趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今の時期の作業(8月)

今年は例年より早く梅雨が明けて暑い日が続き、水管理が大変だったでしょうが8月に入り注意期間も後一月と為りました。
私は今、相変わらず徒長枝の切り戻し選定を行いながら、4月に与えた肥料の交換をやっております。
4月に有機肥料である『マルタの玉肥』の大を2個づつお茶袋に入れて約3ヶ月与えて7月の暑い盛りに昨年までと違い、良く溶けていましたので心配に為り、外してしまいしたが、8月に入りましたので今度は『IB化成肥料』を与え、花物や実物には窒素分の入っていないリン分とカリ分だけの肥料を追加で与えました。
例年であれば4月の後は同量を7月中頃にもう一度与え、9月後半に今回の分量を与えて秋肥として最後にしますが今年は例年と違う環境ですので一回省きました。
6月から現在までの雨量と日照量の違いで木の生長が格段に良く、野天で管理している皆さんは私位の肥料量であれば十分にいけると思います。
今年は秋の展示会への出展を諦めましたので樹形作りに専念出来、外壁塗装による一時避難は私にとって大変良かったと思える結果でした。
ベランダへ返って来る時には思い切って数も減らし、少数精鋭管理に切り替える心算です。
来年からは展示会への出展を目的とした小品盆栽と数年集め続け観察していた椿の小品化に力を入れようと色々と妄想しております。
矢張り、私の施肥状況を見た人にも二通りの感想があり、『多すぎる!大丈夫か?』と言う人は痩せ作りで覚えた人で、逆に頭を切り替えられた人は『そうだそうだ』と言い嬉しそうにしております。
と言うのは其の方々は私と同じ目に会い、非難では有りませんが『肥料のやり過ぎでむちゃくちゃだ!』と言われ続けて来たようです。

コメント

コメントはありません。