趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

WOWOWで放送決定!!10/19に小野寺の姉弟

絶妙な呼吸で魅せる小野寺家の姉弟。こんな片桐はいり、そして向井理は見たことがないかも。忘れかけていた温かい気持ちを思い出す、ハートウォーミングな舞台。

不器用ながら互いに思いやり、いたわり合う姉弟の、穏やかな日常を描くハートウォーミング・コメディ。ドラマ「ママさんバレーでつかまえて」、アニメ「TIGER&BUNNY」などを手掛けた脚本家・演出家の西田征史による新作舞台で、2012年に書いた小説のアナザーストーリーとなる。
しっかり者の姉を演じるのは、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の好演が記憶に新しい片桐はいり、消極的で口数の少ない弟役には、前回の舞台「悼む人」から一転してコメディへの出演となる向井理がラインナップ。ほか、ユースケ・サンタマリア、片桐仁、山内圭哉など、個性的なキャスト陣が並ぶ。
姉弟が暮らす一軒家の雰囲気など、ステージに漂う昭和テイストも本作の魅力。ラジオ番組のDJ役として声で出演している松任谷由実にも注目だ。

※初回放送時の情報を掲載しております。
内容/物語東京の片隅にある、木造の古びた一軒家に40歳過ぎの姉・より子(片桐はいり)と、30歳過ぎの弟・進(向井理)が2人で暮らしていた。ともに独身で、より子が母親代わりとなり進の面倒を見る毎日。だがある日、ささいなことでけんかをしてしまう。ほとんど口をきかない日々が続き、進は素直な想いを伝えようと、より子が大好きなラジオ番組にメッセージを投稿。ほどなくして、スタッフより番組で読まれるという連絡が入る。
夜10時のオンエアを前に、姉が番組を聞くかどうかソワソワしていた昼過ぎ、進の前に奇妙な一団が現われる。彼らは、より子の同級生・手塚英作(ユースケ・サンタマリア)をはじめとする面々で、レトロな雰囲気の小野寺家を映画の撮影に使いたいという。撮影が始まったものの、近所に住む自称発明家・山縣はじめ(片桐仁)の乱入などで予定が狂い出す。撮影の円滑な進行に腐心していた進は、いつしか自身も出演する羽目に。 .


もう、このキャスティングだけで見たくてしようがなかった作品。でも、どうしても行けなくて。本当にWOWOWに入っていてよかったです。。
万歳!!

コメント

もめんさん

2013年09月07日 22:49

エリゴンさん、

そうそう、地方は、旅行費用だけで大きく作用されますね。。
私も、ちょう早割りで買います。なくなくですけど。。。

WOWOW沢山、放送してくれると良いですね。。

エリゴンさん

2013年09月07日 21:38

もめんさん、情報ありがとうございます。
WOWOW、本当に加入していて良かった〜!と思いますよね。
観たことのある舞台は感動を再びだし、観ていない舞台は自宅にいながら、お値打ちな契約料でありがとうございま〜すっていうカンジですね。
私なんて東京まで観劇に行くとチケット代込みで40,000円くらいかかってしまうもの。
蜷川さんのシェイクスピアなどありがとうございますの連発です。

ありがたい事に大好きなクドカンの大パルコ人を地元、刈谷で公演していただけるおかげで、今年は上京もあまりなさそうです。

あっ、「MIWA」は観たいな〜!!
でも、WOWOWでやればいいか〜♪

もめんさん

2013年09月02日 20:31

めえめえさん、

片桐さん面白いですよね?生ではみたことがないけど。。いい感じの人です。

めえめえさん

2013年09月02日 08:45

もめんさん、バンザーイ!
気合の入ったトピ、いいですね〜^^
また感想もお聞かせくださいね。 楽しみにしてますよ〜 
片桐仁、あの存在感が何とも好きです。