趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

Cover on Prog Rock #3 〜 Yes / Yesterdays

第3回目の今日ですが、前半に大御所に登場して頂くって事でYesを行きます。

第1期のラインナップでは、何曲かカヴァーがありましたが、
Steve Howeが加入してからは、ほぼオリジナル・オンリーになりました。
そんな中、アルバムは大曲指向でシングル・カットが出来ない事への対策か、
シングル用に取り上げたのがSimon & GarfunkelのAmericaでした。
とは言っても、Yesの事ですから元(?)は10分以上あって、
シングルはそのエディット版となっています。
元のバージョンは、初期作品のベスト盤であるYesterdaysに収録された事で
陽の目を見る事になりました。
コミュのシンボルはこのYesterdaysのジャケットです。

(Yes)
http://www.youtube.com/watch?v=EReWi009IL4

(Simon & Garfunkel)
http://www.youtube.com/watch?v=r0mHDWw4V68

改めて聞いてみると、生々しいメロトロンが聴けたり、やっぱりYes版やなぁ〜と♪

コメント

マロネさん

2013年10月12日 12:22

cryefiaさん:

はじめまして&コメントありがとうございます。
私も全盛期のプログレをリアルタイムで知らない世代ですが、
今後とも気軽にコメント頂ければ幸いです。

cryfiaさん

2013年10月11日 17:26

懐かしいです。
wikipediaを見てもリアルタイムのプログレを知らない世代が勝手に分類してしまってるんで何がなんだか収拾がつかない状態だけど流石にこのあたりは王道のプログレです。
オリジナルの「アメリカ」を聴いて育った人間としては違和感丸出しですが本来カヴァーとはこういうものという見本に仕上がってます。

マロネさん

2013年09月12日 23:28

Janisさん:

いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
これで次回以降も続けられる気力が湧きました(^^;

書こうと思えばマニアックな事も書けるのですけど、
それは後半のお笑い編(!?)に取っておくとして、
まずはメジャーなプログレ・アーティストが、
メジャーなアーティストのカヴァーをって事でやってますので、
純粋に原曲との対比を楽しんで下さいませm(_ _)m

Janisさん

2013年09月12日 23:10

2分過ぎにやっと知ってたメロディが!
AmericaがYesカヴァーになると
まるで別の曲みたいです♪ 
S & GのAmerica...
I'm empty and aching〜〜のこの辺りの訳も。
面白そうな映画「あの頃ペニー・レインと」。。。
マロネさんの選曲は聴くだけで充分楽しめてます。
が、それだけでいいのかしら^^;