趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

バイオリニストと奥歯 フルーティストは前歯

奥歯が欠けた。
こんな書き出しで、バイオリニストの千住真理子さんのコラムが昨日の日経新聞にありました。

千住さんは、一般的なプロ音楽家とはかなり異なる経歴をお持ちです。
まず音大に行ってません。
幼少のころからバイオリンを習ってはいましたが、あまり練習をしなかったそうです。

ところが10歳のときから急に頭角を現し、日本国内ではありますが音楽コンクールに立て続けに優勝したりします。
そして、12歳でNHK交響楽団と共演してプロデビュー、17歳でパガニーニ国際コンクールに最年少で入賞(4位)という快挙を果たします。
こんな人を天才というのでしょう。
音大になど行く必要なかったのです。

それで、冒頭の話題です。
バイオリニストは、演奏中に奥歯をかなり強く噛みしめることがあるというのです。
スポーツ選手なども、瞬発的な力を要する時には奥歯を噛みしめるそうです。
バイオリンも同じなのですね。

バイオリンは、鎖骨と顎の骨で挟んで演奏します。
なので骨伝導で音が体中を駆け巡り、人それぞれ音色が異なるのだと千住さんは書いてます。
さらに千住さんは、肩当てを使わない奏者です。
(首の長い奏者は、特にこの肩当てがないと楽器を支えられません。)

身体が楽器となる点では、歌手と同じだとも述べてます。
そんな訳で、歯もその振動を伝える重要な役割を担っているのです。
昔からなじみの歯科医師に、奥歯を治療したら音色も変わるといわれ、いろんな材質の歯を試して音色の研究をしたいと結んでました。

一般的には、身体や楽器の調子が変わって音色などに変化をきたすことを嫌がる奏者が多いのですが、千住さんはその辺りが違うのですね。
変化を厭わない、新たな事にも果敢に挑戦するのその姿勢が、やはり天才の所以なのでしょう。
千住さんのバイオリンの音色が、どんな風に変化してゆくのか楽しみですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ちなみに、私は前歯二本が差し歯です。
20代のころ転倒して上の前歯を折り、その時に差し歯にしました。
直後は、フルートをまったくと言っていいほど吹けませんでした。

50代になったとき、経年劣化で一方の差し歯が欠けました。
それをきっかけに、両方とも差し替えました。
その時も、しばらくの間フルートの吹奏感が変わり、もしこれがプロだったらとゾッとしました。
管楽器奏者にとっても、歯は命ですね。

コメント

Numaさん

2013年08月25日 09:19

池面(イケちゃん)さん
コメントありがとうございます。
治療法がないそうですね。絶望的です〜 (涙)
命には関わらないとはいえ、何かと不便ですし、痛いです…

池田面三イケちゃんさん

2013年08月25日 08:55

横レスですが、へバーデン結節はなりやすい体質(因子)をもった人に加齢が伴ったときに発症します。命に関わったり重大な機能障害を発生したりすることはないんで整形もあまり治療はしません、お大事にしてください。

Numaさん

2013年08月25日 07:14

modokeyさん
おはようございます、コメントありがとうございます。
入れ歯でも、まだまだ吹けますよね。
差し歯の一つや二つ、頑張ります〜! (笑)

Numaさん

2013年08月25日 07:13

ゆきちゃん。さん
おはようございます、コメントありがとうございます。
そうですね、年取ると些細なことが大きな事故につながります。
私も、事故ではないですが、このごろ左小指にヘバーデン結節と思われる瘤ができてきて、非常に痛いです。
フルートはまだ大丈夫ですが、ギター弾けません… (涙)

modokeyさん

2013年08月24日 22:16

小生73歳、上の歯は入れ歯です。ハ、ハ、ハッ。でもフルート頑張っています。