趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

結末は?

前回のトピックは少々重すぎるテーマだったようですので、お口直しに軽〜い題材です。

私は海運業をやっていた関係で船の検査の為に毎年ドックに行きました。そんなある日の夜仕事をおえてドックの連中と一杯やっていると海運局長がただ酒を飲みにふらりとやってきました。

彼は酔いが回ってくるとお礼の意味だったのでしょうか面白い体験談を始めました。

ある日猪苗代湖を一隻の漁船が右や左に蛇行しながら進んでいた。たまたま湖岸にいた巡査が
船を止め派出所まで船頭をつれて行った。飲酒運転の現行犯と言うことで彼を徹底的に締め上げ反則切符を切ろうとした。しかしながら事態はとんでもない方向に進み巡査と船頭の立場は完全に逆転した。

まあ大体このような内容でした。

さて、皆さん、海運局長のその後の話の続きはどうだったと思いますか。(みずもさんは知ってると思いますので答えないで下さいね)

ヒント: その場にいた我々は腹を抱えて笑いました。

コメント

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月21日 13:18

筋肉じじいさんは、話を面白くしようと脇にそれてしまうところありますからね。
生真面目な方には通じないところがあるのかもしれません(笑)

あんまり直に取らないで笑って貰えると嬉しいのでしょうけれど、ユーモアとか、笑の機微はそれぞれのものなので、そう思って、お互いに少し寛容になっていただけるとありがたいのですが。
筋肉じじいさんのサービス精神のところがあるんだと、私は受け止めているんですが。
それが気に障る人もあるということだろうと思いますが、意見を言うのは止めませんが、誹謗中傷、罵詈雑言の喧嘩はお断り(≧∇≦)

筋肉じじいさん

2013年09月21日 12:58

> Gombeessaさん

コメント有難う御座います。

勿論、貴方の仰る通り法律は守るべきだと思ってますからご安心を。

私自身は機関長の免状を持ってますが、船員ではありません。しかし船会社の技術関係の責任者をしていましたので、エンジントラブルが有ったり検査の時に1,2航海乗船しました。

お陰で船員さんや保安官と接触することが陸の方よりは多かったので、彼らの実態を知ってますので面白い話として紹介したのですが・・・。

大体元のトピ自体がほろ酔い機嫌の他愛のない話ですからね。

しかしながら「先のレスでも何かありましたが」とはどう言う意味なんでしょうか。
私には喧嘩を売っている様にしか思えないのですがねえ。

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月21日 12:40

何となく、みなさんのご意見を見て思ったんですが、年代的に物事の受け止め方が違っている部分があって、すれ違ってしまうのかなと?

戦後にかな?それの境目というのはどこからなのか判然とはしないのですが、若い方達は法を遵守するという事に真面目だなという感想を持っています。
私なんぞも法は法として、ちょっとルーズに考えてしまいそうなところがあって、他の人から顰蹙を買ってしまいそうな部分がありますね。

戦後67年になりますか、毎年毎年、国会が開かれて、次から次へと法律が付け加えられて行くわけですから、周知されない法律がたくさんありますね。

だから法をないがしろにして良い訳でないのはわかりますが、人間ですから、感性で考える部分もあって良いかなというのは、私の感想です。

Gombessaさん

2013年09月21日 11:30

保安官がどうしたかは別問題で、同次元の話しじゃないでしょ?
先のスレでもなんかありましたが.......

海技免許は1975年に取得しました。けっこう法規試験が難関でした。
また、私のはプレジャーボートですから、その立場でものいいます。
船員さんのことはしりませんが、法律は事故を防ぐためのルールですよね。
巡視船がこないからっていうのじゃなく、自船を守るためにルール遵守するのは当然です。

これで私のスレはおしまい。

筋肉じじいさん

2013年09月21日 01:49

そうですか、五月蝿くなったのですね。

でも、実際に取り締まるのは無理ですね。陸と違って海上で検問は出来ませんし実際そんなことやってる巡視船なんか見たこと有りませんしね。

それに、もしそんなことやったら船乗りなら保安官の日頃の悪行を知ってますからねえ・・・。

Gombessaさん

2013年09月18日 20:28

小型2級もってます。

「舶職員及び小型船舶操縦者法第23条の36」
小型船舶操縦者は、飲酒、薬物の影響その他の理由により正常な操縦ができないおそれがある状態で小型船舶を操縦し、又は当該状態の者に小型船舶を操縦させてはならない。

道交法には該当しませんが、こっちの法律があります。
ちなみに、海上保安庁で課せられる罰金などは、道交法とは桁がちがいます。

筋肉じじいさん

2013年09月18日 06:19

> TOM ビレッジ放置(^_^;)さん

多分今でも飲酒運転OKだと思いますねえ。

筋肉じじいさん

2013年09月18日 06:16

> ☆みずも。(榛の木)さん

多分今でも飲酒運転OKだと思いますよ。

まあ大体の航路は有りますね。

座礁を避けた蛇行・・・・・って、


もう回答出てるじゃないか(ノ ゜Д゜)ノ ┻━┻

船でも飲酒運転ダメだと思ってましたが大丈夫なんですね(^_^;)

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月17日 21:19

(笑) 海の上には道路はありませんものね。
今もそのままでしょうかw
それ以来、付け加えられているかもwww

航路というのは、やはり航行しやすい道筋のようなものがあるのですか?

筋肉じじいさん

2013年09月17日 19:13

酩酊状態の船頭は巡査に飲酒運転の罪で徹底的に油を絞られたそうです。

 ところが、その巡査がいよいよ違反切符を切ろうとした時、少々酔いが覚めてきた船頭から思いもよらない猛反撃にに会った。

「いい加減にしてよお巡りさん!水上では道交法は適用されないんだよ!だからあんたに文句を言われる筋合いはこれっぽっちも無いよ!」と。

 びっくりした巡査はそこらじゅうに電話をかけて教えを乞うたが、何れの答えも彼の言う通り水上では道交法の適用は無理、飲酒運転OKとの事。

 当然その後は巡査と船頭の立場は完全に逆転。その巡査は長時間油を絞られ、平謝りに謝って許しを乞うたそうですよ。

最近は変わっているかも知れませんがね。

☆みずも。(榛の木)さん

2013年09月16日 15:35

私、日記でコメントしてたかしら?
最近、とみに記憶力が弱くなってwww

どういう展開になったのか?
笑える話は大好きなんですけれどw
今夜遅い時間に種明かし期待。