趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

SIZMA Art 30mm f1:1.4 をOM-D E-M10 Mark IIIで遊ぶ

SIZMA Art 30mm f1:1.4 For NIKON(G)レンズをOM-D E-M10 Mark IIIにアダプタ経由で付けて遊んでみます。

このレンズは絞り環が付いていません。
当然MFになりますので、絞りはアダプタに付加されているリングで可変することになります。
しかしこれが分かりづらい!?

リングには「OPEN←→LOCK」の刻印が。
実際にリングを回してレンズの絞り羽の動きを見てみると、OPENでは絞り込まれ、LOCKでは解放になります。
逆じゃないの!?

どういう意味でこの刻印なのかは皆目見当がつきません。
実は他のメーカのものも同じ刻印が多いのです。

更にノッチが無いので、絞り値は目見当です。
全閉と開放は簡単に設定可能ですが、途中の絞り値は適当になります。
OM-D E-M10 Mark IIIではファインダーを覗いていれば全閉か開放かは画面の暗さで分かりますので、問題ないと言えば問題ないのですが・・・

今どきのAFレンズを無理やり使おうとするからこういう不便なことになるのですが、もう少しいい方法はないものでしょうかね?

コメント

湘南西風さん

2018年11月03日 20:52

こんばんは

私は何故かキヤノンのレンズはL39マウントの135mmMFレンズが一本だけ手持ちにあるだけです。
基本的にはオールドレンズはMFのものばかりで、海外製、国産など色々なメーカのものを集めては楽しんできました。

AFレンズは、「これも楽しめるかな!?」というところから、アダプタを買っては実験的な感覚で使ってみています。

あまり手を広げ過ぎてしまうと収拾がつかなくなってしまいますので、いまのところはM4/3マウントとSony Eマウントに限定してアダプタを揃えています。
それでも手持ちアダプタはニ十個を超えているでしょうか。

レンズもスプリングカメラからレンズを取り出したり、引き伸ばしレンズを改造したりと、どんどん深みにハマってしまっています。
この辺で軌道修正しないととんでもない沼に入り込んでしまいそうです。

大人しく、オリンパスに回帰したほうが無難ですね。

年寄り人さん

2018年11月03日 16:15

今日は
私もE-M1にアダプターをつけEFレンズやFDレンズで遊んでいます。
アダプタ-での絞りの操作は難しいですね周辺減光が生じたりいろいろ不都合があります。
でも上手く撮れた時は自己満足が・・・
AFでないオールドレンズを使用して遊んだほうが満足感を私は感じます。
昔数十万円のレンズを数千円叉数百円で手に入れて楽しむワクワクです。
FDレンズ、OMレンズはよく写ります。
アダプタ-も数百円~からで手に入ります。