趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

離婚のおかげ

うつ症状が一番出ているときの事は、今ははっきり覚えていません。お酒もかなり飲んでいたようです。

後から、息子がそのためにおかしくなり、買っていた猫を殺そうとしたり、私を殺そうと考えていたり、私と同じ姓を名乗るのを嫌がっていたと妻から聞きました。

2度休職をし、3度目はなく、上司から退職を勧められ、なんだかよく分からないまま(鬱状態のため)「はい」と返事をしてしまい、退職。それが10月、仕事がない分ストレスもなく少し良くなるも何とか働かなければ、4月には、派遣の仕事をスタート何とか10月くらいまで勤めましたが、またまた鬱のため出勤できず、首。

そこで今後どうするか妻に詰め寄れ、別居を決意。しかし、それでは収まらずに離婚に進む。それが2月。慰謝料・養育費の代わりに家を妻に譲り、私は一人アパート暮らしをするようになる。

仕事も4月から又始めたが、思わぬ病気治療のために手術をしたのがストレスになり、6月で首。
思い切って、来年度まで休養することに決める。

それからは鬱の症状がどんどん軽くなる。弟夫妻と話したところ、離婚して良かったのではないかと言うこと。見ていて妻が一番のストレス源に見えていたと言うこと。確かに気が楽になった。結婚自体が勢いでしたようなもので、お互いのことが何も分かっていなかった。食べ物、習慣、癖などことごとく妻とは合わなかった。それがなくなったのでとても楽になった。

病気の本性もその頃から見え始め、鬱の根底にはAC,共依存があり、そこからうつ症状・アルコール依存が出てきていた。そのため、今はアルコール異存も無く、時々不安が強くなるので安定剤と眠剤を毎日服用し、生活を規則正しいものに整えていくのが治療。

ただこれだと一人アパートに籠もってしまうので、思い切って趣味の釣りを出費覚悟で再開する。それも釣りコミュの仲間とやったり、一人でやったりと自由気ままにとにかく外に出て、船に乗り大海原に出るようにする。これは最高のリフレッシュ。それ以外にも年齢限定の遊ぶのを目的としたコミュに参加。オフ会に出始める。まだ1回しか出ていないけどこれもすばらしい仲間との出会い。

経済的な心配、アパート住まいという終の棲家のない心配、再度就職出来るかと心配事はあるが、自分では良い方向に向かっていると信じている。

コメント

抜天さん

2013年08月11日 22:31

Rennさん

専門家の方でいらっしゃるのですね。
失礼ながらリサーチさせて頂きました。

このコミュニティは初代の管理人さんが立ち上げられたもので、その方の状況がちょっと悪くなったので軽い気持ちで引き受けてしまいました。

もちろんその方のコミュ立ち上げの初志に賛同してですが、鬱のコミュは結構一杯あるんですよね。
中にはきちんとオフ会でミーティングを行っているところもあるように思いますが、ここは普段不安と
鬱に苦しんでいる方が少しでも、心を和めるための場所になれば良いというものです。

ですから治療的な事は何もしていませんし、オフ会を計画していますがなかなか実現せず2回も流れています。それでもしつこく何とかオフ会を実現したいと思っているのは私と数名の方のようです。

私はまだ一回しか参加していないのですが、楽しむことだけを第一に色んなイベントを計画しているオフ会があり、そこではお金がある人も現在無職の方も私もそうですが、とにかく楽しんでいます。

そういう楽しむ事があると言うことを知って貰いたいからです。ですが、心に病を抱えた方のレベルは様々であり、家から出られない方もいれば、頑張って仕事を続けている方まで様々です。

そしてどうして良いか自分でも分からない方も多くいると思います。そういう方に楽しむ事を、心和む場があることを知ってもらえれば、少しでも良い方向に向かえるのではないかと思って、オフ会を開催したいと思っています。

中にはトピックを通じて知り合って、お互い連絡をしている方もいれば、ただ見ている方もいると思いますがそれで良いと思っています。

管理人としては、コメントの中で治療活動をしようとする方や宗教的な事を持ち出す方にはご遠慮願うようにしているだけです。

実際このコミュはトピックも少ないですし、これで良いのかと思うこともありますが、何せ自分自身が心の病を抱えているので無理はしないようにしています。

こちらこそ是非ご助言等頂きたいと思うのが本音です。

時々立ち寄って眺めて頂き、何かありましたらコメントをお願いしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Rennさん

2013年08月11日 21:14

ご自身の厳しい体験がありながら、多数のかたが参加される立派な
コミュニティを管理されていることに、同じようなコミュニティを
ほんの少人数で管理している立場から尊敬します。
私のささやかな活動の中で、なにかお気付きのことでもありましたら
ぜひとも助言を頂戴したく存じます。
これからも、よろしくお願いいたします。
わたしの素性の一部は、
松尾秀人 うつ病  とか
松尾秀人 内閣府 
などのネット検索で、多少なりともご覧いただけるかもしれません。

抜天さん

2013年08月11日 19:23

Rennさん

アドバイスありがとうございます。

私の夢と言っても大したものはないんです。自分で言うのもなんですが、高級な車も大きな家も地位も肩書きも欲しいとは思いません。

やりたいこと(今は釣りと気のあう仲間と遊ぶこと)が出来れば良いんです。

それとついの住み家を手に入れること。人に迷惑をかけずにあの世だかどこだか知りませんが、この世から去れることです。

そのために最低限必要なお金があれば、それで良いんです。何億もいりません。

妻とのことは自分が悪かったと謝罪の気持ちだけです。彼女の人生を私のために使ってしまったような気がします。それだけは後悔しています。もっと慎重であるべきでした。

「過去と他人は変えられませんが、未来と自分は替えられます。」まさにその通りです。

鬱の酷いときは死ぬことばかり考えていましたが、死にたいと思うものはなかなか死ねず、なぜかそうで無い者が病気やら何やらで先立ちます。替わってあげたいですがそうも行きません。

今も友人が癌の再発を告げられ、何週間後には入院かどうかと言うのに、その前に日帰りでも旅をしようかと私を勇気づけてくれます。

もっと自分を大切にしなければとつくづく思います。

なんか話しの流れが乱れて来ちゃいました。きっと言いたいこと、知って貰いたいことが沢山自分の中にあるのを今までうちに秘めて出さなかったから、今になって漏れ始めているんですね。

きっと出し切ればもっと楽になると思います。この世を去れるまでは精一杯生きるしかないですね。

そして【未来と自分は変えられる】を信じてやっていきましょう。

Rennさん

2013年08月11日 18:57

壮絶な人生を送ってこられたのですね。
=過去と他人は変えられませんが、未来と自分は変えられます=
私が、カウンセリングや講演会で、常にみなさまに提案している言葉です。
これから先に、きっといいことが待っていますから、
夢を持ち続けていただきたいと、気持ちだけでも応援します。
末は教育長か文部科学大臣か・・・
これから先も、その夢も大事にしていってください。
「こんごどうするの・・」UTUで詰め寄られる気持ちもわかりますが
その前に、人様のつらい状態やつらい病気への理解があれば、
いっしょに病を克服して、穏やかな生活になることも
可能なはずなのに・・、残念なことです。
人としての在り方の基本でもあります。
私も同じ言葉を妻と娘からもらいました。
たとえようがないほどに奈落の底に陥ました。
そのあと10日ほどは、水だけのどん底。
生まれて初めて血を吐きました。
(そのあとは、支援してくれましたが・・)
お連れに理解してもらえなくて、辛かったですね。
【未来と自分は変えられる】
お互いに、合言葉にしたいものですね。

あちゃみさん

2013年08月11日 18:41

抜天さん。

抜天さんは若い頃からはっきりとした目標をもっていらしたのですね。

私はどちらかというと目的のないふわふわとした生き方をしてきて
後になって挽回しようと頑張ってしまって身の丈に合わない自分を
演じてクタクタになってしまった気がしてます。苦笑

でもなぜでしょうか?最近、本当に楽になってきてます。
ずっと書き込みするパワーもなかったんです。

抜天さんは見えないパワーを沢山もっていらっしゃいますね。

抜天さん

2013年08月11日 16:52

あちゃみさん

コメントありがとうございます。人生色々です。30代の頃思っていた計画では今頃、校長か、都庁の教育委員会にいて、順風満帆の人生のはずでした。職業ばれちゃいましたね。

でもまだ50代これからまだ先は長いです。死にたいと思うこともたびたびですが、そういう人間に限って病気になってくれない!

だったら、しかたないですから何とか楽しんで人生送るしかないですよね。難しい事ですが!

自殺は難しいし、これはその人に与えられた寿命次第です。

あちゃみさんは調子どうですか?良くなっていると良いのですが!

あちゃみさん

2013年08月11日 16:19

抜天さん、こんにちわ♪

これまでいろいろなこと沢山乗り越えて来られたんですね。。。
鬱の症状が軽くなってきて本当に良かったです。