趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「許されざる者」がすごい!

ずいぶん前にクリント・イーストウッドの主演で映画化された。

8月の暇な時にYouTubeで観てみたが、あんまりおもしろくなかった。

どうしてこんな映画がアカデミー賞?と思った。

許されざる者.png


この映画のリメイク版というので期待はしていなかった。

渡辺謙や佐藤浩市が出るというので、こりゃあ!観なくっちゃということになった。

なにしろ、この二人は日本を代表する俳優だし、私の御ひいき役者だ。


映画は、明治初期の北海道開拓村を舞台にしている。

極寒の追跡劇から映画が始まる。

イーストウッドの映画の大西部が、北海道の大自然に。

南北戦争と西部開拓史が、明治維新と明治初期の開拓史に。

インディアンがアイヌに。

役者の設定や相互の関係、そして見せ場のシーンも全く同じと言っていい。

クリント・イーストウッド役が渡辺謙、ジーン・ハックマン役が佐藤浩市、モーガン・フリーマン役が柄本明という配役。

「よくぞここまで」というくらいのリメイクぶりだ。


しかし、しかしだ。

日本版「許されざる者」の方が断然いい。


始まってすぐに、「この映画はすごいぞ!」と思い出した。


その感覚が、終わりに近づくにつれて感動へと変わっていった。

おそらく歴史的な背景や自然、風土、文化、役者の演技(表情や間の取り方)が、日本人である自分に共感しやすかったからだろう。

渡辺謙や柄本明のせつない表情もいい。

佐藤浩市の憎たらしさも名優の域に達している。

渡辺謙が開拓村を出るシーンは、「風とともに去りぬ」に似ていた。


大人の映画鑑賞に十分耐えられる作品だった。

文句なしの5つ☆。

というより今年の日本映画のナンバーワンはこれで決まりだろう。

コメント

JBLさん

2013年11月01日 01:00

本日、見に行きました。
私には居眠りとあくびの連続でした。
観客はさすがに2名でした。

はるか08さん

2013年09月26日 20:35

渡辺謙の圧倒的な存在感で、見応えのある作品で楽しめました。
北海道の雄大な風景は素晴らしく圧倒されますし、アイヌの存在をストーリーに生かしたのも深みを増して良かったです。
キャストも良く、それぞれの演技も素晴らしかったです。

でも観終わった後、何か物足なさを感じたのはなぜでしょう?
思うに十兵衛の心の変遷が描き切れていなかったためか・・・。
まあオリジナル版は気にせず、単なる娯楽作品と割り切って観る作品でしょう。

田沼さん

2013年09月19日 20:47

どうぞ、皆さん!
ご自分で確認してみてください。
私の贔屓目かもしれませんので。
映画の良し悪しは、各自違いますもんね。

ふゆゆさん

2013年09月17日 12:14

試写会で見ました。 リメイクということで、はたしてどんなかんじかと思いながら。 渡辺謙さんは 雄大な北海道の景色の中での、存在感は さすがだと思いました。柄本明 その個性には この映画でのスパイスを。佐藤浩一 憎々しさが うまい! また、観たい作品だと思いました。

いろはさん

2013年09月14日 19:48

昨夜、イーストウッドの「許されざる者」を放映していたので見した。

お2方の感想がすごいようなので、見比べてみようかと思っています。

JBLさん

2013年09月14日 18:37

どなたか 早く感想を書いてくれないかなぁ〜と思っていたところでした。
早速ありがとうございます。

外国のそれもイーストウッドの映画を何処をどう手直ししたらリメイク版になるのか考えても分かりませんでした。 

月末までに予定を立ててみます。