趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

第32話『マナ倒れる!嵐の文化祭』

『幸せの王子』はこのドキプリの中で重要な作品なのに今日の今日まで全然中身を知りませんでした(ダメだ〜)
ちょっとは亜久里を見習え!ですよね。
「通りすがりの小学生に叱られました。」とへこむ、生徒会役員達の心境です。

「幸せの王子」を書いたオスカーワイルドという人は、150年くらい前の作家で
これを書いたときはかなり不幸せな人生を送っていたんだとか…

自己犠牲の精神であくまで優しく美しく生き抜いた王子の像。
しかし、みすぼらしくなるや町の人たちに焼かれ、鉛の心臓はゴミ捨て場に…
王子を心配しつつ献身的に付き従っていたツバメも、最後は力尽きてゴミ捨て場に…
でも、ふたりは天国で幸せになりました。
…て、おい(^^;)

こういう発想は不幸せな時に生じるものでしょう。納得。

プリキュアは、そうはならないというんですね。世の中捨てたもんじゃ無いと。

実際の世の中は悲惨な出来事も一杯あるけど、良いこともあって。
その人の見方次第なんでしょう。

僕も超人的にみんなに尽くすマナに「いったい彼女はどう人なんだ、この話はどうなるんだ?」
と心配してました。
冒頭の少年のように「ヘッ、いつか倒れなきゃいいけどな。」と。
案の定倒れてしまうんですが、それが普通です。
でも倒れても、大丈夫でしたね。
これが、何か失敗して大損しちゃった、とかでもきっと大丈夫なんでしょう。生きてれば。
なんで大丈夫なのかを言葉で語らず、映像で見せてくれるから困るよ説明出来ん!
それはお前が頭悪いからだろ、すみませんm(-_-)m

まあ、ともかくそれを心配するより「胸がキュンキュンする」方へ行こうぜって言ってるんですよね。よーし元気出てきた!
僕も目指すよ「キュンキュン」を!(*゚ー゚)

と言いつつ、ずっと「胸がキュンキュン」ってのが曖昧でよく解らんな〜と思ってたんですけど、
おぼろげながら徐々に解ってきたような気がします。
「ドキドキプリキュア」を名乗ってる意味が。
解らん人は、第一話から見直せ。僕も説明出来ん〜!

コメント

ゆみトンさん

2013年09月21日 17:34

マナちゃんの口を押さえているシーンは2回目ですよ〜(^.^)
ドキプリ開始直後の何話めかに口を押さえているシーンがあったの覚えています^^

量産さん

2013年09月21日 17:27

それはそうと、まこぴーの「ソングバード」良いですねえ、今のところカラオケにはタイトル曲のソングバードしか無いみたいですが、これがまた感動的で良いです。
♪ワン、トゥ、スリー、フォー、フラーイ!
と劇中で流れたフレーズが出てくるととてもテンションが上がります。(^-^)

量産さん

2013年09月21日 09:00

イーラと六花の絡みも嬉しかったですね。
パワーアップして登場したのに「もうこんなバカな事はやめなさい!」
と弟の様な扱い。
イーラも「俺に説教するな〜!」と、弟確定な発言(^-^微笑ましくて良いです。
六花が成長したってことですね。

量産さん

2013年09月21日 07:39

でしょ?知りませんでしたでしょ?僕だけじゃ無くて良かった(^o^;)
マナは乗り物によわいんでしたっけ?
コーヒーカップでひとりだけ口を押さえてましたが。
次回はまた、小学生くらいのマナ達が…可愛いですね〜!

ゆみトンさん

2013年09月21日 00:14

「幸せの王子」って検索したらその「オスカーワイルド」って名前出てきましたね〜物語だったんですね、全く知らなかったです〜
それにしても小学生に説教される中学生って初めて見ましたね^^;おそるべし亜九里ちゃんですな
やっぱり学校回、とくに行事物はいいですね♪
来週はありすパパ初登場ですか〜