趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

はじめまして

7月の末からシュットットガルトに10日間行ってきました。
地下鉄が至る所に走っていて、地下鉄地図があれば市内はどこでも行ける感じ、
よかったのはボーデンシーのマイナウ島、テュービンゲン、ホーエンツォレルン城、ルートヴィヒスブルク、ベンツ博物館、市内のお祭りなどです。
気候も良くてなかなかでしたよ。

ただ、ドイツ語は全くダメで、しかも頼りの英語が聞き取れなくて苦労しました。
W,D,B,Zなど意識しないとだめですね。やっと最後のほうでコミュニケーションが取れだしました・・・

コメント

ブルースカイさん

2013年10月08日 23:00

>ローテローザさん

ドイツに5年もお住にになったのですね。
研究者さんでしょうか・・

シュツットガルトはゆっくりしましたが、北ドイツとかには行ってません。

英語力が弱くて最初は会話も苦労しました〜

速度無制限のアウトバーン、車も性能がいいのでしょう。楽しかったです。
ベンツ博物館も日本語案内があってびっくり。

ブルースカイさん

2013年10月08日 22:55

フッサさん、キャンプもしたんですね。
いいなあ、本当にドイツを堪能できて。
フッサさんはドイツ在住ですか?
今度は60歳になったら、妻とゆっくり行きたいと思ってます。
いいところ、教えてくださいね。

ローテローザさん

2013年09月01日 21:12

ブルースカイさん、はじめまして!
15年以上前ですが北ドイツに5年間住んでいました。
シュツットガルトだけで10日間とは、随分ゆっくり出来たでしょうね。
ベンツ博物館はかなりの時間をかけて周ったのを覚えています。
あの頃はまだ若かったので、アウトバーンを220キロの速度で走り抜いたのを
思い出します。
ドイツ人は当然ドイツ語が話せると思って話しかけてきます。
私が記憶する所では、90%以上の人が英語が話せたように思います。
ドイツ人の話す英語は分かりやすいと思いましたが、なまりがあったのでしょうかね^^

りーべちゃんさん

2013年08月31日 12:27

うつろに覚えているのですがアイスクリームを食べた後観光船で皆で島にそうそうこんな船でしたよ♪ 船から降りてからは何も覚えてません(悲)。。。でもキャンピングも楽しかった思い出です。

ブルースカイさん

2013年08月31日 11:19

>フッサさん

はい、スイスとの国境、ボーデン湖です。庭園が素晴らしいフリードリッヒ1世のマイナウ島に行きたくて、アウトバーンを2時間飛ばして連れて行ってもらいました。
期待通りの素晴らしい景色、庭園でしたよ。

ブルースカイさん

2013年08月31日 11:11

>孤兎さん

シュトゥットガルト大学に行かれたんですね、すごいな〜。
吊構造の橋が多い、あまり意識になかったけど・・そうなんですね。
とにかく古い建造物も多く、きれいな街でした。

ブルースカイさん

2013年08月31日 11:05

>LH471さん

拍手とコメントありがとうございます。
発音、文字には最後まで苦労しました。帰りの飛行機でフィリピーナと会話し、なんと聞き取りやすい英語なんだろうと感激しました(笑)

ウエールズドライブいいですね。今回は運転する機会はありませんでしたが、アウトバーンの速度無制限には感激しました・・ちょっとこわかったです。

りーべちゃんさん

2013年08月31日 10:56

ブルースカイさんこんにちは〜
ボーデンゼー 3か国にまたがれた湖ですよね。私も子供達が小さい頃ミュンヘンオリンピックパークの知くに在住。その頃ドイツ人の甥と姪にボーデンゼーでのキャンピングカー生活をしてみないかと誘われ9人でボーデンゼーに1週間滞在しました。全てが新体験、そこを拠点にあちこち見物して歩いた記憶が懐かしく蘇ってきました。 ボーデンぜーに住んでいた主人のお兄さんも他界し、この間のドイツ訪問は少しさびしい時でしたが。そうそう、OH471さん、ウェールズ行かれたのですね。私も全く通じず苦労した思い出があります。 早くドイツ語上手くなりたいです。

孤兎さん

2013年08月30日 16:47

シュトゥッツガルトには有名な大学(シュトゥッツガルト大学)があって、ここの教授だったフライオットー博士が、ミュンヘンのオリンピックスタジアムを設計をしました。
ケーブル構造を巧みに使い、吊構造の建物です。 このため、ドイツには吊構造の構築物が多く存在します。
多分街中でも、ケーブルの橋等が多くあったと思います。 アウトバーンに架かる橋もケーブルで支えられている綺麗なフォルムの橋もあります。
若い時、ドイツ語はおろか、英語もろくすっぽ話せないのに、単身ドイツに旅行し、無謀にも知り合いを訪ね、シュトゥッツガルト大学を訪れ、講義を受けた後、建築の見学を行った思い出がある地です。
今では、大分変わったのでしょうね。