趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「72の法則」はご存じですか?

72の法則とは、複利運用したときに、元本が何年で倍になるかの目安を知る計算式です。


例えば、定期預金の金利が0.03%とすると、

72÷0.0003で計算すると、

倍になるのに、約2400年かかるということになります。





これが3%ならば、約24年で倍になることになります。



もし10年で自分の資産を倍にしたいと思ったら、

72÷10で、7.2%の複利で運用することが必要となります。


自分の必要資金作りのために運用が必要ということでしたら、

まず、「何年後目標にいくら必要か」

「そのためには今持っている資産を何パーセントで運用しないといけないか」

「リスクはどのくらい許容できるか」

考えあわせたうえで、運用する商品の選定(勉強)が必要になります。


いかがでしょうか?

コメント

酔いっちさん

2013年09月18日 22:33

余裕資金の運用は要検討となるのは納得ですよね。

七菜さん

2013年09月17日 23:01

72の法則を今の定期金利で計算すると、信じられない年数ですよね〜。