趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

これ、日本が買いに行ったら、どんな反応をするだろう???

<<<中国、新型無人機の実物初展示…技術を誇示>>>

読売新聞 9月27日(金)9時23分配信

【北京=五十嵐文】航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が25日、北京で開幕し、中国企業が開発した新型無人機「CH―4」の実物が北京で初めて展示された。

 沖縄県・尖閣諸島沖の上空を今月9日に飛行した中国軍所属の無人偵察機「BZK―005」以外にも、中国が無人機開発を急ピッチで進めていることをうかがわせた。

 会場では無人機と関連装備を集めた特設コーナーを設置。このうち「CH―4」は、米国の無人武装偵察機「プレデター」に匹敵する性能を持つとされ、40時間の連続飛行が可能だ。機体下に空対地ミサイルの模型を並べ、搭載すれば攻撃用に使用できることも示した。製造元の担当者は「すでに外国の顧客が購入に関心を示している」と述べ、無人機による外貨獲得をめざしていることを認めた。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130926-00000584-fnn-int

<<<「北京国際航空展」に新型無人機 
              連続飛行時間は40時間にも>>>

<<25日、中国で開幕した「北京国際航空展」で、さまざまな航空機の模型が展示された。
注目を集めていたのが、中国の新型無人機「CH-4」。
中国メーカー担当者は「(開発目的は)主に偵察・監視用です」と話した。
偵察・監視用というものの、下には搭載可能とみられる誘導爆弾や、対地ミサイルの模型もあった。
軍事評論家の岡部 いさく氏は「CH-4は、攻撃能力があるようですけれども、その性能が公表通りだとすれば、最大の特徴は、やはり、連続飛行時間が40時間にも及ぶという点でしょうね」と話した。
中国の無人機といえば、9月9日、尖閣諸島沖の上空を飛行し、自衛隊機が緊急発進する事態になった。
この無人機の飛行時間も、24時間を超えるという。
岡部氏は「新型のCH-4を使うとすると、滞空時間が40時間といいますから、尖閣諸島の周辺でも、上空から長時間にわたって、情報収集・監視活動が行えることになります。そうすると、日本の海上保安庁の巡視艇などの動きも、中国側に筒抜けになってしまうわけですよね」と話した。
日本政府は、こうした無人機への対処を検討し始めたが、結論は、まだ先になるとみられる。>>

コメント

hideziiさん

2013年10月01日 01:52

場所によりますが、そうなるでしょうネ!!!

それで一気に戦争の決着をつけられないと、現在のアフガニスタンのように「泥沼のゲリラ戦」になりますから、アメリカはそれを恐れているのでしょう。

リンデンバウムさん

2013年10月01日 01:05

もし今、戦争が起こったとしても、中越戦争やソ連国境紛争のときと同じで、

兵器の性能が格段に違いすぎて・・・

ということになる可能性が高いということでしょうね。

hideziiさん

2013年10月01日 00:49

いまのところの飛行高度は、旅客機の飛行する高度くらいなので、技術的にはまだまだのようですネ!!!

外形については、「パクリ」ですから”応用”なんて・・・・・・

以前ある人のコメントに、「カメラの技術提携で中国に行っていたが、教えても、基本しか出来ず、応用したり工夫することが出来なかった」といってましたから、”デザイン”するなんて・・・・・・

みった〜まいや〜さん

2013年09月30日 17:51

パクリで 有人宇宙船まで作っちゃうだけのことはありますねぇ

プレデターやリーバーそっくりですね(あくまで外観ですが)

一応 デモンストレーションが出来るレベルであることは認めないと・・・
(まぁ 実用化は 別問題でしょう)

がんたろうさん

2013年09月28日 16:03

海保の巡視船にぶつけて「撃墜された」とか?爆

巡視船にもファランクスくらい積んで欲しいですよね。

リンデンバウムさん

2013年09月28日 16:05

兵器の精度は、民生用のそれの、数十倍から数百倍が要求されます。

つぎはぎの新幹線が大事故を起こすような技術水準で、無人機を日本の領海に落とすようなことが可能でしょうか?

hideziiさん

2013年09月28日 15:39

アメリカでは、無人機を「U2偵察機の代わりに使う積りだ」と思うのです。

アフガニスタンでの使用では、飛行高度が低いので実際に撃墜されていますよネ!!!

今の中国の無人機は、飛行高度も低くて日本の哨戒機に撮影されているくらいですから、中国は「これを日本の領海内で墜落させて、日本に因縁をつけ責任を負わせるのが、本当の目的でないか」と思えるほどです。

ようするに「開戦のキッカケを”無人機”で」と言う姑息な作戦だと考えられるのでは・・・・

hideziiさん

2013年09月28日 14:57

「空母」に大量に載せるほど、作成出来ていないでしょう、

中国が一番警戒していることは、「無人機操縦用電波の周波数を読まれること」だと思うのです。

だから、日本の「レーダー」が怖くて仕方がないのでしょう。


勿論、日本が買ったらその瞬間に「無人機」が「無力機」になるでしょうネ!!

リンデンバウムさん

2013年09月28日 14:59

全くムダでしょう。

偵察なら、衛星の方が安全で効率がいい。

戦闘機相手なら、一瞬で撃墜される。

地上からは地帯空ミサイルの好標的。

イージス艦には近づくこともできない。


第一、本当に有効なら、アメリカやロシアがとっくに実用化しているのではないでしょうか?

がんたろうさん

2013年09月28日 14:28

買ったはいいけどまともに飛べず(笑)

第三国の無人特攻兵器で終わりそう(^_^;)

尖閣に飛んで来たやつはECMで「不幸な事故」に・・・

でも「空母」に大量に載せてきたらちょっと怖い。

本当に移動目標相手に空対空、空対地攻撃できるのかな?