趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

合成によるノイズ除去法

技術の進歩により、高感度時のノイズ低減が進みくらいところでも写真が取れるようになりました。左の写真はテスト用にiso12500で撮ったものです。感度が良くなったとはいえ暗い部分や背景のボケ等にノイズが載っているのがわかります(拡大図)。

そこで星の写真を撮るときのテクニックを応用してこのノイズ低減に挑んでみました。

方法は簡単。まず、連写モードで数枚程度写真を撮るのがミソ。もちろん手持ちでOK、というか三脚があればiso感度を上げて撮る必要はそもそもありませんが・・・^^;;

撮った写真をぶれを補正しながら合成(2枚の平均値合成。GIMPには平均値加算がないので透明度50%にして合成)を撮った枚数分繰り返します。右の写真は5枚この方法で合成したものです。合成前に比べてノイズが低減しているのがわかります。

この方法なら暗い所でも三脚なしでクリアな写真を撮ることができそうです。

コメント

アヒルさん

2013年09月02日 08:47

docMMさん

出来るか如何は、疑問ですが・・・試してみます・・

docMMさん

2013年09月01日 16:25

> アヒルさん

よかったよかった。
習うより慣れろ、ですから、いろいろいじって遊んでみることが大切です。
面白い作品ができたらUPしてね。

アヒルさん

2013年09月01日 15:27

docMMさん

あちこち探して、タブの追加から見つけ出しました・・(^v^)

アヒルさん

2013年08月31日 16:45

docMMさん

有難うございます・・・よろしくお願いします・・
興味は有るのですが・・ソフト使い方が難しいですね・・・レイヤー自体が分かりませんでしたから・・(*^_^*)

docMMさん

2013年08月31日 11:25

> アヒルさん

わからないことがあればなんなりと。
とはいっても、わかることしかお答えできませんけど^^;;

アヒルさん

2013年08月31日 09:23

docMMさん 

有難うございます・・探してみます・・
今パソコンが、修理に出ていますので、このパソコンでは分かりませんが、修理が終わってから、探してみたいと思います・・

こうして、少しづつ教えていただいて、レタッチを、楽しめるように成れると嬉しいですね・・
これからも、よろしくお願いします・・・

docMMさん

2013年08月30日 09:42

> アヒルさん

状況がよくわからないので的を外しているかもしれませんが、
GIMP画面の右端か、もしくは別の画面(窓)にこの図のような画面がありませんか?
なければ、別のタブが開いているかもしれません。
赤丸で囲んだ絵が付いているタブを探してそこをクリックすると、この画面が現れるはずです。

アヒルさん

2013年08月29日 15:52

docMMさん 

昨日ね、教えていただいたページと睨めっこで、してみていたのですが、その時に・・レイヤーの 目 のマークが付いた 物が出ていてそれを統合・・・その 目・・のマークが付いたものは見当たらず・・

その辺りから、わからなくなってしまいました、適当に描いた絵・・1枚はレイヤー3枚、の表示・・後2枚は、レイヤー1枚・・・??

さあこれからどうすれば良いのでしょう・・状態です・・(*^_^*)

docMMさん

2013年08月28日 10:05

> アヒルさん

レイヤの使い方がわかれば簡単にできますよ。
レイヤとは透明のシートを何枚も重ねたイメージ。それぞれのシート(レイヤ)に好きな絵を描いて(あるいは、写真を貼り付けて)全部を(あるいは一部を)合成すると、一枚の絵ができる仕組みです。

アヒルさん

2013年08月27日 16:44

合成う難しそうですね・・・(^v^)

docMMさん

2013年07月31日 15:58

GIMPで合成するときはレイヤの透明度を次のようにするとそれぞれの平均値で合成できます。

一番下 100%
二番目  50% (1/2)
三番目  33% (1/3)
四番目  25% (1/4)
五番目  20% (1/5)

以下 n番目 が 1/n × 100 %