趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ツクモグサ

本州では八ヶ岳の横岳と白馬岳にしか咲かない貴重な花です。今、横岳では丁度花期ですが、今年は残念ながら行けませんので過去の写真で思い出に浸ります。

白馬岳の方は雪融けが遅い関係で、もう少し後に咲きますが、梅雨時でも有り、見るのはなかなか大変な花です。

オキナグサに近い花ですが、一度見ますと、その可愛らしさにノックアウトされ、険しい横岳に何度も向かう事になります。

岩壁や人が近づけないような険しい斜面に咲きます。陽が当たらないと開いてくれません。

コメント

山風さん

2021年06月01日 20:02

山ちゃんさん、青いケシ、所謂メコノプシスはヒマラヤから中国の雲南省の高山の花で、日本には元々有りません。日本で栽培するには高地か冷房温室が必要です。
大鹿村の中村農園へは二度程行った事が有ります。ここはメコノプシス・グランディスがメインでしたが、黄色のメコノプシス・カンブリカも少しですが有りました。ベトニキフォリアも有った筈ですが、あまり記憶に有りません。残念ながら昨年同様、今年も休園との事です。
塩見岳を始め、南アルプス中部の山への登山口の大鹿村へは何度足を運んだか分かりませんが、今リニアの工事と昨年の大雨の影響で道路が至る所で通行止めになり、悲惨な状況です。

山ちゃんさん

2021年06月01日 11:30

山風さん、
『本州では標高2800m前後の高山にしか育ちませんので、…』
青いケシの花は...
長野県下伊那郡大鹿村の「中村農園」は、標高1500mの大池高原にあります。幻の花「ヒマラヤの青いケシ」の露地栽培をしている数少ない農園で、2009年には、その数は5000株以上に達し、国内随一の規模といわれます。

山ちゃんさん

2021年06月01日 09:07

山風さん、
青いケシの花、日本の高山でも咲いているのですか…?
井頭公園の温室の一画のクーラー室で育っています。
栃木県の塩原の奥、上三依の水生植物園でも見た事がありますが、クーラー室ではなかったですが…?花を移植…?

山風さん

2021年06月01日 05:35

年寄り人さん、高山植物の中でも開花が早く、ルート上に残雪が有ったりで、その場所に行くのは危険も伴いますので安易にお薦めする訳には行きませんが、魅力の有る花ですね。

山風さん

2021年06月01日 05:29

はしびろこうさん、本当にユニークな花で、花としては決して美しい色とは言えませんが、その可愛らしさは圧倒的です。花の咲き始めは株の部分は殆ど見えませんが、次第に葉の部分が育ってきますので、花の終る頃には違った姿になってしまいます。
写真は白馬岳のツクモグサですが、花の終わりの状態です。

山風さん

2021年06月01日 05:21

山ちゃんさん、栃木県真岡市の井頭公園の花がどのような花か分かりませんが、この花は本州では標高2800m前後の高山にしか育ちませんので、平地で栽培するのは難しいと思います。

山風さん

2021年06月01日 05:18

すずめさん、福寿草と同じキンポウゲ科ですから似ていますね。

年寄り人さん

2021年05月31日 22:38

山野草大好きです。
珍しい花を拝見でき参考になりました。

山ちゃんさん

2021年05月31日 21:33

高山植物は素晴らしですね…自然の中で風雨雪にさらされて…
何か所か、山に登ってお花畑を見に行きましたが。。。
栃木県真岡市の井頭公園のこのような花も…?

すずめさん

2021年05月31日 21:24

初めて見たと思えば高山植物なんですね、福寿草みたいな咲き方ですね。

山風さん

2021年05月31日 19:35

ゆー坊さん、本当に可愛い花で、これを見に大勢の人が登りますが、写真のように、こんな所を登り降りしなければなりません。特にこの年は雪が残り、ここを降りるのは困難を極めました。