趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

超高視野・高解像のアンドロメダ銀河 すばる望遠鏡快挙!

皆様 こんばんは☆
大ニュースです!

日本のすばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime-Cam (ハイパー・シュプリーム・カム, HSC)が、アンドロメダ銀河M31の精密な画像を撮影しました。
テレビでご覧になった方も多いと思いますが、
大きな画像をご紹介します。

アンドロメダ銀河は銀河の中では地球に近いため見かけの大きさが最大で、地上の大望遠鏡では一度に姿を捉えることができなかったそうです。
しかし、新しくすばる望遠鏡に搭載されたHSCは満月9個分の領域を一度に撮影できるため、今回の快挙となりました。
アンドロメダ銀河を超高解像・超高視野で一度に撮影した映像は、世界で初めてのことです!

本当に素晴らしいですね。

★すばる望遠鏡の記事でアンドロメダ銀河の写真をクリックすると、素晴らしい銀河が見られます!
すごいです(*^_^*)V

http://subarutelescope.org/Topics/2013/07/30/j_index.html

★NHKのアンドロメダ銀河映像のニュースです。
映像が美しかったです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130731/k10013437451000.html

*記事の中に、アンドロメダ銀河の恒星の数約1000億個とありますが、これは少なすぎる見積もりです。
 
恒星の数  WIKIPEDIA ,ASTROARTSより 
  天の川銀河     約2000億〜4000億個
  アンドロメダ銀河  約1兆個と見られています

写真1 今回公開されたアンドロメダ銀河  提供 国立天文台すばる望遠鏡
写真2 ハワイ・マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡       同上
写真3 マウナケア山頂の様子。すばる望遠鏡、ケック望遠鏡など 同上

コメント

アマービレさん

2013年08月02日 22:15

shuneさん こんばんは
230万光年も離れた銀河なのに、星々や星雲・星団などハッキリ見えていて素晴らしいですね!
本当に日本の技術力に感動します。
今後詳しい研究が行われるようです。

我が銀河だけでもこんなに☆があるのに、アンドロメダ銀河は推定1兆個!!!
宇宙全体なんて考えると、眠られません(^o^)

アマービレさん

2013年08月02日 21:50

プロトンさん こんばんは
大きな渦巻き銀河の中では、天の川銀河とアンドロメダ銀河は最も近い隣人なんだそうです。
光の速さで230万年・・・ウーン!途方もなく遠いですね〜(^o^)

ハッブル宇宙望遠鏡で、132億光年離れた天体を発見していますが。
・・・・・どれくらい遠いのか検討も付きません。
考えるとワクワクして来ますね☆

shuneさん

2013年08月02日 21:45

この映像は素晴らしい。アンドロメダ銀河の星々まで見えるのには驚かされます。ズームをかけるとはっきりと星が見えます。当初は、天の川銀河の星と思っていましたが、違いました。詳しく調査できたら、天の川銀河と違った世界が発見される可能性があるのではないかと思います。

宇宙にはこんな銀河が1000億以上あるのですから、宇宙の広大さに愕然とします。そうして、宇宙の星の数は、地球上の砂の数以上なのですから、想像を絶する世界ですね。

アマービレさん

2013年08月02日 21:43

くんたさん こんばんは
アンドロメダ銀河を見上げると、はるか遠くにある銀河がこんな風に見えているんだといつも感動します。
すばる望遠鏡の新しいカメラで捉えたアンドロメダ銀河の姿は、本当に素晴らしいですね!

今見えているアンドロメダ銀河の姿ははるかな昔、230万年以上前の姿ですね。
その頃猿人から原人への進化途上で、ホモ・ハビルスという最古のホモ属が人類の直接的な祖先ではないかと言われています。
そう考えると、宇宙の時間って悠久ですね〜!!!

最近になって、多くの太陽系外の惑星達が発見されています。
我が天の川銀河のほんの一角でも、もはや2700個以上の系外惑星候補が見つかっています。
我が銀河より3倍も大きなアンドロメダ銀河には、いったいどれくらい惑星があるのでしょうね。

プロトンさん

2013年08月01日 18:16

日本の技術力、凄いものですね。230万光年先の銀河というのが、一体全体???小さな頭のそのまた小さな脳細胞で思考してもはてさて見当もつきません。

くんたさん

2013年08月01日 17:11

アンドロメダ大星雲を秋の空に見上げる時 感動しますよね。

ちょっとした双眼鏡でもあの銀河の渦巻きを見ることが出来る隣の宇宙を見るとき
私たちの銀河のおよそ倍といわれる直径25万光年といわれ 40億年後には私たちの銀河系と衝突し 一つの大銀河になることが予想されているアンドロメダ星雲。

ロマンがありますね。

しかし 今見上げているのは 250万年前のアンドロメダの姿。
地球上は 石器時代といわれ 猿人の アウストラロピテクスや、エレクトス原人が出現したころで、伊豆半島が日本列島に衝突したことで 富士山が形成された頃の隣の宇宙の姿。

250万年前のアンドロメダには 知的生命体が地球に向けてメッセージを発していたかも知れないが、今 地球でそのメッセージを受け止めたとしても アンドロメダの文明が今存在しているかどうかもわからず・・・・

宇宙のことを考えると 寝れなくなりますね。

アマービレさん

2013年08月01日 11:56

einojoさん こんにちは
お久しぶりですね(*^_^*)

今回のニュースに、とてもビックリ!!!
素晴らしいアンドロメダ銀河ですね。
なんだか元気が出て来ました。
NHKニュースも貼リましたので、ご覧ください。

↑の富久ちゃんさんのコメにも書きましたが、すばる望遠鏡は一歩一歩改良され、進化してきています。
細やかな工夫も随所に!!!
人間ってすごいなあと思います。

アマービレさん

2013年08月01日 11:50

富久ちゃんさん こんにちは
すばる望遠鏡の新しいカメラは、ものすごい性能ですね〜☆
8億7000万画素・・・すごすぎてイメージが湧きません!
私のデジカメ1400万画素ですが・・???

富久ちゃんさんは流れ星まで、発見されたのですね!
これから探してみます。

日本の技術力の高さは、すばる望遠鏡の林先生から色々お聞きしていました。
お話を伺うまで私にはあまり詳しく分からない世界だったのですが、日本の科学技術力はなんて素晴らしいんだと感動しました。

また、すばる望遠鏡は作ってお終いじゃなく、より良い改良に向けて日々進化しているとも仰っていました。
すばる望遠鏡の天文学者や科学者が、もっとこういう風にしたいと新しい機器を開発しているんです!
今回の超広視野主焦点カメラもどんどん進化して、今の世界一のカメラに進化しました!!!
人間の創造力って、素晴らしいですね。

今後の5年間で、数億個の銀河を撮影していくそうですから、そちらも本当に楽しみですね(*^_^*)☆

アマービレさん

2013年08月01日 10:56

グッチーさん こんにちは
私もPCの待ち受けにしました(^o^)
・・・スマホじゃないんです。
広い範囲を超高解像度で撮影できるなんて、夢のようです。
今後たくさんの銀河を撮影する予定だそうで、そちらも楽しみですね。

einojoさん

2013年08月01日 10:42

素晴らしいですね!!

今朝の新聞(読売)でも紹介していましたよ♪
この大きさと、地球からの距離・・・・
気が遠くなるような、そしてとても身近な存在に思えたりもします。

アマービレさん

2013年08月01日 09:58

むつこさん
すばる望遠鏡、すごいですね!
超高視野カメラはどんどん進化して、今や世界一になりました。
これからの活躍が楽しみです(*^_^*)

富久ちゃんさん

2013年08月01日 08:39

アマービレさん、素晴らしい画像のUPをありがとうございます!
スバラシイですネ♪
今まで一部ずつしか見えなかったアンドロメダ銀河が、一つの画面で見ることができるんですネ。
計8億7000万画素を持つ巨大なデジタルカメラの開発、素晴らしい快挙ですネ。
指示どり画面を拡大して見ると、一つ一つの星達も色も鮮明に見えますね〜♪ 恐ろしく精密なカメラなのですね。 
赤や青、きれいな緑色の星も沢山見えます♪
アッ流れ星だ! 
赤い流れ星、緑色の流れ星も居る!

この開発には日本の企業も大きな力を発揮したようですネ。
浜松ホトニクス、キャノン、三菱電機、これらの会社の開発力のどれが欠けても、HSCの開発は成し得なかったそうですね。
はやぶさ帰還の時も我が日本の天文事情を誇らしく思いましたが、今回もわが日本の天文サイエンスに誇りと感動を覚えます。

これからもますますの発展が楽しみですネ。
私も長生きしなくっちゃです♪

グッチーさん

2013年08月01日 07:38

早速スマホの壁紙にしました〜☆ミ

とてもクリアーな画像で感激です(*^^*)

むつこさん

2013年08月01日 07:24

すばらしい!!

吸い込まれそうです。