趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日本一の秘境駅「小幌駅」と周辺海岸散策☆リベンジ

このイベントは終了しました

日本一の秘境駅「小幌駅」と周辺海岸散策☆リベンジ
開催日時:

開催場所:北海道北海道虻田郡豊浦町礼文華 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ 【 大好き♪ 北海道 】
主催者 一郎(いっち)
カテゴリ ハイキング・登山
タグ
  • アウトドア
  • 秘境駅
  • 小幌
料金
  • 1000円
料金用途 交通費
参加人数 7名
募集人数 999名 受付終了
最小催行人数 3名
対象 大好き♪北海道 Member限定
開催日時
開催場所 北海道北海道虻田郡豊浦町礼文華 地図を見る
募集期間
イベント内容 日本一の秘境駅と言われ、鉄道ファンに脚光を浴びる豊浦町の小幌駅と、断崖絶壁に隔離された海岸を訪ねます。

※JR北海道では「小幌駅」を10月で廃止を発表しました。

一昨年に訪れた際の動画(約19分)
https://www.youtube.com/watch?v=lfpBtGP8buQ

  
●集合場所:道の駅「とようら」
虻田郡豊浦町字旭町65−8
●集合時間:9時30分
札幌は7時00分に出発予定しています。
※同乗希望者は申し込んでください。


小幌駅
室蘭線の豊浦町礼文華にありますが、「礼文華トンネル」と「新辺加牛トンネル」という長いトンネルの間に挟まれた崖のわずかな部分に「明かり区間」として位置しております。
四方のうち三方が急傾斜で一方が内浦湾に接しているので、
鉄道か舟以外の交通手段がありません。
いわゆる「秘境駅」の一つに数えられています。

室蘭線が単線であった時に、列車が行き違う信号場として昭和18年に開設し、複線化に伴い昭和42年信号場としては廃止になりましたが、仮乗降場として旅客取扱いを継続し、その後無人化されました。
昭和62年の国鉄の民営化と同時に駅に昇格。
駅舎や待合室はなく、保線用の小屋があるだけです。
小幌駅看板に「ひらめ」のイラストが描かれている通り、ひらめの釣り場のようで、釣り人が利用すことがあるとか?

今回の小幌海岸探索は国道37号線から歩いてJR小幌駅に入り、小幌海岸、岩屋海岸、ろうそく岩を巡ります。
※国道37号〜JR小幌駅間では登山する時の靴、服装になります。

探索終了後、温泉に寄る予定です。

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

一郎(いっち)さん

土曜日の天気が今夜の天気予報では晴マークになりましたね。

うーちゃんさん

そうですね〜。
お天気との相性がイマイチ良くないような〜(-_-;)

一郎(いっち)さん

kureさん、
豊浦町は観光資源として活用を考えていた矢先のJRの発表で、JRにとっては渡りに船でしたね。
維持費が掛からなければ良いんで、一気に知れ渡って多少は乗客も増えるだろうし。
youtubeにあげた2年前の小幌の動画の視聴数増えています。

Kureさん

「小幌駅」 豊浦町が維持管理費を負担するようで存続のようですね

まあばさん

一郎さんの、車に同乗お願いいたします。

一郎(いっち)さん

うーちゃん、
同乗 了解です。
晴れると良いですが、今年は天気に振り回されています。

うーちゃんさん

一郎さん、札幌からの同乗お願いします。
今度は、晴れると良いですね(*^_^*)

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。