趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

両腕欠損の女性が飛行機操縦

昨夜のフジテレビの番組、アンビリバボーを見ました。
過去に放映された映像とその登場人物の今の様子を見ることも出来た。
その中の一つに、障がい者が登場したものがあり、表題のような女性の活躍に心から拍手とエールを送りました。
母を乗せてセスナを操縦して母の誕生祝いにした女性がいる。
このセスナは障害者用に改造したものではなく、普通の機体だから、もう驚くしかない。
かく言う私は飛行機マニアで、パイロットになって大空を飛び回りたかったが、視力も聴力も悪くて免許資格がなく、断念している。
でもその代わりにラジコンの飛行機やヘリを飛ばして操縦することは出来ている。

昔はスウェーデンのレーナ・マリアさんが両腕がなく、片足も短い体で日常生活は勿論のこと、車の運転も出来るので、障がい者のお手本だと思いました。
近年なら五体不満足の乙武さんが有名ですね。
過去には映画にもなった両腕欠損の〇〇典子さんとか、両足付け根から下が欠損のケニーも覚えている。

それぞれに障害があってもやれば出来るものです。
私は中卒の重度障害ですが、国家資格を7つ持っています。
聴覚障害ながら、楽器の演奏も出来ます。
これらもやる気と根性、根気があって出来るものです。
皆さんも諦めないでいろんなことにチャレンジしましょう。

コメント

コメントはありません。