趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ほんとかな〜、、? 裏金もらってない?!

大飯原発地下「活断層ではない」 規制委調査団の認識一致

2013年9月2日 18時28分




 大飯原発の敷地内断層の活動性について、評価会合で関西電力担当者(左奥)の説明を聞く原子力規制委の有識者調査団(右奥)=2日午後、東京都港区


写真


 関西電力大飯原発(福井県)の敷地内断層を調べた原子力規制委員会の有識者調査団は2日、評価会合を開き、関電が「F―6」と呼ぶ3、4号機の重要施設の下を通る断層(破砕帯)は「地盤をずらす可能性のある断層(活断層)ではない」との認識で一致した。

 団長役の島崎邦彦委員長代理は「今回の会合で認識の共有化が図れた。一定の方向性が出た」と述べ、次回会合で評価書案を示し、議論する方針を示した。

 関電は、定期検査で停止後の再稼働に向け、3、4号機の安全審査を申請したが、規制委は断層調査で一定の見解が出るまで審査を保留していた。

コメント

コメントはありません。