趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

初代ピッチありがとう

僕の日記や管理コミュにもアップしましたが、インコ大好きのみなさんにも読んで貰いたいのでアップさせて下さい。

今のセキセイインコのピッチは実は二代目なんです。それで星になってしまった初代ピッチの話をします。

二月の終わり頃に館林への転勤の話が来ました。このご時世に断わる勇気もなく札幌にはローンがいっぱい残ってる一戸建てがあり、子ども達の学校、わんこ達、親の事など色々あり単身赴任にする事を決めました。
もう三十年近くも一人暮らしの経験がなく寂しくなるだろうからとセキセイインコを迎え入れる事にしました。いつも行ってるショップに行き時期的にも良かったので可愛いヒナが見つかりました。
挿し餌して育てたので良く懐いてくれて、ケージから出して遊ばせると、もなか(わんこ)にちょっかい出したり、あずき(わんこ)の前で飛んで驚かせたり、僕や奥さんの手に乗って甘えたり(わんこ達は凄いやきもち焼いてた)してました。
そうこうしてるうちに日にちは経ち館林に出発の日になりました。わんこ達に奥さんと家を守って貰うように頼み空港に向かいました。空港でピッチを預け心配してた空の旅も問題なく、館林に向かう電車の中でも静かにしてくれてました。
会社で予約したホテルに着いてチェックインの時もばれたらまずいと思ってましたがピッチは鳴く事なく無事に部屋に到着、ちょっと薄暗くなって来た部屋に入った時に淋しさと不安がこみ上げて来ました。
あーこれからは一人なんだなあって思った時にピッチが鳴きました、僕には僕(ピッチ)もいるよ、これから一緒に頑張ろうって聞こえました。ホントにそう言うタイミングで鳴いたんです。
次の日から僕とピッチの二人の生活が始まりました。会社に行くようになってからは淋しくないようにテレビは付けっ放し、帰って来てからは寝るまではいつも一緒。台所でご飯を作ってれば肩に止まって待ってるし、お風呂に入れば覗きに来る。可愛い可愛い相棒でした。
僕がせんべいを食べてると盗み食いしにくるピッチと格闘したり楽しく過ごしてました。
それがある日の夕方に突然具合が悪くなり、病院を探して電話かけてる時にバタバタと羽音が聞こえて、くるっと一回転して落鳥してしまいました。
文鳥の時にも落鳥の経験はありますが、かなりショックでした。札幌で通ってた小鳥専門の病院に聞くとヒナから大人の羽に切り替わる時に隠れていた先天的な病気が出て落鳥するケースはわりと多いと聞きました。
初めての単身赴任生活を乗り切れたのはピッチのお陰と思ってます。
ピッチ、短かい間だったけど楽しかったよ、ありがとう。

コメント

ナナさん

2013年08月05日 21:48

感動できるお話しを、ありがとうございました。

私も今、セキセイインコを飼っていますが、毎日
いろんなことに癒されています。
こんなに、ちっちゃいのに、大きな命ですね(^^)

じゅんじゅんさん

2013年08月05日 21:38

まつかわさんの単身赴任生活を支えてくれた初代ピッチ君。
ピッチ君も、楽しい生活だったのではないでしょうか。

私も数々のお別れを経験してきましたが、毎回、悲しみに慣れるということはなく、立ち直るまでに一定の時間がかかります。

でも、感謝が言えるようになれば、良い思い出になり、新しい家族を迎える気持ちにもなれたように思います。

今の2代目ピッチ君との生活を大切に。
楽しく過ごされてくださいね。

TAKAさん

2013年08月05日 06:00

お気持ち察します。自分も 最初 飼い方がわからず コザクラ、オカメを同じように 病気で4羽連続で 亡くしました。 ピッチ君の思い出を大切に。