趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

笹みどりと丸山圭子

また爆報フライデーネタです。

?笹みどり、二度の大病乗り越え復帰へ

1965年、テレビドラマの主題歌『女の舞台』を歌ってデビュー。続く『下町育ち』が大ヒットとなり、自身の代表曲となった。さらに『女の絶唱』『男の償い』『母子舞い』などを歌い、「テレビ主題歌の女王」と呼ばれる。

1966年、『下町育ち』で「第17回NHK紅白歌合戦」に初出場した(詳細は下記参照)。

1976年、公演先の福岡県北九州市にてクモ膜下出血を発症し、その翌年には側脳室内頚動静脈奇形という病気で倒れて歌手活動を休止、以後、リハビリに励む[1]。

1983年に奇跡のカムバックをとげ、『浅草しぐれ』をヒットさせた。1985年には歌手生活20周年記念アルバムをリリース。1995年、歌手生活30周年記念リサイタルを開催し、記念CDを発売、現在も活躍を続けている。

※なんでも二つとも大手術だったそうでクモ膜下のときは痛みどめ注射を一日24本打っていたとか(;´Д`)また側脳室内のときはドリルで穴をあけたそうでヒェーッどんなにか゜つらかったでしょうね。
ですがそのリハビリをお母さんが好きだったパチンコ店でカラオケ代わりに歌ってしたというから立派ですね。
●下町育ち
http://www.youtube.com/watch?v=QR7xnPelzaw




?丸山圭子は病気、離婚乗り越え大学教授になっていた!
1954年5月10日、埼玉県浦和市岸町(現:さいたま市南区)出身。

1972年7月、ニッポン放送主催「VIVA唄の市」にオリジナル曲で出場し優勝。同年11月、エレックレコードよりLP「そっと私は」、EP「心の中の」を出す。その後、ピピ&コットに参加。解散後は、キングレコードに移籍、1976年3月に「ひとり寝のララバイ」をリリース。同年7月にリリースした「どうぞこのまま」が翌年にかけてロングヒットした。

2009年12月31日、『第42回年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)に生出演。

私生活では、永年にわたり仕事仲間でもあった佐藤準と結婚生活を共にしていたが、後年諸問題あり、離婚している。佐藤との間に2 男がいる。
離婚したものの卵巣嚢腫で手術、そのとき隣にいた患者から歌のレッスンを頼まれたのがきっかけで歌の教室を開き、大学から声がかかった。そして現在は教授となり作詞作曲の指導もしている。


※人生どこでチャンス拾うかわかんないですねぇぇ(^◇^)

●どうぞこのまま
http://www.youtube.com/watch?v=fodRhY21Xo8

コメント

猫田☆ゆみさん

2013年09月23日 00:18

ken☆さん

笹みどりってなんといっても三味と〜踊りは〜ですよね(;'∀')
お顔立ちが寂しそうですが歌はなかなか力強くうまいですよね!
貼り付けたURLではそんなにかすれてもなくてこんなに歌うまかったんだなと。。

脳の病気嫌です。。
物忘れ?恋をして脳を活性化させてください(笑)

ken☆さん

2013年09月22日 10:03

むか〜し昼1時台の昼メロの主題歌によく笹みどりの主題歌が使われていたんだよね。

あのかすれた悲しぃ声がメロドラマの「不幸な悲哀な女」にピッタリなんだな(笑)



脳の病気はいやだね、、        (このごろ物忘れが・・・ハハハハ・・・・)

猫田☆ゆみさん

2013年09月21日 22:29

猫のプーさん

いやぁほんとに人の生命の神秘というか、笹みどりさんにはビックリです!(+_+)
丸山圭子さんの隣の患者が次の仕事のきつかけくれたってのも
何かのお導きとしか言えませんよねぇ

がんばって生きていたらなにかご褒美くれるんですかね、神様も(^◇^)

猫のプーさん

2013年09月21日 21:04

φ(゚Д゚ )フムフム…
スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

人間、どこでどうなるのか、解らないものだね。

ご立派。φ(・ェ・o)メモメモ