趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

福島原発事故放射能、、、少なくとも5種類

一日、東京電力福島第一原発2、3号機の海側トレンチ(地下のトンネル)につながる立て坑(ピット)で、新たに大量の高濃度汚染水の存在が確認された。検出された放射性セシウムは、最大で一リットル当たり九億五〇〇〇万ベクレルと、放出が認められる濃度限度の五百万倍以上と極めて高い値だった。これまでに確認された汚染水の特徴をみていくと、少なくとも五つに分類できる。 (清水祐樹)


 どの地点で採取された汚染水も、セシウム134と137の濃度比からして、事故発生当初にできたものであることは確実。


 ただ、地点により、セシウム濃度はほとんど検出されないもの==図中<1>=から、建屋地下の汚染水の百倍程度もあるもの=<2>=まで大きなばらつきがある。塩分も百倍ほどの開きがある。


 一日に確認された汚染水(七月三十一日に採取)では、2号機の立て坑=<4>=で最大九億五〇〇〇万ベクレルと、建屋地下にたまった汚染水の十倍ほどの濃さだ。立て坑の底付近は塩分も高いことから、基本的には事故当初に発生した汚染水がたまっているものの、かなりの量の地下水などが注ぎ込んだとみられる。


 一方の3号機の立て坑の汚染水=<5>=は、セシウム濃度は最大三九〇〇万ベクレル。建屋地下の汚染水と同程度だが、ほかの地点より圧倒的に高いのが塩分。塩分が濃い発生当初の汚染水が残っているとも考えられるが、逆に塩分の薄い建屋地下の汚染水に海水が流入している可能性もある。


 同じ2号機関連で、ともに浅いトレンチから採取した汚染水でも、二十メートルほどしか離れていない場所=<2>と<3>=なのに、セシウム濃度が百倍も違う事例もあった。


 採取する場所によってこれだけ汚染水の様子が違うことは、元の汚染水は同じでも、地下水や海、雨などたまっている場所の状況が違うことを意味する。つまり、取るべき汚染水の漏出防止対策も違うことになる。


 原子力規制委員会は汚染拡大の危険性が高いのは浅いトレンチ下の砕石層と指摘しているが、このほか建屋とトレンチの継ぎ目、トレンチ同士の継ぎ目、護岸などチェックすべき場所は多い。


 <放射性セシウムの放出限度濃度> 放射性物質ごとに、海への放出が認められる濃度の上限値が定められている。セシウム134は1リットル当たり60ベクレル、137は90ベクレル。2号機の立て坑の汚染水の場合、セシウム134は同3億ベクレル、137は同6億5000万ベクレルが含まれている。上限値と比べると、それぞれ500万倍、約722万倍。いかに高濃度の汚染水かが分かる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013080202100005.html

コメント

コメントはありません。