趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

醸造用アルコール

一般庶民が飲む日本酒。

いわゆる普通酒には醸造用アルコールが主原料の一つとして使われています。

然し今の酒税法ではその使用割合を表示する義務は有りません。

私はこれだけは改めて欲しいのです。

お米を醸造して作った日本酒にどれだけのアルコールを添加しているのかと。

本来の手法で作られた日本酒成分にアルコール度数を調整した醸造用アルコールをどれだけ加えて水増ししているのかと。

米の変わりにどれだけの糖分を添加しているのかと。

皆さんはどう思われますか?

コメント

華ちゃんパパさん

2013年10月05日 18:31

アルコール添加を悪者にしていますが
日本酒のコンクールである全国新酒監評会で
金賞のお酒のほとんどはアル添していますよ。

ワインではアル添はないと思うのですが
発酵前に補糖(砂糖を加えてアルコール発酵しやすくする) 
補酸(味にしまりを持たせるために酸を加える)などが
認められているようですよ。

量を増やすためのアル添は問題があるとは思うのですが
アル添だけを問題にするのは いかがなものでしょうか?

♪ 恋色 ♪ ∴味蕾さん

2013年10月05日 17:57

日本酒(いわゆる値札がついているものすべて)を語る上で
必要な共通認識があります。それは


買い手側にとっては嗜好品であっても
売り手側にとっては商品であるということ


たとえ不味い酒を作ろうが作るまいが売れれば(利益を得れば)すべて良し


もちろん反論はあるでしょう。
不味い酒を出し続けていたらいつか誰も買わなくなる・・・・


そんなことありません!皆さんもご存じの

『久保某の 鶴の寿命』

最近よくスーパー等で見かけるようになりましたが
上代が¥2,000〜¥2,500(テラ笑)

あんなまずい酒はありません!!

もし四合瓶で¥800で買えるのなら、
恐らく史上最高に美味い酒と言えるでしょう


酒の旨拙が判らない人間が大多数の中、味の判らない人々には安い酒(コストが)を普及させて、判る奴らには美味しさ以上に価格を引き上げたモノを足元を見ながら値札を付ける方が儲かります


こんな私は『本醸造』とラベルに書いてある酒は、不味い酒ですと無言で訴えている幻聴が聞こえるようになってしまいましたとさ 




こんな『糖失』(統合失調症の略、旧精神分裂病のこと)なら大歓迎です


※ 糖類添加に反対する会世話人より

fuutaさん

2013年10月05日 17:18

同じ醸造酒であり世界的に飲まれている「ワイン」にアル添は存在するのでしょうか?
また、日本酒にアル添しなければいけなかった理由とは?
我が国の誇るべき国酒である日本酒のクオリティやポテンシャルは今や
ワインを凌駕すると思いますが、如何でしょう?
アル添の味 云々の前に アル添加酒が存在する理由は やはり 「コスト」でしょうか?
それとも・・・

明石の伸介さん

2013年10月05日 09:26

ほとんどの飲食店で、「酒」と言って出てくるのは、パック酒のような日本酒。
生まれて初めて飲む日本酒が、こういう酒だったら、日本酒に対する印象が悪くなって当然です。
私だって、若いころは「日本酒は、酒臭くて、まずい酒」だと思ってましたよ。

大手メーカーのテレビCM。
各社とも、パック酒のCMばかりのように思えます。
安い酒の販促に、多額のCM代をかけても、メーカーの利益の基軸になるくらい儲かるって、よっぽど原価が安いんでしょう。
大手メーカーが率先して、「旨い酒」をPRしてほしいと思うんですが・・・

あぶらやさん

2013年10月05日 07:53

私もアル添を否定しませんし、アル添でも美味しいものはたくさんあります。しかし恐ろしく不味い混ぜ物酒が日本酒という名前で売られています。
本来日本酒は純米です。
美味しいとか不味いとか言う事ではなく、混ぜ物の酒が本来の酒(純米)と同じ名前で販売されている事がおかしいです。ましてや三増酒のごときものと純米酒が同じ日本酒として売られている事には怒りさえ感じます。
日本酒が嫌いな若者は多いです。酒蔵もどんどん減って今や2,000程だそうです。10年程前には3,000、20年以上前は4,000以上ありました。アバウトですが。
紙パックの酒を呑めばたいていの人は嫌いになりますね。(紙パック酒ファンのかた、すみません)
正しく日本酒を知ってもらう為にもきちんとした表記は必要だと思います。

かんがえちゅうさん

2013年10月05日 04:56

私は、自分で買うお酒は全て純米酒です。
こだわりですね、皆さんの言われるように、
アル添酒を否定したり、不味いと言うつもりはありません、
内容表記はしてもらいたいですね。

2合も飲めないので、こだわりを持って飲みたいと思っています^^。
「酒は純米、燗なら・・・」です▽(^o^)/。

♪ 恋色 ♪ ∴味蕾さん

2013年10月04日 00:24

実際に清酒の表示を細分化して一番不利になるのは

関西の最大手やメジャーと呼ばれる酒造メーカーです。
そんな状況で自らの首を絞めるような基準を作るかどうか・・・・

判り切ったことですね!

もちろん、酒の味が判る人もいるにはいるでしょう。
しかし、そんな人はほんの僅かです。
おそらく1割居るかいないかくらいでしょうか

そんなマイノリティーのために制度を変更するかどうかは(笑)

むつさん

2013年10月03日 23:35

私はアルコール添加を否定する訳では有りません。純米と表示されている日本酒の中にはアルコール添加のお酒より味覚の劣るものも有るのも事実です。

然し今の状態は余りにも不透明では無いのかと思うのですが。

塙 幸次郎さん

2013年10月03日 21:08

酒に限らず、添加物や主原料の明記のあいまいな部分があります。
すべて細かく記載することに越したことはないとは思いますが、
それぞれの事情があるのであきらめ、私は出来るだけ純米にし
味の好みを基準に選択するようにします。
余談ですが、酒とは別で醤油など毎日取る調味料では大豆油をシンナー系の発がん性のある石油製品で絞った大豆カスを使い、酸で溶かしてアミノ酸等を添加。丸大豆でさえ遺伝子組み換えも多く、まして本来一年かけ自然のアミノ酸が出来るまもなく一ヶ月足らずで作られ一般に売られている現状など、合理性のみで作られる食品の多いこと。経済優先、人間無視。それぞれが各自で知識を深め気をつけなければ病気になる原因が多い現状。いやですが本物やモラル欠如の時代です。

明石の伸介さん

2013年10月03日 13:54

私は、自分で飲むお酒は、なるべく純米酒にしていますが、アル添酒を否定するつもりはありません。
アル添酒でも、普通酒でも、うまい酒はあります。
糖類添加には否定的で、もともと米不足の時代に生まれた技術で、米が十分ある時代に、必要ないのではと思っています。

アルコールの添加量は、普通酒、吟醸酒などの表示の違いにより、上限が決められています。
だいたい、添加量を予想することはできますね。

添加量よりも、「醸造用アルコール」の「原料」の方が、気になります。
メーカーや酒造団体のHPでは、「廃密糖など」と書かれていますが、この「など」が気になります。

お酒は、「美味しければいい」というものでもないと思います。
何年か前に問題になりましたが、基準以上で汚染された米で造った酒は、私は嫌です。

fuutaさん

2013年10月03日 08:51

私は、味云々は趣向品である以上その方の感じ方で良いと思います。
しかし、アル添加のものは私の中ではその時点で日本酒と思っていませんので
飲みません。
カテゴリーの違う飲み物だと考えています。
あとは蔵元の考え方次第なのでしょうか。

YUJIさん

2013年10月02日 22:59

わたしは基本的に純米系を飲んでいます。

醸造用アルコールがはいっているお酒を飲むのはにごり酒ぐらいですかね^^;。

♪ 恋色 ♪ ∴味蕾さん

2013年10月02日 22:22

ちなみに吟醸香も世界トップクラスの香料メーカー
『高砂香料』にかかれば
バナナでも、メロンでもマンゴーでも、そしてクサヤでも楽勝のようです

それをしないのは、自分の首を締めたら損をするのは誰か?と考えればおのずと
答えは出るかと思います

♪ 恋色 ♪ ∴味蕾さん

2013年10月02日 22:18

私は構わないと思います

アルテンも糖類も入れるかいれないかというより
美味いかどうかの話です

美味いのなら、そして一番大切なことは味を飲み分けられるかどうかの
話につきます

皆、味が全然違うといいますが『ブラインド』で試しませんか?
というと黙り込みます。

実は私も楽天のマー君のストレートを10球のうち3〜4級はフェアーゾーンに打ち返すことができますが、もし実際に対戦することになったら手首が急に腱鞘炎になってしまうでしょう

飲む人がそこまで味を求めていないことと、判断がつかないことにつきます