趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

Cover on Prog Rock #5 〜 Nice / Nice

第5回の今日も大御所の登場で、しかもオリジナルに関しては
コメント出来ないシリーズでございます(>_<)

Keith EmersonがEL&P以前に率いていたNiceが、Tim Hardinの
Hang On To A Dreamをカヴァーしています。
私はこの曲でTim Hardinを初めて知ったので、彼について語れる事は
何もありません(>_<)
アメリカのフォークシンガーで、若くしてこの世を去った方だとか...。
本人はあまりヒットしなかったようですが、彼の作品のカヴァーは多いみたいです。
ロッド・スチュワート、エルヴィス・コステロ、etc...。

(Nice)
http://www.youtube.com/watch?v=0iCPrKTdPHM

(Tim Hardin)
http://www.youtube.com/watch?v=IUujkQRTDW8

聴き比べてみると、Keithのピアノを大幅にフィーチャーしたり、
コーラス隊を導入してゴージャスになっていますが、実は割とまんまだったり
しますね(^^)

では皆さん、良い3連休を♪

コメント

マロネさん

2013年09月25日 23:27

Janisさん:

コメントありがとうございます。
忠実に訳すと、夢にしがみ付くって意味になるので、
何かなぁ〜と思ったかどうかは分かりませんが、
当時の邦題は「夢を追って」でした。
皮肉な事に夢を追ったキースは、ナイスと袂を分かち、
EL&P結成に向かって行くのでした。

Janisさん

2013年09月25日 20:36

確かにそのまんまですね^^/
Hang on to a dream .
この題名をかってに訳して
夢をつかむ....夢にむかって頑張る...かな。
1968年この頃のキースはそう!
キースのピアノが心をいっぱいにする。。