趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

誰かの言葉

これまで、自分の伝言板上に、今日の誰かの言葉として載せてきていたのですが、
こちらでも気に入った言葉などを折にふれてアップしていこうと思います。
長い文章は別途のスレッドにして、アップしたいと思っていますので、こちらでは短いながら、なにか感じるもののある言葉を選んで載せて見たいと思います。

言葉の他に、俳句、和歌、川柳、詩の中のフレーズなど、 なんでも気になったものがありましたら、皆様も自由に書き込んでください。
他のものとの関連付などは、あってもなくてもご自由にということでやっていきたいと思います。
写真も内容とは関連のない、カットの感覚で入れて見たいと思います。
写真は入れても入れなくても、こちらも自由でということで良いと思います。
2013年9月1日 午後 倶楽部 榛の木 リニューアルオープンと致します。


どこかに美しい人と人との力はないか
   同じ時代をともに生きる 
   したしさとおかしさとそうして怒りが
   鋭い力となって たちあらわれる

詩集『言の葉さやげ 』 より 茨木のり子

コメント

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月19日 16:05

お月様、きれいに撮れましたね。
夜中に目が覚めたら、明るくて雲の中のお月様がとっても綺麗でした。
私も撮ってみましたが、全然だめです。
でも見て下さいw

〜〜〜
「ものは心で見る。肝心なことは目では見えない」
(サン・テグジュぺリ)

Gombessaさん

2013年09月18日 20:43

マーク・トゥェインがこういった。

 我々が虹をみても、未開人のような敬虔な気持ちになることはない
 それは、虹はどうしてできるか知っているからだ

 我々は、そうしたものを詮索することによって
 獲得したものとおなじだけのものを失っている

エコ発電という風車が稜線に並ぶ風景が身近にある。
この風景はいかにも奇異であるけれど、それは電力を得るための代償である。
結局は、われわれはこの矛盾から逃れることはできない。

☆画像は今夜の十四夜

ナッシィングさん

2013年09月18日 20:14

このチェーホフの言うとおり(だと思います)

親友→恋人→友達

そして男はできるだけ早く恋人になりたいと願い、女はできるだけ早く友達になりたい
これはナッシィングのオリジナルです。

この→の間隔は人によって違いがあるでしょうね(笑)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月18日 19:59

精神的に男らしく。 素敵ですね。
私も精神的に男らしくありたいですw

女が男の友達になる順序はきまっている。
まず、親友、それから恋人、さいごに友達になる。 チェホフ

これはそうともかぎらない???
でも、もしかしたらそうかなw

男は男らしく、女は女らしくあるべき

15年以上かな・・・昔、姉がスクラップしていた記事の中で、藤井フミヤの言として書いていたのが、今でも不思議と胸に残っています。


・・・イマドキこの言葉を口にしたら色々と差別感丸出しに響く感じですが、しかも、昔のアイドルの言葉というのもこのスレには微妙にスレチ感溢れる感じですが(笑)

私はあくまで男なので、「男は男らしく」の以下を切り捨てて捉えて、体力的に弱っちい自分でも、精神だけは男らしくあろうと心の中で大切にしている言葉です。

筋肉じじいさん

2013年09月14日 21:04

夢の中で胡蝶としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めた。はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか。(壮士)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月14日 10:42

同じ本を二人の人間が読むとすると、そこで読まれるものは、決して同じではないと思います。それぞれが、本のなかに自分をつれこむからです。自分の連想、自分の思考、自分の経験、自分の感受性、それらすべてを投入して読む。だから本はいつも、ある意味では読者を映す鏡です。  ミヒャエル・エンデ

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月13日 18:17

「「ファシズム」とは…独裁者の言葉に突き動かされるのではなく、そんたくや自己規制、自粛といった日本人の“得意”な振る舞いによって静かに広がっていくということだ」
辺見庸

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月13日 13:58

吉川英治ほどの方が、そんなに謙虚でしたとはw

辺見庸は、ビズというガーデニングの雑誌でエッセイを連載していて、読んでいたのですが、内省的な文章で、独特の視線がありますね。
3.11の震災でも、うわっ滑りする言葉の氾濫の中で、ちょっと顰蹙を買いそうな詩を発表しているようです。大変な災害に、言葉だけが独り歩きして、言葉にすれば、嘘が混じるって気持ちもありましたものね。
哲学的で理解できないようなところもありますが、共感できるところも多かったように思います。

毎日の中で、一番無駄に過ごされた日は、笑わなかった日である。 
ニコラ・シャンフォール (劇作家)

何を笑うかによって、その人柄がわかる  マルセル・パニョル (小説家、劇作家)

ナッシィングさん

2013年09月12日 16:02

吉川英治はは私の好きな作家です。彼の

「我以外みな我が師」という彼の言葉に出会って、少し控えめになったかしら(笑)

辺見さんのこの言葉も真実が多く含まれているような気がします。
権力におもねることをしない彼は、いつもその中心から距離を置き、権力者や国民の動きを熟視しているようにみえます。

彼は今度のオリンピック決定をどう感じているでしょうか。

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月12日 12:06

みなとともに叫んではならない。みなと同じ声で泣いてはならない。みなと一緒に殺意をいだいてはならない。みなと一緒の認識には、かならずといってよいほど錯視がふくまれているから。辺見庸

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月08日 06:14

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。
楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。 吉川英治 (小説家)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月05日 06:22

どこに行こうとしているのかわかっていなければ、どの道を通ってもどこにも行けない。
  ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー (政治家、国際政治学者)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月04日 17:33

私を笑わせてくれる人を私は大事にします。正直なところ、私は笑うことが何よりも好きなんだと思う。悩ましいことが沢山あっても笑うことで救われる。それって、人間にとって一番大事なことじゃないかしら オードリー・ヘップバーン

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月03日 06:49

青い眼鏡をかければ、世の中がすべて青く見え、赤い眼鏡をかければ、すべてが赤く見える。世の中は自分の心の反応である。人を憎めば人もまた自分につらく当たり、人を愛すれば人もまた自分に親しむのである。 森田正馬 (医学者、精神科神経科医)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月02日 06:24

かの子も、生まれたままのようなところのあった人らしいですね。
太郎は構われないで育って、あんな風になったのだとか?

龍之介は人生を重大に扱いすぎて、危険のないところへ引っ越して行ったのかも?
最近、極楽とんぼの人生が良いのではと思えてますw

「結婚するとき私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった。」アーサー・ゴッドフリー (ラジオキャスター、歌手、俳優)

ナッシィングさん

2013年09月01日 22:20

岡本かの子
   「力など 望まで弱く 美しく 生まれしま々の 男にてあれ」

男の子が生まれると、普通は強く逞しくと望み、さらに欲張って偉い人間にと期待するものですが、彼女は生まれた息子にこの歌のようになってほしいと願ったでしょう。

その結果として岡本太郎という芸術家が誕生したのですね。


芥川龍之介は遺書を書くのにも推敲を重ねたようです。
人生を重大に扱ったからこそ、幕を閉じるのに苦心したのか、
重大に扱わなかったから自死という危険に晒されたのか。

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月01日 13:07

今日は初日なので、もう一個。

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。しかし重大に扱わなければ危険である。 芥川龍之介 (小説家)