趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

福島第1発の汚染水海洋流出 3県漁連、東電に抗議(新聞より)

広瀬社長(左)に抗議文書を手渡す全漁連の岸会長ら=25日午前、東電本店



 福島第1原発の高濃度汚染水が海に流出した問題で全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と福島、宮城、茨城3県の漁業団体代表が25日、東京電力本店を訪ね、広瀬直己社長に「海洋流出は全国の漁業者と国民への裏切り行為だ」と厳重抗議する文書を手渡した。
 抗議文は「操業の再開を心待ちにしている地元漁業者の失望感は計り知れず、風評被害のさらなる広がりが懸念される」と指摘。汚染水対策の抜本的な見直しと海洋流出の早期防止、海域モニタリングの強化を求めた。
 広瀬社長は「操業再開を目指す大事なタイミングで流出が起き、本当に申し訳ありません」と謝罪した。
 福島県漁連の野崎哲会長は「第1原発の事故以来、最大の不祥事だ」と語った。宮城県漁協の菊地伸悦会長は「復旧の歩みが止まってしまう。怒り以上にショックを受けている」と話した。


<東電社長一問一答>

 東電の広瀬社長は25日、漁業団体との会談後に記者会見し「対策に万全を期す」と強調した。主なやりとりは次の通り。

 −汚染水対策が破綻したのではないか。
 「廃炉工程で汚染水処理は極めて大事な課題の一つだ。ご心配を掛けることがないよう、破綻しないようやっていく」
 −汚染水対策は東電の手に余るのでは。
 「東電がしっかりしていないとの指摘はその通りだ。政府の汚染水問題の対策組織が動きだしており、支援やアドバイスを求めていきたい」
 −地下水を海に流す対策(地下水バイパス)への理解が得られにくくなった。
 「汚染水流出とは別ものだが、地下水バイパスの概要や目的を説明している中で起き、地元が『これでは(認められない)』と思うのは当然だ。今後も説明を尽くす」
 −海洋流出の発表を意図的に遅らせたのか。
 「流出の判断や発表は風評被害に直結し、極めて重いと認識していた。本当にそうなのか、もっとデータをそろえようと(慎重になり)ためらいがあった」
 −東電は地元と信頼を築けるに足る会社か。
 「信頼してもらえる会社に再びなるように、先頭に立って頑張る」

http://www.kahoku.co.jp/news/2013/07/20130726t73018.htm
2013年07月26日金曜日

※東電は、東北や福島の住民をバカにしているとしか思えません、
口ではもっともな事や謝罪や言い訳を言っているが、行動が全て後手回し、何か問題が発生したらコメントする、と言う姿勢しか覗えません。
しかも、責任逃ればかり、誠意も感じられない、自社の利益しか考えない悪徳企業、隠ぺい体質、、、、、やはり清算するしかない最低の会社ですね。

コメント

どらえもんさん

2013年07月27日 05:44

関連記事;
「東電の「裏切り行為」全漁連など厳重抗議
汚染水流出 「風評拡大に懸念」


 「我々が最も懸念していた事態」「全国の漁業者・国民に対する裏切り行為であり、極めて遺憾」―。東京電力福島第1原発で放射能汚染水が海に流出していた問題で、全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)などは25日、東電に対して「厳重抗議」しました。

 JF全漁連の岸宏会長は、JF福島漁連、同みやぎ、同茨城漁連の各代表らとともに同日、東電本社で広瀬直己社長と会い、抗議文を手渡しました。

 抗議文は「原発事故発生以来、汚染水の海への漏出を絶対に起こさないよう、再三再四強く求めてきた」ことを強調。「操業の再開を心待ちにしている地元漁業者の失望感は計り知れない」「全国の漁業者を苦しめている風評被害のさらなる広がりが懸念される」と強い怒りを表明し、東電に汚染水処理の収束に向けた道筋を明確に示し、流出防止対策の早急かつ完全な実施、海域モニタリングの徹底・強化を求めています。

 岸会長は広瀬社長と面会後、記者団に対し「漏えいが判明し、怒りと不信感が増幅している」と東電を批判。広瀬社長も記者団に「本当におわびのしようがない」と述べ、「とにかくこれ以上心配をかけないよう対策を徹底したい」と強調しました。