趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

大坂町の時鍾

このまえにみおつくしの鐘のコメントに触れられていた鐘について

今でも、一日3回時を知らせている鐘です。

三代将軍家光が地子銀(いまでいう固定資産税)の永代免除に感謝して、大坂三郷の惣年寄が協議して釣鐘を作って、町中に時を知らせることにした。
当時は、一日12回鳴らしていた。
近松門左衛門「曾根崎心中」の道行の場面にも登場する鐘です。
江戸時代に4度の火災に見舞われこれをくぐり抜けたが、
1870年に撤去され、大阪府庁屋上に保存されていました。
1985年地元の方々の努力によって元の釣鐘屋敷跡に戻されています。
今も8時、12時、日没にときを知らせています。

コメント

ミリちゃんさん

2013年09月04日 14:30

シーチャン ★さん

ありましたね、大阪検定ツアー
商工会議所も大阪を広めるのに一生懸命ですね(^^♪

ミリちゃんさん

2013年09月04日 14:23

ひらちゃんさん

江戸時代は高い建物がなかったので遠くまで響いたんでしょうね
今は、コンピューター制御で音を出しています。
大きな音にすると騒音公害の問題もありますし、高い建物が遮って遠くには聞こえません。
歩いて10分くらいのところにあるうちでも聞こえません。
中崎町は無理かと・・・

シーチャン★さん

2013年09月03日 14:07

歴史有る鐘ですね。大阪検定を取るときに、検定の為のツワーがあり行きました.。
高台にあるので、鐘がよく聞こえるのでしよう。

ひらちゃんさん

2013年09月03日 11:33

中崎町でも聞けるんですかね(^^?

そうだと今でもそこに行けば聞けるんですね(^^)