趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

タンク汚染水漏れ レベル3に引き上げへ 規制委、評価見直し

2013年8月21日

 東京電力福島第一原発のタンクから三百トン(東電の推計)の高濃度汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は二十一日の定例会で、国際的な事故評価尺度で下から二番目のレベル1としていた暫定評価を、レベル3に二段階引き上げる可能性があるとの見解を示した。


 規制委は、汚染水にベータ線を出す放射性ストロンチウム90(法定基準は一リットル当たり三〇ベクレル)などが一リットル当たり八〇〇〇万ベクレルと、放出が認められる濃度限度の数百万倍に達する極めて高い濃度であり、三百トンの漏出量から数千テラベクレル規模(テラは一兆)の漏出があると推定。規制委事務局は放射線の管理上、レベル3の重大な汚染に相当するとしている。


 汚染水漏れが発覚した十九日の段階では、漏れた汚染水の量がはっきりしなかったため、規制委は暫定的にレベル1と評価していた。その後、東電が漏れた量を三百トンと推定したことから、評価を見直すことにした。


 ただし、国際基準は通常の原発での事故を評価対象にしている。すでに福島第一原発事故自体は最悪のレベル7と認定されており、それに関連して起きた今回のタンク事故を個別に評価することが適切なのか、基準を所管する国際原子力機関(IAEA)に確認するとしている。


 国内でのレベル3事故は、一九九七年に起きた動力炉・核燃料開発事業団(当時)東海アスファルト固化処理施設爆発事故がある。


 国際評価尺度(INES) 原発など原子力施設で発生したトラブルの規模や深刻度を示す世界共通の物差し。国際原子力機関(IAEA)などが設定した。レベル1〜3は「異常な事象」、レベル4〜7は「事故」に区分。評価基準は施設内の汚染度合いや安全設備の状態などで、レベル2は相当量の汚染、安全設備の重大な欠陥などが該当し、レベル3は数千テラベクレルの放射能の放出、安全設備が残されていない事故寸前の状態などが該当する。最終的な判断は、IAEAに意見を聞く場合もあるが、各国の規制機関が評価する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013082102100015.html

コメント

どらえもんさん

2013年08月29日 05:13

関連記事;
東京新聞から、、、

タンク漏水「レベル3」 規制委 国際評価2段階上げ
2013年8月28日
 東京電力福島第一原発で原子炉を冷やした後の処理水三百トンがタンクから漏れた事故で、原子力規制委員会は二十八日の定例会合で、国際的な原子力事故評価尺度(INES)による評価を、下から二番目のレベル1(逸脱)から、上から五番目のレベル3(重大な異常事象)に引き上げることを決めた。


 規制委は、漏れた処理水には膨大な量の放射性ストロンチウムなどが含まれ、適切な防護措置も講じられていなかったことを重視した。


 ただ、最悪のレベル7の事故が起きた同じ原発内で、違うレベルの事故が起きたとする分かりにくさや、本来は健全な原発に対する評価尺度を、タンクなど応急施設に当てはめていいのか、などの論点が残っていた。


 規制委が国際原子力機関(IAEA)に問い合わせたところ、事故を別々に評価することは可能で、応急的な施設も評価尺度の対象としてもよい、と回答があったという。


 この日の会合では田中俊一委員長や更田豊志(ふけたとよし)委員から、タンクの漏れの原因や処理水がどこに流れたかなどははっきりしておらず、「拙速な判断は混乱を招く」と懸念する意見も出されたが、最終的にはレベル3の評価にすることが決まった。


 これまで日本でレベル3と評価された事故には、一九九七年に茨城県東海村の動力炉・核燃料開発事業団(当時)東海事業所で起きた火災爆発事故などがある。


 一方、規制委は、今後の対策として、簡易構造のボルト締め型のタンクから耐久性の高い溶接型に切り替えていくことなどの方針をまとめた。

どらえもんさん

2013年08月23日 00:52

無理でしょうね、、、、、きちんとやったらいくらお金があっても足りないでしょうし、東電は破産してしまいますから、、、やらないでしょうね。
自分で自分の後始末(尻拭い)も出来ない無責任な企業なんですね。
他の電力会社も同じです、、、、原発大事故を起こしたら会社も無くなる事を承知で、やってる無責任企業なんですね。

たくさん

2013年08月22日 16:57

どらえもんさん、こんにちは。
放射線に汚染された水が海に漏れ出す問題は非常に厄介ですね!
特に地下水に関しては想像できないくらいダイナミックな対策が必要な気がします。
排水路から漏れていたのは、なんともお粗末としか言いようがないです!!
今の東電では事故の収束はできないのではと思ってしまいます。