎さんすみません。

信長たろうさん

2021年05月30日 06:08

水辺の少年さん、
おはようございます。
丁寧な解説をありがとうございました。
「倭人」なら分かりませんが、「和人」はどういう定義で使われていますか?

そもそも、あなたの考え方の方がおかしいです。
 もともと、北海道は日本全国&半島全域、縄文人(系)が住んでいた。
まず、(北海道の縄文遺跡からみて)北海道も、どうみても縄文人が先住民です。
 次に、列島側は東北の一部を除き、一度漢人によって縄文人のほとんどが殺されましたが、出雲王朝(北倭)&邪馬台国(南倭)によって、漢の環濠集落がことごとく破壊され、再度縄文人(系)の国に置き変わりました。(取り戻しただけ、前方後円墳の設置・・・)

 北海道の縄文人は、むしろアイヌ系の人達に殺されたのではないでしょうか?
(実は、エゾ≒アイヌではないかと思っています。アイヌが北海道の縄文人を全滅あるいは同化し、そして東北から越後のあたりまで、少なくとも6~7世紀に進出がはじま
り、それで縄文系大和政権の討伐がはじまったのではないかと見ています。調査中。)

 おかしな理論をもって、あるいはまだ確定していない内容をもって、浦島太郎と言ったり、やすさんを非難するような言動はおやめいただけませんか、また反省がなく、まだ確定をしていないような話(和人を定義なしでもってきたり)を全面に押し出そうとする姿勢は、問題があります。

 ご自分の問題点をご理解されたのなら、水に流します。

水辺の少年さん

2021年05月30日 02:04

信長たろうさん、
>『どうしてこの遺跡とアイヌ人を結び付けるのですか、そんな話私は聞いたことありません。やすさん以外にも結び付けている人がいるんですか?』は、とっても、失礼なお言葉になります。(やすさんはアイヌと縄文人の遺跡を結びつけたのではなく、どちらが古いかを言っているだけです。)

●どちらが古いか解っていないのは太郎さんだけで、やすさんも他の皆様も縄文遺跡が古いと解っています。ポイントはやすさんが、日本国がまだ存在しない時代の北海道の縄文人を、日本人としているところが誤りです。

まだ気が付いていないので説明します。
北海道での民族経緯
旧石器人→縄文人→アイヌ→和人
・和人よりアイヌ人が先住民族
・アイヌ人より縄文人が先住民族
・縄文人より旧石器人が先住民族

日本人(和人)よりアイヌ人が先住民族です。

タイトルを見ただけで気が付いた方もおられるでしょう。
「北海道・東北の縄文遺跡群が世界遺産に申請勧告がユネスコによりなされた。アイヌを先住民族とする虚偽の法律の運命や如何に。」

>アイヌを先住民族とする虚偽の法律、

虚偽ではなく真実です。世界遺産になろうがなるまいがアイヌ新法と結びつけるのは筋違いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>互いにいがみ合う年でもないと思うので、今後は仲良くしてください。

え!いがみ合ってたんですか?
私は太郎さんの写真を見るたび、かわいいと思っていたんですよ。
住まいも近いし、オフ会があったらぜひお会いして友達になりましょう。

信長たろうさん

2021年05月29日 22:52

やすさん、
水辺の少年さん
こんばんは、丁寧なコメントをありがとうございました。
しかしながら、アイヌと蝦夷(エミシ)を区別できる材料があまり見当たりません。「定住せずに、狩猟生活が主体」が似ており、またわざわざ唐に連れて行った理由(白人風の堀が深い顔:俳優の宇梶さんはアイヌ系のようです。)がみあたりません。私は、(小異はあっても)少なくとも大雑把にアイヌ=蝦夷ではないかと思っており、もう少し調べてみます。

 「宴会&討伐」の意味は分かりました、討伐に行くと蝦夷側が(武器がなく)戦わずして降伏をするので、蝦夷の従属(場合により官位も与えたらしい)との和解の宴会をしていたようです。

 水辺の少年さんが、最初から「浦島太郎」等と非難するので、私もカッとなってうまくいかなくなりましたが、互いにいがみ合う年でもないと思うので、今後は仲良くしてください。
 ちなみに、今回のポイントは「北海道の縄文遺跡が世界遺産になり、アイヌの誕生よりも古いことが、世界的に有名になったので、アイヌが先住民ではないことも明確になった」とやすさんが投稿しているのに、頓珍漢で非礼な内容『どうしてこの遺跡とアイヌ人を結び付けるのですか、そんな話私は聞いたことありません。やすさん以外にも結び付けている人がいるんですか?』は、とっても、失礼なお言葉になります。(やすさんはアイヌと縄文人の遺跡を結びつけたのではなく、どちらが古いかを言っているだけです。)

私はとっても失礼な人だと思いましたが、あなたがそう思わないのなら、水に流します。

水辺の少年さん

2021年05月29日 21:36

信長たろうさん、
私の名前がチラチラ見えたので書きます。

ランマルさんが信長たろうさんにこう言ってます。
2021年05月28日 17:20

私は水辺の少年さんの資料で十分だと思いますが。<これどこが失礼な言い方でしょうか?
 これに対して>反省やお詫びがなく残念ですが水に流して楽しくやれたらと思っています。<と貴方はコメントしてました。

・太郎さんは、ランマルさんの質問を無視しました。私が「失礼な個所があれば謝罪するから教えてください」と言っても無視し、「>あなたの失礼な言葉」と繰り返し私を攻撃しています。
●繰り返します、攻撃するからには、「何が失礼か」説明責任あります。

②信長たろうさん 2021年05月28日 22:04

>SIRIUS2016さん、水辺の少年さん、
こんばんは、天然うなぎさんに聞いた内容を代わりにお教えいただき、ありがとうございました。お二人はアイヌ(蝦夷)には詳しそうですので、お教えください。

・太郎さんの騙しの会話術は理解しました。私の上記質問にまず答えてください。

・天然うなぎさんへのコメ(2021年05月27日 23:31)の追加です。

>「にきえみし」は知りません。おそらく東北日本海側のどこかを拠点にしていたと推測します。マタギ的生活者だったかなと想像が膨らみます。

・と書きました。その根拠は
遠いものを都加留(ツカル=津軽)と名付け、
次のものを麁蝦夷(アラエミシ)と名付け、
近いものを熟蝦夷(ニキエミシ)と名付けました。
ニキエミシは朝廷に服した柔順な蝦夷だったそうです。
それで東北日本海側のどこかを拠点にしていたと推測しました。

やすさん

2021年05月29日 20:50

信長たろうさん、話題を評価していただきありがとうございます。「唐に連れていかれた蝦夷は、定住していないということですから、「見世物的に連れていかれた」アイヌに間違いないと思います。」ですが。
アイヌ民族としてのの記録が残っているのが12世紀ごろ言われていて、蝦夷は7・8世紀ごろに蝦夷として記録が残っているのですから、違う民族だと思います。
DNA鑑定(科学)では、アイヌは縄文人(蝦夷)とオホーツク人との混合だとなっていますから、蝦夷とアイヌは違うと思います。そしてアイヌはもう少しは早いとは思います。混血児が独自の文化を築く(民族となる)のには、相応の時間がかかるからでしょうから。

信長たろうさん

2021年05月29日 18:02

やすさん、
 今回は、まるで歴史学会のような雰囲気のあるとてもよい議論ができたと思っています。長い歴史があり、その歴史の内容によって、現代の考え方が決まってくる場合があり、ここでの話題として適格(なぜならば、探求クラブに相応しい歴史に関する議論ができたから)であったと、改めて感謝を致します。

年代に関して、SIRIUS2016さんも少々自信がないと言われている通り、アイヌはもう少し古いのではないでしょうか?

 アイヌ(人にもよりますが)は白人系が混じっており、縄文人や弥生人とも異なる、かけ離れた風貌だったのではないでしょうか?それで、見世物的に唐に連れていったと思われます。(最近特に思うのは、若い世代の男女とも我々の子供の頃見た風貌とかなり違ってきているということです。昔は、出っ歯だったり、ギョロ目だったり、極端に目が細かったり・・・)
 唐に連れていかれた蝦夷は、定住していないということですから、「見世物的に連れていかれた」アイヌに間違いないと思います。(そもそも、縄文人や弥生人に近い人種であれば、経験上どこかで見る顔であり、記録に残すほどではないでしょう。)

 よって、6~7世紀頃には、北海道にいたアイヌが青森から本州に侵入していた可能性があります。また、阿倍比羅夫の征伐は(乙巳の変後なので)、出雲系(縄文系)の東北へ移住していた人達(=蝦夷)を討伐にでかけたのではないでしょうか?

やすさん

2021年05月29日 09:54

SIRIUS2016さん、色々ご教授ありがとございます。「私は、北海道にいた縄文人の後裔とオホーツク人との交流・融合によって成立したのが、11~12世紀以降の蝦夷(エゾ)であり、現在のアイヌではないかと考えています。」ですが、私が学んだ考え方と基本的に同じです。念のために確認です。

SIRIUS2016さん

2021年05月29日 09:22

信長たろうさん、
先の投稿に、この話題への投稿は終わりにしますと書きましたが、私宛の質問がありましたので、この質問にのみ回答し、これを以て本話題への最後の投稿とします。失礼ながら、再質問にはお答えできないかも知れません。

『甘檮丘東之川上、造須彌山而饗陸奧與越蝦夷』にある蝦夷は、『陸奥』『越』の蝦夷とあります。
『越』とは本州日本海側の北東部を指す地名で、概ね現在の福井・石川・新潟に該当します。現在でも『上越・中越地方』という名称が残っています。『陸奥』とは、本州太平洋側の南東北を指す地名で、概ね現在の宮城南部・山形内陸部・福島に該当します。
一方、阿倍臣が討った蝦夷は、『飽田・渟代二郡』『津輕郡』『膽振鉏』とあります。
『飽田』『渟代』『津輕』は現在の地名ではそれぞれ『秋田』『能代』『津軽』に該当します。『膽振鉏』は諸説ありますが、概ね現在の北海道南部という点では一致しています。現在の胆振地方という地名は、この『膽振鉏』から来ているのかも知れません。
こうして見ると、饗した蝦夷と討った蝦夷では、その居住地域が異なることがわかります。饗した蝦夷は『熟蝦夷』で、討った蝦夷は『麁蝦夷』『都加留』であったろうと思われます。

蝦夷とアイヌの関係について、同一の人々を指しているのか、あるいは異なる人々のことであるのか、従来より議論されて来ました。現在でも諸説あって結論を見ていませんが、概ね7世紀以降の蝦夷とアイヌの連続性を認める説が有力です。
蝦夷と書いて古代は『エミシ』と呼びました。蝦夷を『エゾ』と呼ぶようになったのは11世紀後半以降のことです。この頃の『エゾ』は現在のアイヌのことであろうと言われています。

かつて、アイヌは他のモンゴロイドに比べて、彫りが深い、体毛が濃い、四肢が発達しているなどの身体的特徴を根拠として、人種論的な観点からコーカソイドに近いという説が広く行き渡っていた時期がありました。しかし現在では、DNA解析によりこの説は完全に否定され、遺伝的にはコーカソイドではなくモンゴロイドの系統に属することが判明しています。

古代の北海道では、BC3世紀~7世紀にかけて続縄文文化が、7世紀~13世紀には擦文文化が栄えました。これらの文化の間には断絶が無く、これらの文化を担ったのが同一の人々であることは間違いありません。そして、3世紀~9世紀には並行してオホーツク海沿岸にオホーツク文化が存在しました。オホーツク文化が存在したということは、その担い手であるオホーツク人の一部が北海道に来ていたことを意味しています。
近年、DNA解析を使用した研究により、アイヌ人とオホーツク人の遺伝的共通性が確認されています。私は、北海道にいた縄文人の後裔とオホーツク人との交流・融合によって成立したのが、11~12世紀以降の蝦夷(エゾ)であり、現在のアイヌではないかと考えます。(但し、11~12世紀という年代につきましては、少々自信がありません。)

考古学から見た古代蝦夷
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nihonkokogaku1994/1/1/1_1_139/_pdf
オホーツク人
http://www.okhotsk.org/news/oho-tukujin.html
遺伝的特徴から見たオホーツク人
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/52564/1/v.%206_8.pdf
骨から探るオホーツク人の生活とルーツ(36ページ「オホーツク文化人の遺伝的特徴」)
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/48123/4/Symposium%202006.pdf

ランマルさん

2021年05月29日 07:54

 北海道、東北地方の縄文遺跡群の文化遺産の申請勧告がユネスコによりなされた。
 Easyは、喇叭を吹きその喜びを人々に伝えた。
 水辺で遊んでた少年と、学者は
その音色にいつものルート音を感じた。
 人々は、その違いに気がつかなかった。
 牧師、ランマル。

信長たろうさん

2021年05月28日 22:04

SIRIUS2016さん、水辺の少年さん、
こんばんは、天然うなぎさんに聞いた内容を代わりにお教えいただき、ありがとうございました。お二人はアイヌ(蝦夷)には詳しそうですので、お教えください。

 以下は、斉明天皇(日本書紀)の項の抜粋ですが・・
『即位5年3月 吉野で宴会。近江の平浦へ。吐火羅人(タイ)が妻と舍衞(シャエ)の婦人と来た。甘檮丘で陸奥と越の蝦夷と宴会。阿倍臣が蝦夷国を征伐。
即位5年7月 坂合部連石布たちが唐に行き、蝦夷を見せた。』ですが、

まず『甘檮丘で陸奥と越の蝦夷と宴会』は、東北や越後の「エゾ=アイヌの人達」と斉明天皇が「甘檮丘」という場所で宴会をしたと考えていいですか?
次に、『阿倍臣が蝦夷国を征伐。』は、宴会をしておきながら、一方で「エゾの国」へ征伐にでかけたと考えていいのでしょうか?

また「斉明天皇(即位5年)坂合部連石布と津守連吉祥の唐行き・伊吉連博徳の書」では、
『「蝦夷は何種、いるのか?」
使者は謹んで答えて言いました。
「三種類、あります。
遠いものを都加留(ツカル=津軽)と名付けて
次のものを麁蝦夷(アラエミシ)と名付け、
近いものを熟蝦夷(ニキエミシ)と名付けました。
今、ここに連れてきたのは熟蝦夷(ニキエミシ)です。』では、エゾ=アイヌと考えてよさそうです。

さらに、定義の話ですが『蝦夷(えみし)とは、奈良時代~平安時代、朝廷に従わなかった東北地方の人々のこと。朝廷の貴族たちからは異民族のようにみられていましたが、実際は民族的には同じ。ただ自分たちに従わないことから異端扱いしていただけと言われています。』のようです。

以上から、総合的に考えると、飛鳥時代では、東北地方に住んでいたのが「エゾ=アイヌ」で、その後東北地方に(出雲王朝:蘇我氏系の人達)のエミシが移り住んで、エゾ=アイヌを北海道へ追いやったと考えていいでしょうか?

もし、ご意見があったら、お願い致します。

信長たろうさん

2021年05月28日 19:55

ランマルさん、
こんばんは、丁寧なコメントをありがとうございます。

まず、非礼な内容はあなたのことではないですよ。それは明言しておきます。
(余計な心配をさせてしまい、申し訳ありません。)

次に、私が主張している内容は、整理して書いていますので、前々回のコメントの中身を(お手数ですが)もう一度、お読みください。それで、疑問に思うことをぶつけてください。

ランマルさん

2021年05月28日 17:20

信長たろうさん、では、お言葉に甘えさせていただきます。
 >私は、朝鮮や漢人の子孫、つまり侵略者の末裔が作り上げた<
 この部分ですが、貴方は半島は縄文人だから日本人とみなしていると言う事だと思います。1、だから朝鮮人(縄文人)は関係ない。と言う事でしょうか?
 もしそうだとしたら、弥生人はどこから?縄文人は弥生人に殺されたり同化(女性)したのでは、次に貴方のトピ「縄文人万歳」では>日本列島側は、漢の環濠集落で埋め尽くされ津々浦々まで縄文人は虐殺され<と書いています。
 貴方の言葉を信じるなら、日本列島側は漢に虐殺されその後に住み着いた人になり今の日本人ではと解釈しましたが、いずれにせよ侵略者の子孫になりませんか。
次に、
>やすさんに対して失礼な言い方をしていたので、クレームをつけましたが、ライバルでもなんでもないです。<私はやすさんに失礼な言い方はしていませんし、それに対して
貴方からのクレームもありませんが何か勘違いしてませんか、冒頭部分に水辺の少年さんとやすさんのコメントに横レスしていますがそれではないでしょうか?
もしやすさんに失礼な言い方とは>やすさん在日がデッチ上げた下りです。私は水辺の少年さんの資料で十分だと思いますが。<これどこが失礼な言い方でしょうか?
 これに対して>反省やお詫びがなく残念ですが水に流して楽しくやれたらと思っています。<と貴方はコメントしてました。
 まさか、やすさん皇室に関係がある方でしょうか?
 もしそうなら下々の私ごときがお言葉を返すのは失礼と思いますが。
 貴方から、やすさんに私が失礼な事を言ったかどうか尋ねてくれませんか?
 恐れ多くて、私からはやすさんに直接聞けません。
 ちなみに、やすさん、私のハッケヨイのコッタのあと、ランマルさん、私が弓取りしますよ。よいしょ!よいしょ!とコメントくれましたが、
 

SIRIUS2016さん

2021年05月28日 14:56

やすさん、
具体的な反論ができずに誹謗中傷に走るのですね。
先の投稿でいみじくも「日本人の精神を破壊するために歴史をゆがめる、近隣諸国人の工作に反対してるだけです。」と本音が漏れているように、アイヌ新法反対を主張したいのであれば、こんなところに投稿していないで、『アイヌ政策を推進する議員の会』に抗議のメールでも送れば良いと思います。菅首相もこの会のメンバーであり、かつ『アイヌ政策推進会議』の座長ですから、ちょうど良いのではありませんか。

歴史に無関係な話題であることが明確になったので、この辺りでこの話題への投稿を終わりにしたいと思います。

信長たろうさん

2021年05月28日 14:53

ランマルさん、
こんにちは、けっこういい線だとは思いますが、ふたつ勘違いされています。
あなたが、私の意図内容と異なる発言をされたていたので、訂正のためにわざわざ書いたので、質問はされなくてもいですが、それなりのコメントは欲しかったです。(別に気にしていませんので・・・)

やすさんに対して失礼な言い方をしていたので、クレームをつけましたが、ライバルでもなんでもないです。はやしたてるのは、おやめくださいね。(笑)

ランマルさん

2021年05月28日 12:48

信長たろうさん、
同時に、コメントしたみたいですね。笑う。
 貴方の最初の趣旨と同意見です。
 あとからのご意見は、これから貴方がUPするであろう。
 トピでご質問します。
 ここは、やすさんの土俵ですからね。
 ご指導宜しくお願いします。
 学者顔負けのSさん、貴方の良きライバル水辺の少年さんとの意見交換は大変勉強になっています。
 うなぎさんの合いの手も貴方のトピであるといいですね。

ランマルさん

2021年05月28日 12:38

 コロナ禍でここまで楽しめる、
知識も増える、今回のトピは大成功ですね。
 お互いのバックグラウンドも垣間見えました。
 個人的には、信長さんと水辺の少年さんのバトルで知識が増えて
います。
 皆さん、この調子でコミュを盛り上げましょう。
 私は、趣味人No1の知識人の集まりと確信しました。
 信長さん、得意分野で水辺さん
とディスカス期待してます。