趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「性同一性障害「関連の映画のお知らせ

わたしはロランス
2012年撮影時23歳。カナダ人グサヴェイエ・ドラン監督が「性同一性障害」を通して愛を見つめる作品です。
舞台はモントリオール。高校の国語教師で小説家でもあるロランス(メルヴェイル・プポー)は、35歳の誕生日に愛し合っているフレッド(スザンヌ・クレマン)に告白します。
体は男性だが「女性として生きたい」と。
衝撃を受けながらも理解し共同生活を続けるフレッド。女装のロランスは街では嘲笑され高校は解雇に。
深く愛し合いながらもやがて別れざるをえない2人。
苦悩の末に、本当の自分らしく変貌を遂げるロランスが美しいみたいです。
音楽も色彩感も斬新で緩急自在の映画。
若い監督の才能に圧倒され激しく胸を打たれる作品のようです。

9月7日から東京、新宿シネマカリテで公演、順次全国で。168分

 http://www.youtube.com/watch?v=zDI4wbUKYh4


※ 僕自身も時間を見つけて観に行こうと思っています。
  又、この作品で少しでも理解の輪が広がっていくことを望んでいます。

コメント

コメントはありません。