趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日本語は世界で一番難しい

どこの国の人も言っているように「日本語が一番難しい」ことが判ります。

理由は世界で稀な声調言語だからです。
一般的にベトナム語は声調が難しい、と言われますが、ベトナム語は声調が全くありません。
複雑な発音が声調と間違えられますが、それらは漢字を区別するためのもので、発音の違いで漢字を選択しているのです。

声調の違いの例を挙げます。

平仮名で「もういっぱい」と書くと、日本人は判りません。
「もう、いっぱい」と言えば「もう、入りません」の意味ですが、「もう一杯」と言うと、御代わりの要求です。
声調の違いで、意味がまったく反対になるのです。

もっと厄介なのは「結構です」です。
「要りません」なのか、「思ったより良いです」なのか「大変良い」なのか、発音、声調に関係なく、区別ができません。
日本人はTPOで種別しますが、外国人には不可能です。

他には漢字の発音が連用、連体で発音が変わることです。
「意」は強音です。
「意図」「意思」がそうですが、「注意」「善意」の時は弱音です。
同じ漢字国でも、日本だけ異なるのです。
ベトナムでは「悪意」は「アック・イ」ですが、「イ」にアクセントが付きます。
しかし、日本では「悪」にアクセントが移行します。
ベトナムでも中国でも「意」の発音はいかなる場合でも強音です。
これも日本独特の声調なのです。

「異常」も同じです。
「常」が強音ですが、「発育異常」だとアクセントが変わります。
この時点で、外国人は「異常」と「以上」の区別ができなくなるのです。
これが日本独特の声調です。

ところで、こちらベトナムでは「みんなの日本語」は「悪書」扱いです。
ホーチミンの日系企業にお聞きになれば、みなさんこのようにおっしゃっています、

つまり、関西系の会話本だからです。
なるほど巻末を見ると、執筆者たちは関西の方々ばかりです。
「家」を「うち」、「きゃ」「ちゃう」、「じゃ」、「ちゃ」が多すぎます。
一般会話なら構いません。
日常生活において、たしかに日本人はよく使います。
しかし、外国人に教える時は避けなければなりません。
方言は方言なのです。
いくら丁寧語で括っても、丁寧ではないのです。
これは多くの「通訳心得本」に載っています。

関西弁は秀吉が名古屋から大阪へ居を移す際、官僚や商人達を大阪へ連れて行き公用語になりました。
私のご先祖様も伊勢の商人でしたが、大阪に移住しました。
だから「きゃ」や「ちゃ」は元来名古屋の「ぎゃ〜付く弁」なのです。

「うち」と「家」などのように、外国人には一つの言葉を2つも3つも教える必要はないのです。
まづ、一番正しいものを教え、できるようになったら、その都度教えていくことが大切です。
なぜなら「うち」は元来「内」であって、関西では「私」を表すのですから。

さて、「い」形容詞は元からあったものではありません。
「な」形容詞は名詞の後につけますが、「い」形容詞は元来は「き」形容詞です。
「悪しき」「小さき」「真白き」「美しき」などのように正式な形容詞は「い」ではなく「き」です。
これもよく外国人から質問を受けています。

また、日本人は「辞典」を「辞書」と言います。
さあ、皆さんのお持ちになっている「辞典」の表紙に「辞書」と書かれているでしょうか?
「英和辞典」「百科事典」「和仏辞典」etc.
どの辞典を見ても「辞書」という言葉は見当たりません。
「辞書」はあくまでも「俗語」で「造語」だからです。
私は「辞書」という言葉は生徒に使わせていません。
あくまでも「辞典」です。
これならベトナム人も中国人もすぐ判るからです。

コメント

ワコワコワコさん

2013年09月13日 23:10

もう関わる必要もないと思いましたが考え直して質問させて頂きました。

『日本語が一番難しい』と理由を純粋に理論的に証明して欲しいと申し上げている。
世界の優れた言語学者であったにしても、全世界の言語数を決定することすら出来ない。30,000語40,000語、或いは40,010語であるか誰にも分からない。
たとえ日本語が難しいとしても、全ての言語の数さえわからないのに、その曖昧さの中で『世界で一番難しい』と結論できる筈がない。

前回のコメントで次のように質問しています。たった一つの質問に対しての回答がない。
★『日本語は世界で一番難しい』と結論付けるからには、インドの言語を含めた世界の全ての言語と比較しての結果であることを先ず証明して下さいませんか。

「そうかな〜、とか、どうして?」と述べておられるが、「そうかな〜」と私が思う筈もなく、「どうして?」と同様な質問をラフな言葉ではなく、もう少し丁寧な言葉でしたつもりですが。

難しさが2番目でも、5番目でも或いは百番目でなく一番目であることの、理論的な証明を御願いします。

SaigonLadyさん

2013年09月13日 10:26

《貴方の日常会話レベルで可能とされる言語はたったの四言語に過ぎない。たった四言語だけしか知らないから、全ての言語との比較は無理と告白されるつもりだったのでしょうか? 》

ではあなたはそれ以上にできるのですね?

ほかのコミュでもこのような応酬がありました。
知ったかぶりと自己顕示欲で他人を非難する。
ましてその道で生活している人に対してです。

私は異論があるときは「そうかな〜、とか、どうして?」と訊ねます。
それが大人の質問です。

おそらく、あなたは上記の文面からして「声調言語」の意味すら知らないはずです。

私は客観的に「日本語は世界でい番難しい」と『言われている』ことをお知らせしているのです。
今までざっくばらんに述べましたが、その理由は数多くあります。
「助詞」もその一つです。
「を、に、が、と、の、へ、にて、から、より」日本人が平素、簡単に使っていますが、この助詞のおかげで日本語が一番難しいと言われています。
実際にはこれだけではありません。

外国語はウムラウト(複母音)や冠詞や名詞に性別がある、構文が国によって異なる、という課題がありますが、これらはすべてその国の特質で法則に基づいています。
それらは学習すれば習得できるのです。
しかし、日本語は「慣れる」しかないのです。
世界中の国語学者、言語学者の共通した意見です。

このコミュで他の方が見てますよ。
あなたの屁理屈はただ私を「知ったかぶり」とみなし、ご自分の考えを押し付けようとしているに過ぎません。

私の客観をあなたの主観で変えることはできません!

《貴方の再々コメントに対して更に申し上げるつもりはありません。悪しからず。》
前回も同じでした。
こういう方の決まり文句です。
そのコミュでは直後、たくさんの人から励ましの伝言が届きました。
「めげずに戦ってください」と言われましたが馬鹿馬鹿しくて退会しました。

今回は退きません。
あなたの「上から目線」的、「完全否定」的な文面は、コミュはおろか趣味人倶楽部には相応しくありません。

もっと大人になりなさい。

ご覧になっている皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
このような輩はどこのコミュにも存在します。
お気になさらずにご自分の思いのままをお気軽に投稿なさってくださいませ。

ワコワコワコさん

2013年09月13日 02:17

>まず、ご自分で確かめる事を薦めます。それから批判、批評を述べてくださいませ。

このような再コメントを述べられていらっしゃいますが、そこに貴方の甘さと過ぎた驕りが垣間見られます。真摯で冷静、そして謙虚な姿勢に徹して欲しいですね。
先ず人をして納得させるだけの、或いは完全でないまでも批判、批評されないような言葉で文章でコメントを構成されることをお勧めしたいと思いますが……。

世界の言語がいくつあるのかご存知ですか。例えば、インドで母語として話される言語だけでも方言を含めて1683 言語ある(Google 参照)と言われています。
『日本語は世界で一番難しい』と結論付けるからには、インドの言語を含めた世界の全ての言語と比較しての結果であることを先ず証明して下さいませんか。

貴方の日常会話レベルで可能とされる言語はたったの四言語に過ぎない。たった四言語だけしか知らないから、全ての言語との比較は無理と告白されるつもりだったのでしょうか? 
私は貴方の日常会話能力を問うたことは全くありません。そんなものはどうでもよろしい。また日本語は私にとって簡単な言語に過ぎません。それを自分で確かめる必要もありません。

貴方の再々コメントに対して更に申し上げるつもりはありません。悪しからず。

SaigonLadyさん

2013年09月12日 04:06

はっきり言って、自国言語が確立されていないのです。
例えば「形容動詞」なる珍奇な品詞が出回っています。
広辞林でも指摘していますが、「綺麗だ」は「名詞+断定の助動詞『だ』」であって、あくまでも形容動詞ではありません。
韓国の歴史のように在野研究家が専門職の方の論評を退け、ありもしない品詞を捏造した結果です。

ベトナム語と比較するのは日本語は古越語だからです。
日本の訓は独自と思われていますが、ベトナム語にかなりの共通が観られます。
日本語のルーツはチベットと最近では言われていますが、ベトナム族の発生の頃はベトナムは海の底で、アーリア人と隣接するようにチベット付近で発生しました。
巨大なメコンデルタはまだ存在しません。

逆に現在のベトナム語の文法は中国語の構文に変わりました。
日本語がウラルアルタイ語に属するのではなく、古越語民族が温暖期に暑さを逃れるため北上したためで、3年前のWHOの最新の遺伝子調査で、ベトナム遺伝子のFung族(フン族)がFungの国、Fung-aria(ハンガリー)を打ちたて、東に海伝いで渡来したのが縄文人というのはNHKでも特番でありました。
日本語もハンガリー語も文末完結型なのです。

しかし、そこへ新たな弥生人が為政者として日本へ渡来し、元来敬語や謙譲語を持たない日本民族に言葉の使い分けを強要したのです。
だから動詞の活用、形容詞の活用など、時代によって同じ言葉でも様々あり、他の国と格段に難しいのです。
例えば「大きい」という形容詞は造語です。
形容詞に本来は「い形容詞」はありません。
正しくは「大き」です。
「多き」と混同を避けるため形容詞のあとに「い」を足したのです。
人によっては「大き」を名詞と解釈する人もいますが。

日本語は稀な「声調言語」です。
成長を間違えると意味が正反対になる事が多いのです。
他の国にはほとんど無い事です。
従兄弟が現在数冊の本を出版しています。
スペイン語と中国語です。
それぞれに20年間暮らし、本を執筆している男ですが、言語学者の彼でさえ、初めのうちは私を鼻であしらいました。

しかし日本語を古越語と仮定すると、今までの疑問がすべて解決できるのに驚き、彼は考えを改めて日本語の由来や、何故日本語がこれまでに難解になったのかを研究し始めました。

書けば長くなるので書きませんでしたが、日本人は擬態語を多く使います。
これほど多くの擬態語を平素、使う国民は日本だけです。
また、慣用句も極めて多いのです。
慣用句を直訳したらとんでもない意味になります。
外国人には説明しない限り理解できない文章です。

私は英、越、伊、独語は日常会話程度ならできます。
でも、日本語は格段に複雑怪奇な言語と考えています。

まず、ご自分で確かめる事を薦めます。
それから批判、批評を述べてくださいませ。

ワコワコワコさん

2013年09月12日 02:24

1)日本語は世界で一番難しい
2)どこの国の人も言っているように「日本語が一番難しい」ことが判ります。
3)世界で稀な声調言語だからです。
 
?何故一番と断定できるのかわかりません。1番難しいのか10番目に難しいのか判定されたデータが明示されていない。
?何処の国の人が、どのような根拠があって、どのように言っているのかわからない。
?稀な、どの程度の稀なのかわからない。声調言語が何故一番なのか説明が不十分。

とにかく日本語とベトナム語を比較されているが、ただそれだけで、世界の全言語との比較がなされていない。
世界で一番と断定できる筈がないと思われますが。

けんさん

2013年09月07日 12:12

ちょっと日本語に関する定義というか解釈が違うのでは?